fc2ブログ
2024 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2024 05

【熟女体験談】40歳になり、初恋だった従姉と偶然再会し、毎日セックスする関係になった

kage

2022/12/20 (Tue)

小学生の頃に、向かいに住む3つ上の従兄弟の姉ちゃんと仲が良くて、遊び相手になってくれていました。

学力優秀で、スタイル抜群、メチャ可愛い、初恋の相手、ケイコ姉ちゃんと、秘密の遊びをしていました。

秘密の遊びって言うと大袈裟かもしれません。

抵抗する姉ちゃんの胸元に手を突っ込むって遊びです。

なかなか手が入らないから、ワキをこちょこちょして、隙を突いて手を浸入させる。

すると、イャァンって言って、

「はいっおしまいっ。絶対に内緒だよ」

って止めるんです。

姉ちゃんはかなり興奮していました。

今思えば、多分レイプ願望があったんじゃないかなと推測してます。

中学時代に、二階から屋根に出てタバコを吸ってた時に、ケイコ姉ちゃんの部屋に灯りが点きました。

何となく覗いてたら。

ケイコ姉ちゃんは仰向けに寝て、本を読みながら右手を股間に突っ込みました。

まさかオナニーか。

興奮しました。

何度となく、覗いてました。

しかし、自分でオナニーする程の興奮ではありません。

タバコのついでに覗くって感じでした。

中1の夏に、3年の先輩と初体験を済ませ、小6の後輩と付き合いセックスは度々してたからね。

高校には進学せずに就職して、ケイコ姉ちゃんとは疎遠になり、お互いに結婚しました。

俺は35で離婚して実家の近くに独り暮らしして、気付けば40歳になりました。

そんなある日、コンビニで、偶然ケイコ姉ちゃんと再会しました。

ケイコ姉ちゃんは、神経質な旦那との生活で、ストレスからの過食で、かなりふくよかになっていました。

立ち話も何だからって喫茶店で話しました。

昔話に花が咲き、居酒屋で一杯やる約束して別れました。

社交辞令的な約束と思っていたんですが、ケイコ姉ちゃんは本気モードで、いついつって、せっついて来たので、飲みに行きました。

美味しい料理と美味い酒で楽しい一時を送った次の日、二日酔いの中呼び鈴で目を覚まし、玄関を開けるとケイコ姉ちゃんが立っていて、部屋に上がってきました。

「うわぁ汚いわね」

って掃除をし始めました。

状況が理解できてない俺に、

「掃除を頼んだでしょ」

って追い出され、二時間程時間を潰して戻ると、部屋はピカピカ状態で、暑いのか薄着のケイコ姉ちゃんがくつろいでました。

それからは、ケイコ姉ちゃんは仕事終わりに俺の部屋に立ち寄り、俺が夜勤で出勤する時間まで、完全オフ状態で、くつろいで帰ります。

単身赴任の旦那が帰宅すると来なくなるんだけど、旦那が上京したらストレスから開放され、俺の部屋でダラダラします。

しかも、俺のボクサーパンツにノーブラダボT姿。

目のやり場に困るよ。

それを知ってか知らずか、背中から抱きついたり、マッサージしてってねだったり。

いっそ襲ったろかとも思うけど、抑えてましたがある日部屋で飲んでる時にケイコ姉ちゃんが言い出しました。

「アッチャン私の部屋を覗いて何をしてたの」

って。

「別に」

って言うと、

「嘘つきぃ」

って。

「じゃあさ、姉ちゃんは何をしてたんだよ」

って言うと、

「オナニーだよ」

ってあっさり言いました。

ビックリして振り向くと、足を開いてました。

グレーのボクサーパンツにシミをつけて、俺が手を掴むとうっとりした眼差しになったので引き寄せて、顔が数センチ前に。

目を瞑ったので、激しくキスしたら姉ちゃんから舌を絡ませてきて、俺も半年ぶりのセックスだったので、朝まで野獣の様なセックスをしました。

それからは、姉ちゃんは毎日求めて来ます。

毎日セックスしてたら、女性ホルモンからなのかストレス解消からなのか、段々痩せてきてふくよかからぽちゃになった。

俺は、ガリガリは好きじゃないからちょうど良くて、毎日ケイコ姉ちゃんの身体を堪能してる。

そんな中、自分が転勤になって引っ越しました。

ケイコ姉ちゃんとは付き合ってる訳でもないし結婚できる訳でもないし、自然消滅的な感じになった。

仕方ないよな。

帰宅しても誰も迎えてくれない、寂しさに空虚な感覚を感じてた。

離婚した時でも感じなかった感覚だケイコ姉ちゃんの事を考えて、チンコを勃起させて、オナニーする毎日を送り、3ヶ月が過ぎたある日、帰宅すると灯りがついてました。

部屋に入ると、ビックリしました。

そこにはケイコ姉ちゃんがいました。

吸い寄せられる様に2人は抱き合いキスして、ベットに雪崩れ込み愛し逢いました。

久しぶりの姉ちゃんのアソコを夢中で舐めると、アッチャン欲しいって、長い時間肌を重ねました。

ケイコ姉ちゃんは、遂に離婚して家を出て、その足で来たんだそうで、

「不束者ですが、宜しく」

って三つ指をつきました。

「こんな俺で良かったら一緒に暮らそう」

って伝えて、ケイコ姉ちゃんは、この街で仕事を見つけて、アツアツでイチャイチャな生活を送ってます。

ケイコの子供は下の女の子が大学生で、休みにケイコの元に帰郷するから、ケイコは娘だけには事情を話しました。

女同士だから理解してくれました。

今は楽しく暮らしてますが、たまにケイコは俺の胸で泣く夜があります。

早く俺とこうなりたかった。

そうしたら俺の子供がって泣くので、今が一番だよって。

だって、戸籍上結婚出来ないんだからさ。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: