fc2ブログ
2022 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2022 12

【熟女体験談】美人な上司に宿でマッサージをして、そのまま騎乗位セックス

kage

2022/04/24 (Sun)

会社の上司なんだけど、国立卒で32才独身。

気は強いがスタイル抜群の美人で仕事も出来る。

仕事は建築不動産で俺とチームを組んでいる為、いろいろな場面に出くわしていたがその日は・・・とある開発の仕事で地方の物件を視察、上司はいつもスーツに膝上のスカート姿、坂道を登りながら後ろから付き添いスレンダーながらムチっとした尻を眺め朝から目が覚めた感じだった

そしてその日は宿に泊る事になっており早めに宿につく。

勿論部屋は別なんだが、夕食後に形ばかりの打ち合せをし後は風呂入ってマータリ。

小一時間しただろうか、上司から電話で酒を飲もうと誘われる、俺は付き合いも長いため何度か二人で酒を飲んだこともある。

勿論始めは上司と部下としてだが、酒が入れば普段の切れる気の強い姿は想像も付かない。

ゲの世話もした事があるし家に担いで帰った経験もあるが何も無かった。

俺は浴衣のまま上司の部屋にいく。

上司も浴衣で薄化粧に少し頬を赤くして既に飲酒。

酒を飲みながら今日の物件の話や仕事の愚痴で小一時間、俺も少し酔いが回ったか風呂上がりに浴衣姿で酒を飲む上司をチラチラ見ているうちに少しムラっと来ていた。

胸元が少しはだけてチラチラとする胸からブラも覗けるシチュエーション。

まー今までもこの程度のエロは沢山あり何も無かったのだが、今日は場所が宿だけにトチ狂ったか、疲れたと言い放つとベットに俯せになってしまった。

俺は「じゃ、お休みなさい」と言い部屋を後に立ち上がると、上司「ねー疲れたから少しマッサージしてよ」っと・・・

えーマジかよwwwwっと俺も疲れたからっと心で叫ぶも、ハイハイと言い従う。

俯せになった上司の華奢な肩辺り浴衣越しに軽くマッサージすると、もっと強くと言われ強くマッサージする。

次は腰を強くと要望され、少し躊躇しながら上司にまたがる感じで馬乗りになりマッサージを始める。

背骨から腰を重点的にせめマッサージをしていたが、態勢が馬乗りなだけに無意識に上司のムチっとした尻と俺の股間が接触する感じになり意識すればするほどに俺の股間は反応する。

上司は目を閉じたままで反応はしていない。

俺は少し酔いエロも復活して来たのか股間を軽く押し当てる感じにマッサージを続けていた。

そのうち頼まれもしない太ももや尻などをマッサージ。

特に尻は想像通りにムチムチで張りがあり柔らかい。

思わず噛り付きたくなるが流石に上司と諦めながらも太ももをマッサージしながら少し少しと裾をまくり、生太ももをマッサージしようと触る。

上司「ちょっと、何よ」

とやはりと言うか何と言うか、気が付かれてしまいびびる俺。

俺「い、いやースイマセンつい・・・」

っとごまかしも口に出来ずに馬乗のまま立ち上がる俺。

上司「嫌ねー何立てているのよー」と振り向き俺の股間を見る。

目の前には浴衣をはだけさせ勃起したボクサーパンツ。

俺はびびり動けない。

そして上司は「へー大きくない?ちょっと触らせて」と俺の勃起した股間を触る。

えーっとびびる俺に構わず、上司「ちょっと脱ぎなさい」と言うのが先か脱がすのが先か、ボクサーパンツを下げてしまい握っていた。

上司「へー大きいね、でも私フェラ苦手なんだよね」と握っている手を動かし軽く舌で舐める。

上司「久々だよ、この大きさ・・・ちょっといらっしゃい」と誘われてしまう。

まさかと思ったが、上司は俺を横にさせると浴衣を脱ぎ、ブラを外し小さめの胸に俺の顔に引き寄せて来た。

上司「今日だけね・・・さー来なさい」っと優しく言った。

俺もココまで来たら男だと覚悟を決め、上司と濃いキスを交わしのしかかる。

キスもそうだが何故かぎこちなくやられている感じの交わりだが年上は初めてだし上司だからと半分なすがまま。

寝かされマンコを舐めさせられるのも初めてだし、終始騎乗位なのも初めてだった。

でも最後はムチムチの尻越しにバックで果てて満足だったな。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: