fc2ブログ
2022 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2022 10

【熟女体験談】千鳥足の泥酔熟女を車に乗せ、寝ている間にイタズラし中出しカーセックス

kage

2022/08/14 (Sun)

取引先との打ち合わせが長引き、やれやれと思いながらコインパーキングに向かってるとおデブさんが千鳥足でボテボテと歩いてました。

かなり飲んでるな・・・と思いつつ横を通り抜けようとした時にドテ!っと躓き(コケ)ました。

おいおい、大丈夫かよ・・・声を掛けて手を差し伸べます。

ロレツも若干怪しいぐらいの酔いっぷり。

駅の方向がわからないとか。

話をしながら一緒に歩き、若干の下心を隠しつつ

「じゃあ送ってあげようか?」

と言うと大喜び。

助手席に乗り込みとさっきコケた時にパンストが破け膝からにじむ程度の出血。

絆創膏を渡してあげると、パンストを脱ぎ始めました。

真っ白な太ももが露になり、若干の下心が本格的な下心にレベルアップ。

車を走らせながら、しばし会話を。

37歳でバツイチ、子どもは無いOLだとか。

学生時代の友達と飲んだ帰りだそうで。

ほんの10分ほど、返事がないなと思ったら夢の中へ落ちてました。

走りながら、膝の上に乗せてるバッグをそっとベンチシートの真ん中に。

信号待ちの時に少しだけ背もたれを倒しました。

車を進めながら太もも辺りに手を乗せます。 手を動かしても全く反応はありません。

ゆっくりスカートを捲り上げて、生太ももに触れてみました。

熟睡してます、スースーと言うかいびきに近い寝息を立ててます。

太ももの内側まで手を入れて撫で撫で。

たっぷり付いた脂肪の間に手が飲まれていきます。

なんとか核心部まで手が入りました。

パンティの上から指をこちょこちょ。

起きる気配はなく、ボッキさせながら彼女の家の辺りまで着きました。

が、家を知ってるはずもなく、果たしてこの辺りで合ってるのかもわかりません。

大きなコンビニの駐車場の一番店から離れた場所に車を停めました。

とりあえす起こさないことには・・・

だけど、もう少しイタズラしてたいな・・・

しばらく核心部や胸を堪能しました。

が、埒が明かないため、身体をゆすり声を掛けて起こしました。

完全に寝ぼけてます。

酔い醒ましに冷たいもんでも飲んだほうがいいんじゃない???と、コンビニに買いに行こうとすると、私も行く!と付いてきました。

なぜかを手を繋いでコンビニに・・・

(まだ酔ってます。)

さすがにパンストを脱いだ生足ではかなり寒いようで。

(これでかなり酔いは醒めたよう・・・)

自分のコーヒーと彼女のミネラルウォーターを買って車に戻りました。

家まではまだ少しあるとか。

飲みながら話をします。

話をしながら、時折ボディタッチなどでコミュニケーション。

彼女の手も自分の太ももの上に。

(この近さ、軽四でよかったと実感)

お互い太ももに置いた手がモゾモゾしはじめます。

彼女からしなだれてくるように顔を近づけてきてキス。

もう完全にご馳走様!モードです。

キスをしながら胸を揉みスカートの中に手を。

寝てる間に触れてたことなど露知らず。

パンティが湿ってくるのがわかります。

彼女の手もボッキを握り今スグ!みたいな。

後部座席に移動してお互い弄り合い、そのまま下だけ脱いで合体!

ちなみに自分のチ○ポはおデブさんには好評?なサイズらしく、彼女もまたこんなの初めて!当たる!当たる!と。

ほんの数分でイク!と昇天した彼女。

そこから確変の如く、何度も昇天。

自分も限界に・・・外に出すよ!と言ったものの、服を着たままなので汚してしまう・・・すると

「中でいいよ!中で!」

では遠慮なく・・・中に出しました。

しばらくグッタリマッタリ。

会って2時間も経ってないのに、ふたりで顔を合わせて照れ笑い。

聞けば不妊(卵管の詰まり?)らしく、離婚原因もそこにあるとか。

身支度をして帰ろうか・・・としたものの、どうもこのままじゃとお互いの意見が合いホテルへ。

丑三つ時まで、さらに2回も彼女の中に放出。

翌日、仕事なんで帰り際に連絡先を交換して彼女を自宅近くまで送りました。

それから毎日メール。

今週末、会う約束をしてます。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: