fc2ブログ
2023 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2023 03

【熟女体験談】親父が亡くなり、親父の後妻と自然な流れで中出しセックス

kage

2022/10/16 (Sun)

親父が1年半前に心筋梗塞で亡くなり、1人息子の俺は葬儀等の手配で義母(つまり親父の後妻)と一緒にいる時間が増えました。

義母は俺より一回り歳年上の55歳、優しくて可愛い人で色気がありました。

俺はバツイチ出戻りです。

夜遅くまで義母と葬儀のことや、今後の話をしをする中で、義母には良かったら今の家にいてくれていいよと言いました。

義母は

「有難う、翔太さん優しいのね。」

と目に涙を溜めていました。

俺はそっと義母を抱きしめ

「俺、母さんのこと好きだよ。」

と言うと、義母も

「私も翔太さんのこと好きよ。」

と言ってくれ自然な流れで
義母と唇を重ねました。

俺は義母の太ももに手を置きいやらしく撫で回しました。

義母の口から

「あぁーん」

と小さく声が漏れました。

義母の洋服に手をかけボタンを外し服を脱がせました。

透き通るような白い肌に豊満な胸はとても色気がありました。

乳首に舌を這わせスカートの中に手を入れました。

義母は感じていました。

パンストと下着を脱がせ義母のオマンコを触りました。

すけべ汁が指に絡みつくほど濡れていました。

スカートを脱がせ義母の両足を広げるとサーモンピンクの綺麗なオマンコをしていました。

「恥ずかしいわ。」

と足を閉じようとした義母の股に顔を埋め舌でクリを舐めてやると、

「あぁぁーあぁー」

気持ちよさそうに声を上げました。

俺は下半身を義母の頭に近付け義母の顔を跨ぎました。

何も言わないのに義母は俺のペニスを舐めだし、口に含みました。

「うーうぅーん」

義母はペニスを咥えたまま声を出していましたが、しばらくすると

「あぁぁーイクッ、イッちゃう。」

と叫び身体を震わせました。

俺は義母の脚の間に身体を割り込ませ、オマンコにペニスを押し込みました。

「あぁぁーいい。

変になる。」

義母は身体をそらせ喘ぎました。

義母のオマンコの締りが良くすぐに良くなりました。

「もう、イキそうだよ。」

と言うと義母は

「中に出して」

と淫らに言い、その様子にたまらず中に出してしまいました。

その日以来、義母が妻のようになりました。

食事など家事はもちろん、夜も義母と夫婦のようにセックスを楽しんでいます。

優しくて可愛い義母がいてくれてよかった、親父の代わりに大事にしていこうと思います。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: