fc2ブログ
2022 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2022 10

【熟女体験談】出会い系で知り合った子持ち人妻と中出しセックス

kage

2022/08/31 (Wed)

出会い系で知り合った尚子とセックスしてます。

40歳子持ち2で、某サイトで久しぶりにアクセスしたら、毎日足あとがついていたのがきっかけ。

メッセージ送ったら直ぐに返事も来て、毎日やり取りしてました。

当然興味を持つようになり、会いたいなぁと送ると

「太いしおばちゃんだから」

体型と俺が年下なのを気にしていた。

が、アクセス禁止にならないよう文字を駆使してアドレスを送ると、彼女から返事が来て直接メールできることに。

それからは話が早かった。

数日後に誘ってみたら

「夕方5時までに帰れれば」

とメッセージが来て、平日の代休に彼女と会うことになった。

昼過ぎにショッピングセンターの駐車場で車を止めて待っていると、彼女が隣に止めて乗ってきた。

髪はセミロングの茶髪、体型は怪獣とまでは言わないが、かなりのポチャ。

タイプじゃなかったけど胸はかなりの大きさ。

勝手にEカップは確定だなと目測し、話をしながら喫茶に行きランチをした。

名前は尚子というらしい。

尚子は27で結婚して小学校の子供が二人いるんだとか。

出会い系も利用はしているが、何人かと会ったものの、相手に気に入られずにスルーされたり会って食事だけとかだったらしい。

そのうち1人とはエッチまでしたらしいが、なぜか山に連れて行かれ車の中でしたものの終わった後は冷たくされたりで最近は会ってないとか。

俺にはどうして会ってくれたか聞いたら

「面白いし、近くに住んでたし」

ということだった。

尚子と食事をした後に

「5時前には帰すようにすればいいんだよね?」

と聞いて頷くので、巨乳を堪能したくなりホテルに向かう。

「何処に行くの?」

と聞かれ

「二人きりになれる場所」

と話すと

「太いしスタイル良くないのにいいの?」

と聞かれ

「いいじゃん!」

と尚子のバストを信号待ちで触るとを柔らかくてボリュームもあった。

笑いながらも触らせてくれたので、少し元気な息子をズボンの上から触らせ

「もう勃ってる」

とずっと触ってくれた尚子。

ホテルに着いて部屋に入るなり尚子に背後から抱きついて胸を鷲掴み。

「シャワー浴びたいよ」

と尚子。

シャワーに行かせ、タオルを巻いて現れた。

俺もシャワーを浴びて部屋に行くと、既に部屋は明かりを消されてベットに尚子が寝ていた。

ちゃんと俺のタバコとライター、灰皿もベットの近くに持ってきてくれている。

人妻のそういう心づかいがたまらない。

尚子に近づいてタオルを取る。

少し下向きなのが気にならないくらい、立派すぎるバストを拝ませて貰った。

巨乳だから乳輪も乳首もデカかったけど、熟れた身体って感じがいい。

キスすると

「した後に冷たくしないでね?」

と尚子。

「絶対しないから」

と返すと尚子からキス、舌を絡めてきた。

微妙な警戒心と好奇心というような空気が尚子から感じられる。

緊張感があっていい。

俺は豊満なバストを舐め回し、柔らかさを堪能した。

「ンッ…アンっ!」

と吐息を漏らす。

オッパイを舐めただけで、アソコは既にヌルッとしてた。

「恥ずかしい」

という尚子に構わず、脚を開かせて赤茶の花弁を舐める。

「アンっ!気持ちいい!」

とかなり敏感。

じわりじわり甘酢のエキスが出てくる。

「たかしくん、入れて」

と尚子からせかされて、脚を開かせて濡れた入り口からアソコの中に。

ゴム着けてとも言わなかったから、ありがたく生で尚子に入れると、結構締りがあって気持ちいい。

「尚子さん締まる」

と話すと

「たかしくんのが旦那よりおっきいからだよ!」

と尚子。

「アアッ!アアッ!」

別人みたいに大っきい声をあげる様子がいやらしい。

アソコもヌチャッヌチャッと音が出るくらいの濡れっぷりで、ユサユサ揺れるオッパイはまさに絶景。

「たかしくんのイイッ!」

と声をあげる尚子。

「年下だからたかしでいいよ」

と話すと

「たかし気持ちいい!」

と尚子はオッパイを揺さぶられながら絶叫。

子持ちだからユルいかと思ったら締まりがいいし、更に締め付けてくるし最高。

早く中に出したくなってきた。

何度か我慢したけどもう限界。

「尚子さん行くよ!」

と激しく突き上げて

「アアッ!気持ちいい~!」

と声をあげた尚子のアソコの中に射精した。

「アンッ!イャン!」

と声をあげながらもそのまま出させてくれて、抱きあって一休み。

「頑張りすぎ」

と汗だくになった背中を抱く。

「気持ちいいから頑張った」

と話すと

「あたしも」

とキスを。

その後、ベットに二人横になりながら少し話した。

旦那とは月イチのセックスで、いきなり布団に入ってきては勝手に出して終わり、みたいな寂しいセックスだとか。

「グラビアアイドルとかテレビで見たらするんだよ。

何か代わりみたいで気分悪い」

と。

分からなくもない。

タバコを吸ってたら

「気持ちいい事したら吸いたくなるよね?」

と尚子。

イライラしたりするとたまには吸ってたらしく、今日は逆に気持ちいいから吸いたいらしい。

「吸えばいいじゃん」

と箱を前に置くと

「うん…ありがと」

一服してから、尚子もベットに寝そべった。

「凄いよね?悪さしまくってるでしょ?」

とモノを触られおっきくされて

「欲しいの?」

と聞いてみた。

「ホントにたかしのチンポ気持ちいいんだもん」

と起き上がり、尚子からくわえてきた。

「挟んで」

とオッパイを触ると

「あんまりした事ないよ」

とは言うが挟んでくれて至福でした。

尚子のアソコをまた堪能して、2回目の中出しをした後、時間は4時近く。

別れ際に

「また会って欲しいけど駄目?」

と聞くと

「いいよ!あたしからお願いしたい位だったから」

と、以来不定期に続いてます。

パイズリもいつもしてくれるし、こっちが喜ぶ事は率先してくれるのもたまらない。

尚子とはしばらく続きそうな気がします。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: