fc2ブログ
2022 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 08

【熟女体験談】閉経した妻を人身売買された娼婦のように複数の男に抱かせた

kage

2022/04/26 (Tue)

私、54歳。

妻、51歳。

私の精子の数が足りないらしく子供には恵まれませんでした。

子供を産んでいない妻は線がくずれておらず、30代半ばくらいの身体つきです。

これまでに隠れて何度か浮気をしているのが分かりましたが、目をつぶっていました。

その妻が半年前に生理が上がり閉経しましたこの時を私は待っていました。

欲望であった目の前で人身売買された娼婦のように複数の男に妻を抱かせることを実行することにしました。

勿論

「生」

「中だし」

妻に了解を得て。

5年ほど前からハプニングバーに通っている私。

そこで、複数好きの3人の男に声をかけました。

ある約束の元、実行してもらうことに。

A、25歳。

B、31歳。

C、35歳の3人。

土曜日の午後3時に私のマンションに来てもらいました。

期待と不安の妻には黒のキャミソール、ガーター、Tバック姿で出迎えさせました。

1時間ほど、酒を飲みリラックスをしてもらった後、妻を3人の輪の中に。

直ぐに着ているものの上から、身体全体にキスをされる妻。

身体を仰け反り、感じ始めました。

全裸にされ、男達の唇、舌、指で身体中を。

そして女性自身を集中的に愛撫されるころには、喜びの声を絶え間なく出していました。

男達も着ているものを脱ぎ捨て、各々のイチモツを妻の前にさらけ出しました。

口、両手を使わせ大きく硬くし準備が整いました。

ついに妻の中へ1人のイチモツが入って行きました。

喘ぎながらも妻は他の2人のイチモツは口と手から離すことはありませんでした。

その内に妊娠の心配がない妻へ尻をひきつかせて射精。

抜いたイチモツを口できれいにしてもらうと。

続いて2人目が。

そして3人目。

一巡したところで、獣化した男達にローションを差し出しました。

1人がイチモツにたっぷり塗り付け、バックから妻の十分開発済みの浣腸できれいにしておいたアナルへ。

もう1人が妻の下に入りイチモツを女性自身へ。

上下に男達にはさまれた格好で、口にはもう1人のイチモツを。

妻の喘ぎ声が、悲鳴に変わった時、身体が小刻みに震えたかと思うと失神。

ほっぺたを叩き意識を取り戻させ続行。

今度は悲鳴が唸り声に。

同時にアナルへ挿入の男が射精。

続いて女性自身の男が。

最後は口の奥深く入れた男が射精。

妻のアナルから、女性自身から、口からはヨダレ交じりの精液があふれてきました。

2時間ほどの行為で汗だくの男達にシャワーを進め入ってもらいました。

男達が出てきた後、妻にもシャワーに入るよう言いました。

身体をふらつかせながら向かいました。

その間、男達と

「あなた達の欲望に応えたのだから、約束通り、あなた達の女を抱かせてもらうよ。

今日は金玉の精子が空になるまで出していってよ!」

皆、大きくうなずきました。

シャワーからタオルを巻いて戻ってきた妻。

「まだまだこれからだよ」

言うと

「もう、私は十分なので」

断る妻に

「ダメだ!皆さんはまだ満足していない」

その言葉を合図に獣達にタオルを取られました。

餌食になった妻は、それから3時間、2つの穴と口を使い欲望に応えました。

失神する度に顔を叩かれ。

休むことを許されず、思い思いの体位で、好きな場所に射精され。

その度に悲鳴が唸り声になりました。

男達が帰ったのは午前1時を過ぎていました。

「約束は守りますから、日時は連絡しますよ」

言葉を残して。

居間は、汗と独特の精液の匂いが漂っていました。

そこには意識が飛び、身動きしない妻。

口からは精液交じりのヨダレ。

アナル、女性自身からも。

私には男達の女達一人一人を抱ける楽しみが待っています。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: