fc2ブログ
2023 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2023 03

【熟女体験談】妻の三回忌のあと、酔って義母を犯してしまった

kage

2022/12/07 (Wed)

私は30歳の時に、22歳の妻と結婚しました。

妻は母子家庭でファザコン気味だったせいもあり、私が優しくしたら惚れられ、処女をくれた事もあって結婚しました。

美人というよりも、困り顔が可愛い幼い感じの女の子で、24歳と27歳で子供を産み、30歳で亡くなりました。

6歳と3歳の子供は、当時53歳の義母が面倒を見ていました。

私は、妻の三回忌のあと、酔って義母を犯してしまいました。

義母は無抵抗で私に犯されてその蜜壷で私の精液を受け止めました。

「娘の名を呼んで私を抱くから・・・私もつい・・・20年ぶりの男性に・・・」

この日以来、私と義母の関係は続いています。

後日、シラフで再び義母を抱きました。

その時に見た義母の身体は、55歳とは思えぬ美しさでした。

むしゃぶりついた花弁も、55歳とは思えぬ美しさでした。

義母は35歳で離婚していたのですが、20年間男との触れあいをせずに来ました。

そして20年ぶりに亡き娘の夫に抱かれて、蜜壷を義理の息子の精液で満たして、再び女の悦びを噛みしめたのです。

「こんなお婆ちゃんを・・・」

「お義母さん、まだまだ綺麗ですよ・・・」

「あっ、ああっ・・・」

義母の紫色の花弁をめくりあげ、可愛らしい勃起した花芯を舐め上げました。

溢れる淫蜜、震える腰、義母が妖艶な熟女の魅力を発散していました。

55歳の義母と40歳の義理の息子が交わしているのは、

性欲だけではなく、そこには愛情がありました。

義母としてではなく、一人の女性として、私は義母を愛していました。

義母もまた、私を一人の男として、愛してくれています。

義母とは、ごく普通の夫婦がするような営みです。特別なことはしていません。

亡き妻に対するのとは違いますが、愛情はあります。

遠慮なく中出しできるのが妻の時と違うことでしょうか。

義母が何歳まで私を受け入れてくれるかは分かりませんが、

60歳の義母、65歳の義母を、45歳の私、50歳の私はきっと心からの愛しさで抱いているでしょう。

大好きな義母を喘がせる悦び・・・だから、私は再婚しないのです。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: