fc2ブログ
2022 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2023 01

【熟女体験談】叔母のリードに従って童貞卒業セックス

kage

2022/11/06 (Sun)

私の初体験は、意外に遅くて大学2年だった。

その頃、叔父が結婚して他県に新居を構えて住んでいた。

私は、叔父に歳の離れた弟みたいに可愛がってもらっていて、叔父なのに兄さんと呼んでいた。

そんなこともあって自然と新居によく招待されていた。

叔母も弟がいないから、私を弟みたいに接してくれて遊びに行くと喜んでくれた。

ある時、遊びに行ってみたら、たまたまその日の夜、叔父から帰らないと連絡があって、叔母と二人だけの時間ができた。

叔父は叔父で、私がいると叔母の機嫌がいいと思っていたようで、その日は友人との付き合いを優先したようだった。

夕食を済ませてテレビを観ていたら、叔母が

「健ちゃん、お風呂沸いてるからどうぞ」

と風呂を勧めてきた。

言われるまま風呂に入ったあと、私と入れ違いに叔母も風呂場へ入っていった。

洗面所のドアにはガラスがついていて、脱衣所で服を脱ぐ叔母のシルエットが上半身の部分、少しだけ見えた。

上着を脱ぐと白っぽい色がガラスに映っていた。

おそらく下着の色だろう、それを脱いでるところが、想像できて股間は硬くなってしまった。

やがて風呂から上がった叔母は、薄地のパジャマ姿だった。

しっとりと濡れた部分が肌に密着していて、妙にいやらしかった。

寝るにはまだ早かったから、ソファーに座って並んでテレビを観つつ雑談をしていたら叔母が

「健ちゃん、もう布団、敷いてあげようか」

と言ってソファーの前に敷いてくれた。

叔父の家はそんなに広いわけではなかったから、リビングで寝るのが常だったのだ。

布団を敷いてから、叔母はリラックスした様子でそこに横になってテレビを観ていたが、しばらくして叔母から寝息が聞こえてきた。

叔母を起こしては悪いと、とりあえず私は部屋の電気を消して、ボリュームを下げてテレビを観ていた。

ふと、叔母が寝返りをうって上向きになった時、私の目が叔母の身体に釘づけになった。

叔母のパジャマのボタンが外れていて、前がはだけて片方のオッパイがむき出しになっていた。

暗い中でテレビの明かりが間接照明のようになって、よけいに立体的に見えてエロかった。

どうしたものかと思案しつつ、しばらく叔母のオッパイを見ていたが、このままじゃ刺激が強すぎるからと叔母に声をかけた。

「叔母さん、自分のとこで寝たら。

俺も、もう寝るから」

叔母は目を覚ます様子がない。

軽く身体を揺すってもダメだったので、しかたなく叔母を抱えようとした。

が、叔母の両腕が私の首に絡みそのまま引き寄せられて、私の顔はオッパイと重なってしまった。

叔母は起きていたのだ。

叔母は私を抱きしめてキスしてきた。

私もそれに応えてキスを繰り返した。

私の頭の中では血液がグルグル回り、何も考えられず、本能の赴くままに叔母に抱きついた。

私は無我夢中で叔母のパジャマを剥ぎ取り全裸にして、私も全裸で叔母に覆いかぶさった。

キスをし、オッパイに吸い付き、初めて触れた女の身体を弄り、屹立した一物を擦り付けてたら、私の一物は暴発してしまった。

叔母の腹の上に精液を散らしてしまったのだ。

私は

「ゴメン、我慢できなかった」

と謝ると、叔母は

「大丈夫よ、健ちゃん、こういうの初めて?」

と聞いてきた。

「ウン、初めてだよ」

と答えると叔母は

「そう……気持よかった?でも本当は、もっと気持いいと思うわよ」

と言って、散らかした後始末をしてから

「健ちゃん、シャワー行こう」

と一緒にシャワーに連れていってくれた。

シャワーから出て、改めて抱き合いながらキスをして叔母のリードに従った。

オッパイを舐めたり、揉んだり、秘部の周りを撫でたり、
指で秘口の中に指を入れてかき混ぜたり、クリを摘んだり、いろいろ教えてくれた。

そのたびに叔母は、声を上げて次第に興奮してきた様子だった。

充分に秘部が潤んできたので叔母の上に重なると、一物を自分の秘口に導いて

「そこよ、そこ」

と自分から腰を押し付けて一物を少し挿入させてから

「そのまま入れて」

と私を抱き寄せた。

私の一物は潤んだ秘部にスンナリと挿入され、根元まで飲み込まれた。

私は前後に腰を動かして始めて感じる秘部の中の感触を味わった。

これがSEXか、何とも言えない気持よさと充実感、オナニーでは味わえない感触に私は感激した。

叔母も次第に絶頂が近いのか

「気持イイ、もっと、イイ」

と何度も切なそうな声を上げ、私もそろそろ限界が近いことを告げると

「だいじょうぶだからそのまま出して……いい、あぁーっ、いい……」

と身体を硬直させて私の一物を締め付けたと同時に、私も腰のあたりに電気が走り、一物が膨れて痺れと精液が出るのを感じて果てた。

これが私の童貞卒業だった。

こんな関係が子供が生まれるまで、叔母とは何度か続いた。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: