fc2ブログ
2022 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2022 10

【熟女体験談】一緒に風呂場のそうじをしている時に熟女の黒く透けたブラに興奮して、仕事が終わった後に車内で中出しセックス

kage

2022/09/10 (Sat)

同じ介護職場のバツイチ50代前半熟女、Kさん。

前もって

「この次一緒にの時は白Tシャツに黒のブラでの服装で入浴介助してくださいね」

ってお願いしてました。

数日経って一緒に入浴介助の時が来ました。

約束通り、白Tシャツに黒のブラ。

入浴介助のスタート時は薄く透けてたブラが、時間が経って湿気と汗でTシャツにくっきり黒く透けてます。

それを見るたびに自分の股間はギンギン。

利用者さんにバレないように隠すのが大変でした。

入浴介助が終わって2人で風呂場の掃除の時間。

自分は熟女Kさんに

「約束してた通りTシャツに黒のブラでしたね。

ブラが透けてるのがめっちゃセクシーで股間がパンパンになりましたよ」

って話すとKさんは

「私みたいなおばさんにセクシーってお世辞が上手。

でもブラって言うのかな?ユニクロのブラトップっての付けてきたよ」

「ちょっと触って良いですか?」

って言いながら正面からTシャツ越しに胸を触ってみる。

「触った感じがブラと違うでしょ」

「ふんわりしてますね。

でもブラの下は」

と言いながらTシャツの中に手を入れてブラトップの上から胸を揉む。

「誰か来たらマズイよ」

「大丈夫ですよ」

ってTシャツを捲りブラトップの上から手を入れて乳首をコリコリ。

Kさんは吐息を漏らしながらも、手は自分の股間を触りはじめました。

Kさんの耳元で

「チンチン大きくなってるでしょ。

短パンの中に手を入れて直接触ってみて」

と言うと、手を入れて直接息子をシゴきはじめました。

ブラトップをズラしKさんの乳首を舐めはじめると、吐息を漏らすKさん。

「誰か来たら本当にマズイよ」

「じゃあやめますか?」

と聞くとKさん

「うーん」

と困った顔。

「もう少しだけね」

と乳首を舐めたり吸ったりしながらKさんの短パンの中に手を入れて、パンティー越しにクリの辺りを指でなぞったりコリコリ。

Kさんは小さく喘ぎながら

「逝きそう」

って自分の息子を激しくシゴきだしました。

「ダメ」

って言いながらKさんは腰をガクガク。

どうやら指でイったみたいでした。

「じゃあ、少しチンチン舐めて」

とお願いしてKさんにしゃがんでもらってフェラ。

が、舐め始めてから2分ほど経った時にお風呂場に誰か入って来る音が。

慌ててお互い服装を直し、掃除のふりをしてるともう一人のスタッフが入って来ました。

「○○さんの忘れ物探しに来たんだけど」

といいつつ、目当ての物を見つけて出て行きました。

さすがにさっきの続きをするわけにもいかず、掃除を再開しつつKさんに相談。

「帰りに車の中で少し話しますか?」

「良いよ。

じゃあ近くのコンビニで待ってるからね」

とKさんから返事。

その後さっさと掃除を済ませてフロアーにお互い戻りました。

仕事が終わって近くのコンビニへ。

Kさんはコーヒーを2つ買って待っててくれました。

車にKさんを乗せて、近くの工場地帯の一角にある公園の横に車を停めます。

車の中で少し話し始めました。

なんて事ない雑談を始めて数分、Kさんの手が自分の股間に伸びてきて股間を触りはじめました。

Kさんに

「どうしたの?」

って聞くと

「さっきはすごく中途半端だったでしょ。

だから手でしてあげようかな?って思って」

と思わぬ返事。

「さっきはドキドキしましたよね。

もう少しで出そうだったのに。

でもKさんにさっきの続きをしてもらおうかな?」

とチャックを開けて息子を出すと、Kさんの手が息子をシゴきはじめました。

Kさんはシートベルトを外して、自分の股間に顔を埋めて息子を舐めてくれます。

舌でカリの辺りを刺激したり、口の中に含んで舐めたり吸ったり。

出そうになるのを我慢して、Kさんに

「今度はKさんの触らせて」

とスカートの中に手を入れて、パンティー越しに割れ目をなぞります。

パンティーの脇から中指を割れ目に入れるとオマンコはぐっしょり濡れていました。

そのまま指で激しくすると、喘ぎ声を漏らし始め

「もっと指で激しくして」

とKさん。

自分の息子を手で激しくシゴきながら

「もうイく~」

とKさんは絶頂に達した様子。

Kさん

「次はお口で逝かせてあげる」

とまた息子を舐め始めたので、

「Kさんのあそこにに入れさせて」

ってお願いしてみました。

「でも車じゃ誰かに見られるよ」

「大丈夫。

ここら辺は工場地帯だから、昼間はともかく今の時間は誰も通りませんよ。

それでこの場所にしたんです」

の説明に納得してくれた様子。

スカート履いたままで上に前を向いて跨って、とお願いしつつ、自分はシートを倒しズボンをズラすと、Kさんはパンティーを片足だけ脱いで自分の上に跨ってきました。

Kさんは息子を手であそこにあてがい、ゆっくり腰を下ろしてオマンコに挿入してくれました。

Kさんの吐息が漏れてきます。

オマンコはぐっしょり濡れてて、熱くなっててすごく気持ち良いい。

ヌルヌルがたまりません。

Kさんも興奮してきたのか、ハンドルを掴んで腰を上下に動かしたり前後に動かしたり。

自分はKさんの背後から服の中に手を入れて、ブラの上から激しく胸を揉みます。

「もう出そうだよ」

「そのまま中に出して」

Kさんの腰を掴み、下から激しく突き上げて中に発射しました。

Kさんは息子をオマンコに挿入したままハンドルにしがみつきぐったり。

「凄く気持ち良かった。

○○さんはたくさん出た?」

「自分も凄く気持ち良かったです。

いっぱい中に出しましたよ」

余韻にひたりつつ、Kさんの服を捲り背中にキス。

そのまま胸を揉みます。

Kさんが助手席に移ろうとしたので腰を掴み、今度は自分から腰を動かしました。

「まだ出来るの?」

とKさん。

黙って前後に腰を動かしながら、クリを指で刺激。

どろどろのマンコに出し入れして、そのまま2回目の射精。

Kさんがマンコから息子を抜いたら、ザーメンがたくさん出てきました。

Kさんに息子を綺麗に舐めてもらって、お互い服を整えてカーセックス終了です。

後で、Kさんに聞いてみました。

「バイブやローター使った事はある?」

「あるのは知ってるけど、一度も使った事がないし見た事もないよ」

「じゃあ今度はローターやバイブを使ってたっぷり虐めてあげますよ」

と笑いながら話しその日はお別れする事に。

屋外やカーセックスもした事がないって言ってたKさん。

次はローターやバイブを教えてあげるつもりです。

ますます熟女とのセックスにハマりそうです。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: