fc2ブログ
2022 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2023 01

【熟女体験談】介護のために婚期を逃してしまった女性に興味を持った結果、デートをしたあと手コキフェラ

kage

2022/10/28 (Fri)

一年半くらい前。

うちにお客さんが来て、玄関で父と母が応対をしていました。

何を話しているのかは分かりませんが、しばらくするとその女性がすすり泣きを始めました。

後でわかったことですが、その女性は同じ町内に住む大川さんというおばさんでした。

父と同級生だそうで、52歳になります。

大川さんは年頃に、お母さんが障害者になってしまい、その介護のために婚期を逃したそうです。

父にそのことを口にされ、溜まっていた感情が出てしまい、泣いてしまったらしいです。

その日以来、よくうちに来ては父や母と話し込むようになりました。

生まれてから、この大川さんとの交流は皆無だったのに、おかげで僕も顔馴染みになっていきました。

美人ではありません。

だいたひかるさんに似てるかな?エラが張ってるのが特徴的な方です。

ある日、お母さんを車イスに乗せて散歩している大川さんを見つけました。

正確に言えば、向こうから声を掛けて来ました。

この散歩は何年も続けているそうですが、お母さんを見るのは初めてだったと思います。

見るからに、障害者の方でした。

しかし、あの時の涙も印象にあり、少しだけ大川さんに興味もありました。

僅かな時間でしたが散歩を共にしました。

その日からだと思います。

大川さんと会う時間がやたらと増えたのは。

年は親子ほど違いますが、男と女です。

間違いがないとは限りません。

そのことに先に気がつき、少し距離を取ろうとしたのは大川さんでした。

素っ気ない態度も取るようになりました。

僕もようやくそれに気がつき、会釈程度で去ることが増えました。

しかし、それも少しの間だけ。

一回話し出すと止まらない。

そのくらい、気が合ったのです。

家に入れてもらったのは、それからすぐの事でした。

と言っても、話の合う仲のいいおばさんと若い友達。

お互いに、そう思ってました。

表面上は。

進展するのに、時間は掛かりました。

とにかく、お母さんの存在がネックでした。

外出するのも僅な時間。

デートなど持っての他です。

ご近所過ぎて、廻りの目もあります。

毎日行くわけにもいかない。

父と母の目もある。

もどかしい時間が過ぎました。

そして。

日曜日、朝から大川さんの家に行きました。

一週間ぶりだったと思います。

チャイムを鳴らすと、知らないおばさんが出てきました。

『どちらさまですか?』

と聞かれました。

焦りました。

『あの~、セツ子さんいらっしゃいますか?』

と聞くと、慌てて大川さんが出て来ました。

苦笑いしながら、小声で

『妹が来てるのよ。』

とゴメンね顔をしました。

うなずき、すぐに去りました。

お昼過ぎて、大川さんから電話がありました。

『出掛ける?』

と言い始めました。

町でブラブラしていた僕は急いで帰ります。

待ち合わせの駐車場に行くと、大川さんが普段あまりない服装で立っていました。

乗り込むと、

『妹にバレた。』

と言います。

バレたといっても、まだ付き合ってもないのに。

『アキトくんにお礼もしたいし。』

と言いますが、お礼されることもしてないし。

お母さんは妹さんが見てるので、気晴らししてこいということだと分かりました。

突然のデートがスタートしてしまいました。

5時間くらいがリミットだと思います。

大川さんはやはりデート慣れしてなく、僕の方もそんなに経験が多い方ではありません。

最初はお互いに意識してしまい、ぎこちなかった。

しかし気の合う二人、少しいい雰囲気にもなって来ました。

リードするのは僕でした。

そのほうがうまくいくと、知らず知らずにそうなっていました。

結局、時間もあまりなく、喫茶店と買い物で帰りました。

買い物袋を届けて帰るつもりでした。

しかし、出迎えた妹さんが

『彼氏さんも上がって。』

と言います。

お互い、返事に困りました。

言われるがまま家に入ると、

『私、おじゃまみたいだから帰るから。

彼氏さん、あとよろしく。』

とさっさと帰って行きました。

気がつけば、妹さんがいい雰囲気を壊さないようにしてくれました。

デートして、二人の仲にも気づいた人もいる。

障害はなくなっていたのかも知れませんね。

普段着に着替えて帰ってきたセツ子さんを抱き締めました。

突然のことに離れようとします。

『やめて!』

と言われました。

『好きです。』

と更に抱き締めました。

諦めも早かった。

すぐに唇を合わせることが出来ました。

時間がかかった分、感動もありました。

キス慣れしてないセツ子さん、必死についてきてくれてました。

『妹さん、帰ってこない?』

と聞いてみました。

どうだろ?という顔をしました。

僕は、玄関のカギを閉めに行きました。

帰ると、セツ子さんは隣の部屋で寝ているお母さんを覗き込んでいました。

お母さんはベッドの中にいて、起きていました。

『大丈夫大丈夫。』

とセツ子さんが言いました。

再び抱き合い、カーペットの上に転がりました。

セツ子さんは、ずっと目を閉じてしました。

ブラを取ると、少し黒い乳首と乳輪が現れました。

舐めて上げると、すぐに乳首が大きくなり、固くなります。

セツ子さんは、時々顔をしかめますが、何故か声を出さないように頑張っていました。

パンティに手を掛け脱がそうとします。

脱がされまいとパンティを押さえる手に力が入って固まっています。

目を閉じて、何も言わず、下唇を噛んでました。

指をほどいてパンティを脱がせると、両膝を立てて隠そうとします。

足を開いて、オマンコに触れると、体が反応しました。

ここで、陰毛が少し濡れてることに気がつきました。

愛液ではないようでした。

少し前に洗ったんじゃないないでしょうか? オマンコを覗き込み、開いてクリを触ると、すぐに大きくなってしまいました。

クリに指を触れた途端に

『アッ…』

と声が出ました。

更に指を入れると、

『恥ずかしい…。』

と言い始めました。

そして、こっちを見ながら

『長いこと、声を出してないから、ちょっと恥ずかしいよ。』

と言ってました。

返事に困ると、

『声が出ても、笑わんとってね。』

と頼まれました。

『しばらくしてない。』

、その言葉が気にはなりました。

しかし、不安はすぐに飛んでしまいました。

指を入れると、奥からどんどん愛液が溢れて来ました。

セツ子さんは、ずっと目を閉じたまま我慢していましたが、

『アッ…アアッ…』

と声が出始めると、もう耐えきれないようでした。

喘ぐ声は、段々と大きくなっていきます。

僕もズボンを下ろしにかかります。

薄目のセツ子さんと目が合ってしまいますが、すぐに目を閉じました。

パンツを下げると、ガマン汁一杯のチンポが出て来ました。

もう、入れたくて仕方なかった。

そのまま、正常位の体勢を取ります。

セツ子さんは目を開けましたが、視線は他を向いています。

これから来る衝撃に備えてる感じがしました。

溢れる愛液の量が多いので、挿入は容易でした。

しかし、セツ子さんの方はそうでもなかったようです。

少し入れると、

『ウグッ!』

と声が出ました。

両手が

『待って待って。

止まって。』

とバタバタします。

根元まで入りきるのに、少し時間を掛けました。

根元まで入りきると、彼女に身体を預けました。

感触を確かめているのか、目を閉じています。

このまま、少し待ってあげました。

僕の異変に気がつき、目を開きました。

そのまま、唇を奪ってあげます。

『気持ちいい?』

と聞くと、

『かなり。

(笑)』

と答えました。

『中には出さんとって。』

と先に言われ、頷きます。

ゆっくりと腰を動かし始めると、すぐにしがみついて来ました。

本能的に、止めようとして来ます。

彼女の身体を押さえつけ、スピードを上げます。

『アッ!アッ!アッ!』

と彼女の声もリズミカルになっていきます。

彼女は何度も何度も

『もうダメ!やめて!』

と口に出ます。

もちろん、止まりません。

僕の方も気持ちがよく、何度も中に出したいという気持ちと葛藤します。

なにより、ゴム無しの経験が少なかったのです。

彼女は途中何回もイったようでした。

僕の方もフィニッシュが来ました。

『限界!』

と思い、チンポを抜きます。

もう少し余裕があったようで自分でシゴきますが、射精するのに少し手間取りました。

カッコ悪かったです。

それでも何とか射精し、大量の精液をセツ子さんの身体に撒きました。

セツ子さんはグッタリとしていました。

顔を近づけると、

『どしたの?』

っていう顔をします。

愛しくなり、唇を重ねると、力ないキスが返ってきました。

その後。

夕食となります。

セツ子さんは、お母さんの食事の方へと行ってしまい、僕は一人で食べてました。

障害者の方の食事は、やはり時間がかかってました。

終わった後でセツ子さんの夕食ですから、かなりの時間が過ぎてしまいました。

お互いに口には出しませんが、

『この後どうする?』

『帰る?』

と考えていたに違いありません。

夕食を終えた彼女は、奥に消えました。

30分くらいは一人にされました。

しばらくして、耳を澄ますと奥からシャワーの音がしていました。

セツ子さんはシャワーを浴びているようです。

どうしようかと葛藤がありました。

少し近寄ってみます。

脱衣室にある洗濯機の上には、ピンク系のパジャマが置いてありました。

ガラスの向こうで、やはり彼女がシャワーを浴びていました。

気がつけば、僕も全裸になっています。

お風呂の扉を開けると、全裸の彼女が見えました。

『どうする?一緒に入る?』

と照れくさそうに言ってきました。

すぐにイスに座らされました。

背中を流してくれるのが分かり、体勢をととのえます。

狭いお風呂なので、彼女も自分のスペースを何とか確保していました。

背中を洗い終わる頃には、僕のチンポはフル勃起状態。

振り向いて、彼女に見せて上げました。

流石に、視線を向けることはしませんでした。

彼女の股間に手を伸ばしました。

陰毛が指にまとわりつきます。

不意をつかれた彼女は身動きが取れなくなり、両手で僕の腕を掴んだまま立ち尽くします。

オマンコに指が入り始めると、腕を持ったまま、身体をくねらし始めました。

僕は更に接近して、片手で彼女を抱きました。

『ハァ…ハァ…もぉ~!』

と不意をつかれた彼女がやりきれないような声をあげ始めます。

少し緩めてあげ、僕の腕を握っている彼女の手を取り、僕のチンポに持っていきました。

ためらったのは一回だけ。

理解した彼女は、右手で僕の勃起したチンポを握りました。

僕はそれ以上は何も言いませんでした。

オマンコに指が入ったままだったので、そっちに集中。

すぐに愛液が溢れ出します。

彼女の股間をつたっているのかわからないけど、右手がベトベトになっているのだけはわかります。

チンポを握っていた彼女の右手にも変化が現れました。

反りたったチンポ握りながら、上下に動き始めました。

戸惑っているのがわかったので、

『もっと動かして。』

と言ってあげると、気が楽になったのかスムーズに動かしてくれるようになりました。

彼女は一回イっちゃったかも知れません。

少し、腰が落ちましたから。

彼女の方に手を掛け、しゃがませました。

握ったままのチンポを顔に近づけました。

彼女は目を背けました。

彼女の手を取り、上下運動を再開させます。

顔を背けたまま、右手だけが動いています。

少し、恥ずかしそうです。

彼女の頭に手を掛け、顔を正面に向かせます。

チンポを見せられている、自分の意思ではない。

少し楽になったのか、ちゃんと見てくれています。

『舐めて。』

とお願いしました。

再び目が泳ぎ始めました。

『お願い、舐めて。』

と言い、更に近づけました。

彼女は、仕方ないという感じで、口を寄せ始めました。

戸惑いながらも、彼女は口に含んでくれました。

そして、すぐに戸惑いの意味が分かりました。

かなりぎこちないフェラでした。

途中、

「こんなのでいい?」

と自分から聞いてきました。

でも、頑張ってくれてました。

射精するには充分なフェラでした。

口元で発射してしまうと、彼女はすぐに顔を背け、射精が治まると、用心しながら股間を見つめていました。

このまま、お泊まりしたかったのですが、明日は仕事。

最後は彼女にお願いされて、家に帰りました。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: