fc2ブログ
2024 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2024 03

【熟女体験談】見られたい願望があり、お隣さんの前で全裸になってそのまま中出しセックス

kage

2023/07/13 (Thu)

去年の夏は暑かったですね。

家では殆ど下着なしの生活をしていました。

列車の中での事の後、生理が遅れて心配でしたけど、何とかあってほっとしました。

気をつけなきゃと思うんですけど、その場になると、私の性でしょうか、本能のままに行動してしまいます。

だめですね、私って・・・。

今日は、お隣のFさんとの事を書きます。

Fさんは、50過ぎで、お一人暮らしをされています。

お隣なので、宅配便を預かって頂いたり、お裾分けを頂いたり、とても親切にして頂いています。

私の事を、いつも「みつえちゃん」って呼んで、気さくに挨拶をしてくれるおじさんです。

私が今住んでいるところは、独身者用の1DKです。

ベランダは狭く、お隣との境の壁も、下の隙間がかなり大きく開いています。

私がベランダに出ると、Fさんがそこから覗いていたんです。

私は、長Tの下には何も着けていません。

下から見ると、良く見えている筈です。

すぐ気付いたんですけど、そのまま洗濯ものを干していました。

そして、わざとしゃがんで、目の前で足を開いたり、後ろ向けにお尻を突き出したりしてあそこを見て貰いました。

暫くして、ピンポンって、Fさんが果物を持ってやって来たんです。

私は、そのままの格好で出ました。

貰い物をしたけど、一人じゃ食べ切れないからとか・・・。

私、お茶でもどうぞって、Fさんを中に入れてあげました。

Fさん、嬉しそうに、それじゃ・・って。

お茶じゃなくてビールを飲みながら色々な話をしていると、Fさん、私の足を見ながら、

「みっちゃんの足はきれいだね」

って。

「そんな事ないですよ」

っていいながら、私、太ももまで裾を捲って見せました。

Fさんは、黙ってじっと見ています。

「ね?」

って、今度は立って、ぎりぎりまで捲って見せました。

Fさん、下から見上げています・・・じっとあそこを見て・・・。

私、もう見られたくて・・そのまま、腰の位置まで上げました。

そして、足を少し左右に広げて、腰を突き出しました。

Fさん、顔を近づけて真剣に見ています。

見られながら、全部脱いで、全裸になって・・・。

Fさん、切なそうな目で見るので、私、黙って頷きました。

そうしたら・・身体中を舐め始めたんです。

いつの間にか、服を脱いで・・

かちかちのおちんちんがピーンと飛び出して来て・・

私に抱きついて来て、口の中に舌を・・

タバコ臭い唾と一緒に入って来ました。

私、イヤと思わず夢中に吸っていたら、立ったまま片足を上げられ、硬くなったおちんちんが入って来ました。

Fさんのが全部入って、ブワッと大きくなって、そのまま腰を動かすと・・・

私の子宮にビュッビュッと直接に・・・。

私の頭の中は真っ白。

そのままおちんちんを抜くと、Fさんの出した精液が、あそこの中から出て来ました。

Fさん、それを見て、また興奮したのか、おちんちんがピーンとなって、がむしゃらに私を抱きしめて来ました。

そして、私を寝かして、激しく腰を動かして来ました。

2回目も私の中で果てたFさん・・・

「ありがとう」

って言ったと思います。

私は、おのままじっと動けませんでした。

気付いたら、もうFさんは居ませんでした。

Fさんの事があってから暫くして、地元の居酒屋さんで飲んでいると、Fさん達がやって来て、一緒に飲む事になったんです。

Fさんのお仕事のお仲間3人です。

新聞の勧誘と配達をしている人達です。

最初は居酒屋さんで飲んでいたんですけど、その内、カラオケへ行こうって事になりました。

その頃は、大分飲まされて、私はフラフラでした。

Fさん達に支えられて(身体中を触られていました)、カラオケルーム迄行ったんですけど、そこでも飲ませれて、何を唄ったのか・・・

その内に服を脱がされ、Fさん達の好きなようにされていました。

下着も全部脱がされました。

胸も、あそこも触られて・・・携帯で写真も撮られて・・・。

身体中舐めてる人もいました。

そして一人が、おちんちんをピンピンにして、私を四つんばいにさせて、後ろから入れて来ました。

それから、記憶がありません。

気がつくと、全裸でFさんの部屋に寝ていました。

あそこが、ズキズキして、白い液体でが流れ出していました。

周りには、まだ皆さんがいて、私の身体を見ながら飲んでいたんです。

そして、また始まりました。

私、感じすぎて、すごい声を出していました。

かわるがわる、私の中におちんちんが・・・。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: