fc2ブログ
2022 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2023 01

【熟女体験談】深夜に義母の布団にもぐり込み、無理やり中出しセックス

kage

2022/10/05 (Wed)

日曜の深夜、義母の布団にもぐり込みました。

義母の寝室は1階、嫁は2階で寝てます。

酒が入るとまず起きることはありません。

リスクはありますが、

ここは行くしかないと覚悟を決めて3度目のセックスを敢行しました。

寝ている義母にしがみつき、

薬を飲んでギンギンのペニスをお尻にグイグイ押し付けます。

「も、もう、何・・・・・・えッ」

義母が驚きの声を上げます。

「何かんがえてるの」

押し殺した声で怒る義母ですが、

俺は無言で義母のパジャマの中に手を入れます。

「何考えてるの、まり(嫁の名前)がいるのに」

義母も抵抗しますが負けるわけにはいきません。

口で左乳首、右手で右乳首、左手でアソコを責めると

「ちょ、も、もぅ、ン、ンンッ」

と抵抗が弱くなっていきます。

あっという間にアソコはとろけて受け入れ準備完了。

「ダッ、ダメ、ダメ、ダメ」

義母の言葉を無視して正常位で挿入すると

「アアッ」

のけ反る義母。

「義母さんのオマ○コ最高です。

まりより全然気持ちイイですよ。

義母さんも気持ちイイでしょ」

義母に聞くと

「ダ、ダメよ。

ま、まりがいるのに」

と必死で快感に抗おうとしています。

「まりがいる緊張で感度が上がってるんじゃないですか?」

さらに追い打ちの言葉を掛けます。

「ち、ちがいます。

そ、そんなんじゃ、う、んんッ」

否定しても無駄なのに・・・。

「だけど義母さんのオマ○コ俺のチンポメチャクチャ締め付けてますよ。

一滴残らず搾り取られそう」

と言いながらピッチをあげると、

「ア、アア、ダメ、イ、イクッ、―――――ッ」

と義母のお腹がビクビク、腰がガクガク。

そのまま抜かずの3連発です。

義母は俺にしがみついてイキまくっていました。

この調子でどんどん押して行きます。

そしていつでもどこでも拒まない義母になってもらうつもりです。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: