fc2ブログ
2023 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2023 03

【熟女体験談】お風呂で裸を見てしまったことで、義母とセックスする関係になった

kage

2022/12/03 (Sat)

私40、嫁41、子供小学生6年生と3年生。

義母は70、義父は75でアルツハイマーで昨年から施設にいます。

我が家から車で10分くらいのとこに義母は独り暮らしをしていましたが、義母は昔に腰の骨を折ってから足があまり良くなく、たまに様子を見に行っていました。

嫁はパートに子供らは学校、仕事休みの私は買い物がてら義母の様子を見に行きました。

義母のうちにいくとチャイムを鳴らしても返事がありませんが、靴はあります。

一瞬、不安になりました。

家の中に入ったら何のことはない、風呂から音が聞こえてきました。

ホッとして義母に

「おかあさーん、お邪魔してまーす」

と声をかけると、

「はーい、テレビでも見ていてー」

と返事。

一安心してテレビを見ていると…ガシャン!と大きな音が風呂場から。

何かが倒れた音。

「ヤバイ!」

風呂場に急行。

「おかあさん?開けますよ?」

返事を待たずに開けると、中では義母が浴室に片膝を突いています。

「大丈夫ですか?」

と声をかけました。

石鹸やらシャンプーも散乱しており、吸盤で壁につけるタオル掛けと棚を掴んで外れて、バランスを崩して倒れたみたいです。

「大丈夫?どこも打ってない?」

と義母に問いかける。

「あー、大丈夫!大丈夫!」

と恥ずかしそうに平静を装いながら答える義母。

もちろん義母は裸。

恥ずかしいんだろう。

が、私は介護の仕事をしているのでお年寄りの裸なんか見なれています。

「大丈夫!一人で大丈夫!」

と義母は言ってきましたが、私は無視してバスタオルで簡単に身体を隠しながら肩を支えるように脱衣所まで連れてきました。

恥ずかしいときは痛みとか感じにくくなる。

また、恥ずかしさで本音を言いにくくなったりするので、骨折など無いかよく見ます。

義母はバスタオルで隠したがるが、腫れや変形など無いか確認しました。

怪我はないようで、まずは一安心。

それにしても、落ち着いて…義母の身体を見ると…すごい身体です。

とても70になる身体とは思えず、体毛は薄く、肌は真っ白。

胸ははち切れんばかりにデカい。

嫁よりずっとデカいです。

腹やお尻はたるんでいるが肉感的でセクシー、ぽっちゃりした体型のせいでシワやたるみをあまり感じさせません。

特に乳首がピンク色で綺麗でした。

身体をもっと眺めていたかっのですが、バレたらまずいので我慢することにしました。

脱衣所で身体を拭き着替え終わった義母が

「ありがとう、ごめんね」

と恥ずかしそうに一言。

「手すりを付けた方が良いかもしれませんね」

と真面目な話しをしたものの、義母の裸が頭から離れませんでした。

それから、暇さえあれば義母のうちに行くようになりました。

表向きは風呂場の手すりを付けるのと義母の様子を見に行くため。

実際は義母と良い仲になりたかったからです。

そんなわけで相変わらず義母の裸が頭から離れません。

仕事休みの日には義母宅にマメに通うようになっていました。

義母は午前中に畑仕事をしたあとに風呂に入り汗を流していました。

私もわざとその時間を狙って行くようになりました。

「おかあさん、心配だから背中流します」

と言っては、私はTシャツとトランクスで風呂場に入ります。

洗うのは背中だけです。

しかし、10回くらい背中流しをしたある日、私も一緒にお風呂に入りました。

私にシャワーがかかり濡れてしまったからです。

服が濡れたので

「一緒に入りますね。」

って軽いノリで言いました。

もちろん返事は待ちません。

脱衣所でTシャツとトランクスを脱ぐとシャワーを浴びました。

義母はこちらを見ないようにしていました。

すでに80%勃起していました。

「じゃあ、身体を洗いましょうか」

と義母を湯船から出して洗い場に腰をかけさせ義母の身体を丁寧に洗いました。

「いやー、濡れても良い状態でやると楽だなぁ、アハハ」

と白々しく話しました。

「そうだよねー」

と義母も相づちをうっていました。

「じゃあ、前も洗いますからこちら向きましょう」

と思い切って言いました。

義母はゆっくりイスごとこちらを向きました。

手の平から洗いはじめる私。

動くたびに揺れる義母の巨乳に鼻血が出そうでした。

「ねぇ…ちょっと恥ずかしい…」

と義母が言いました。

私は

「大丈夫です、仕事で見慣れていますから」

と意味不明な返事をしながら洗い続けました。

「そうじゃなくて…」

とニコニコしながら照れている義母の顔を見たときに確信しました。

(これは…やれる!)と…。

私は80%勃起したムスコを見ながら、

「あぁ、これですか?すいません-、おかあさんがあまりにも巨乳で興奮しちゃいました~」

と明るく言いました。

義母は私の頭を軽くゲンコツをするふりをして

「ウフフッ」

と笑いました。

その後、沈黙したまま身体を洗い続けること30秒くらいでしょうか?

突然、義母が私のムスコに手を伸ばしてきました。

私はびっくりしたのと嬉しさで

「え?」

って言って義母の顔を見ました。

義母はニヤニヤしながら、恥ずかしそうに、そして少し怒ってるような顔をしながら無言で私のムスコを撫でまわしていました。

まるで

「ねぇ、女に恥をかかせないで、もう、する事はひとつしかないでしょ?」

と言ってるみたいでした。

義母は凄くノリノリだったので安心しました。

義母の身体を洗うのを辞めて肩を持ってキスをしようと引き寄せると、義母

「待って!内緒だからね!?」

と言うので私は即座に

「当たり前でしょう!(笑)」

って即答してイスに座ったままの義母を横から抱きしめました。

抱きしめるというか、義母の太股と横っ腹にナニを擦りつけるように抱きつきました。

石鹸でヌルヌルになった身体にナニを擦りつけながら、滑って転ばないよう注意しつつキスを…キスというか義母の顔を舐め回しました。

耳の穴を舐めると

「ダメッ!汚い!いや!」

と感じながら羞恥心からか嫌がりました。

抵抗されたら…仕方ない…大人しくあきらめ…る訳もなく、むしろ興奮してしまいました。

義母の腕と肩をガッチリ押さえ込み耳と首筋を舐め回しました。

すると義母はとても女とは…しかも、70の熟女とは思えない力で抵抗を始めました!

しかも、声がデカい(汗)

近所に聞こえそうな声だったので、私が人差し指を口に当てて

「静に!」

のゼスチャーをすると、怒りながら

「誰のせいなの!?」

ってヒソヒソ声で言ってきました。

身体が冷えそうなのですぐに風呂をあがり居間へ向かいます。

義母は身体を丁寧に拭き下着を履こうとしたので私は

「いやいや、すぐ脱がすからいらないですよ(笑)」

と言い居間に手を引いていきました。

寝室より居間のほうが間取り的に急な来客に対応できると思ったので居間にしました。

畳の上に座布団を数枚敷いて仮設ベッドを作ると座布団に義母を座らせて真横に私が座りさっきの続きを始めました。

キスを始めると義母は唇を閉じたままでキスをするんです。

私の中でキスの定義とは

「舌を絡めあい唾液を交換する」

ことなので義母の口に親指を突っ込み奥歯に添えてあげると、口を閉じることはできないので私は舌をねじ込み放題。

しかも義母は口を開けっ放しなのでヨダレが溢れてきます。

それを私は綺麗に舐め、飲むんです。

そして

「おかあさんのヨダレ、おいしいよ」

って言うと恍惚とした表情をして、私の口に舌をねじ込んできました。

今までは義母の頭を押さえていないと逃げようとしていたのが、自分から積極的にキスをするようになったので

「これで安心して他を責められる」

と安心して手を義母の頭から爆乳に移しました。

はちきれそうな爆乳に手をやると一瞬ピクッと反応しましたが、それ以後はキスをしながら腰をくねらせるようになりました。

優しく撫で回しました。

時おり、乳首をいじめるとキスをしながら

「んっ…んっ…」

と身もだえしていました。

感じているんだなと解りました。

性的に感じていると言うよりは、女として幸せを感じているような感じでした。

少し垂れてはいますが爆乳を下から持ち上げ強めに揉みながら…いきなりピンク色の乳首に吸い付きました。

義母は

「あッ!ん」

と言って仰け反りました。

私は夢中でしゃぶり続けました。

義母の反応を見ながら、どういうふうにしたら一番感じるのか、深く観察しながら揉んだり、しゃぶったり甘く噛んだりししました。

色白で豊満な義母な身体はどう見ても70には見えない見事なプロポーションです。

しかし、首から上は70歳の顔で相応にシワがあるものでした。

しかし、そのギャップがなおさら私を興奮させました。

キスと乳首舐めを繰り返しながら、爆乳をいじりまくり、身体は義母に密着させ続けました。

義母はアンアン言いながら身体をくねらしていました。

片手で爆乳を揉みながら、もう片方の手で義母の身体を引き寄せて抱き合うとゆっくり、座布団の上に横になりました。

義母は座布団に横になると私の顔を両手で捕まえてキスをしてきました。

ゆっくりと唾液を交換していると義母は私の顔を上目遣いで見ながら、

「ねぇ、こんなお婆さんのどこが気に入ったの?」

みたいなことを聞いてきました。

うーん、何故だろう(笑)

義母はけっこう真面目な顔をして聞いてきたので、私は心の中で(真面目に答えないと出来ないかもしれない!)と内心あせりました。

この時点で、どうしてもやりたかったからです(笑)



「おかあさんの爆乳がたまらなかったからですよ。

だって、おかあさん、無防備っていうかチラチラ見える服着たり、腕を組んできたりするから…」

と適当に答えました。

実際に襟元の開いた服をきたりわきの下の大きく開いたTシャツやノースリーブを着てブラジャーは良く見えていました。

そして旅行や買い物に行った時など腕を組んできたりしていたこともありました。

義母

「だって、…まさか、そういう目で見てるなんて思わないでしょ?70だし…婿さんだし…」

私は黙って優しくキスをしながら話しました。

考えながら。



「いや、70歳は関係ないでしょ。

関係ない。

だって、私が20の時に40歳の女の人とはしたいとは思わなかったけど…いま、嫁子(よめさん)は40過ぎたけどしてるよ?好きになったら関係ないんじゃないかな?」

と言い訳しながら(しまった!)と思いました。

これから、セックスしようとしてるのに、他の女(娘だけど(笑))との情事の話しをしてしまうなんて…

怒るかな?と心配しましたが…

義母は

「ふうん…」

と何か考えていました。

何だかだんだん、面倒になってきていたので、私はキスをしながら手を義母のあそこに持っていきました。

すると義母は

「ちょ、待って、待って、あぁ~何か心配…」

と不安を口にするんです。

まぁ、そりゃ、久しぶりのセックスでしょうから心配なのは解りますよ。

でも、もうガマンできません。



「ねぇ、おかあさん、しよ?男に恥をかかせるものじゃないよ?」

って言ったら

義母

「そうだよね、ごめんね」

って抱きついてきたんです。

私(よっしゃ!)と、内心ガッツポーズしました。

初めてした時は、優しく優しく抱きましたよ。

キスをしながら爆乳をいじりながら、下もいじり…念入りに濡らしてから……

が、あまり濡れてきません。

私が下手なのか?年のせいもあるのか?

ぬるぬる、グジュクチュとはしない感じです。

しかたなくクンニをベロベロしてあげる。

白髪の目立つあそこを感じさせるんじゃなくて唾液でぬるぬるにします。

挿入しやすいように。

義母は

「あっ!」

ってビックリした声をあげましたが、気にしないでなめ回します。

ある程度濡らしたら準備OK、正常位でゆっくりと挿入します。

中は少し湿り気が足りなかったけど、動いているうちに私のガマン汁でスムーズに。

仰向けに寝ると爆乳もお腹もそれなりの状態になります。

柔らかすぎる鏡餅みたいです。

それでも、義母と合体しているという背徳感だけでいっちゃいそうでした。

5分くらい過ぎて

「駄目だ、もういきそう!」

と言うと、義母は何も言わずに眼を閉じて抱かれていました。

義母はセックスを楽しんでるようにみえました。

最後は義母を抱きしめキスしながら中に大量発射しました。

義母は終始、静かなままでしたが幸せそうにみえました。

タオルは敷いたのですが座布団が一枚、犠牲になりました。

垂れてきた精液で……

二人で軽くシャワーを浴びて、着替えると居間に座りお茶を飲みながらテレビを見ました。

いつもは子供と隣あって座る義母ですが私が横にいきました。

お茶を飲みながら、

「お義母さん、凄くよかったです」

と言いながらキスをしていました。

爆乳をいじりながら

「お義母さん、可愛いから、ガマンできなかったよ」

などと褒めました。

義母も上機嫌でした。

その後、家族に義母の介護と言っては通い続けており、義母との秘め事を楽しんでいます。

最近はかなり甘えてくるのでやりたい放題です。

たっぷり楽しみたいと思います。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: