fc2ブログ
2022 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 08

【熟女体験談】息子の中学時代の親友と再会し、彼にリードされてセックスする人妻

kage

2022/04/21 (Thu)

42歳の私は今、半年前からお付き合いしている彼がいます。

彼は息子の中学時代の親友の裕也君(20歳大学生)彼と再会したのは、コンビニのアルバイトでした。

彼のいる店に偶然に私が入ったのです。

私を覚えてくれていた彼は、親切丁寧に教えてくれました。

夕方までの私と、夕方からの彼の時間が一時間だけ一緒でした。

息子は地方の大学生、主人も単身赴任中という、よくあるケースなのでしょうか?再会した彼とはすぐに仲良く接していきました。

いつも髪を牛とに束ね、デニムを穿いている私に「一度、日常のお母さんの姿を見たいな・・」なんて言ってくれました。

何度かお茶して、彼にデートに誘われました。

ちょっと遠出をして、見知らぬ街でデート。

知らないことは、人の気持ちを大きくさせます。

いつしか、彼の手が重なり、私は彼と手を繋いで歩いていました。

最初に彼に唇を奪われたのも、実はその日でした。

人の気配無いデパートの売り場の物陰で、抱き寄せられて、キスしてました。

「もう・・こんなところで、いきなりなんて・・ズルいわ」彼は笑っていました。

カフェの片隅のテーブルで、彼は私を熱意を込めて口説いてくれました。

テーブルの上で手を重ねられて、真剣な眼差しで私を見詰め、気持ちを打ち明けられ口説かれました。

「こんな私で、本当に、いいの?」

「好きになったから、年齢なんて関係が無いよ」

そして、彼とのお付き合いが始まりました。

最近では「ママっこ」なんて言葉もあります。

親子に見えるかもしれないほどに年の差があるのに、彼のことが私も好きになてしまったのです。

それも、息子と同じ年の、親友の彼に・・次のデートでは、彼はアルバイトのお金で、素敵なネックレスをプレゼントしてくれました。

「このネックレスは、俺がつけてあげる。

だから、行こう」「どこへ?」「静かなところ。

ホテル」彼にエスコートされて、ホテルのゲートを潜っていました。

荒っぽく勢いだけの野獣かな、と心配していたのですが、緊張して固くなっている私を、優しく抱いてくれました。

声が出てしまうと恥ずかしくて我慢してしまうのですが、それ以上に彼は巧みに優しく丁寧に私の体を愛してくれました。

彼は女性の心と体を、すでに充分に心得ている体験がありそうでした。

母性本能をくすぐられる様な、時には少年のあどけない表情も、私を強く捕えていました。

愛して欲しい場所を忠実に探り当てて、彼は愛してくれました。

固くなった乳首をそっと吸い上げられると、私はもうすっかりと一人の女に変身していたようです。

彼の手が伸びて、敏感な部分を刺激され、脚を割って股間にかを埋められると、恥ずかしいほどに溢れ出ている愛液を、彼は吸い上げて飲んでくれました。

気が遠くなる瞬間が、どれほど続いたでしょうか。

先に私だけが果ててしまい、彼の腕枕の中でした。

彼の硬く立派に長いものを唇の間に挟んで含んでいくと、彼の男の声が私の耳で広がり、愛おしくなりました。

「出してもいいのよ」彼は必死に我慢して、袋から出したコンドームを私に渡し、私は彼のものに被せてあげました。

彼の硬く太く長いものが体内深くまで収まると、私は女の乱れ濡れた声を部屋中に広げていました。

シャワーも二人で浴び、彼は私の全身を優しく洗ってくれました。

その後も、彼といいお付き合いが続いています。

何かの遊びでジャンケンをした私が負けて、私の鞄の所持品チェックを彼にされました。

化粧ポーチの隅に、予備の生理用品のタンポンを、彼に発見されて恥ずかしかったのに「これも、買ってあげるよ」と彼は言い、その日の帰り道に、ドラッグストアに一緒に行き、彼に買ってもらいました。

もちろんその時点で、おかげさまで順調な私の体の生理の周期を、彼に教えることにもなったのです。

私の体調が悪い時には、もちろん、いとしく彼のものにご奉仕しています。

ジーンズのファスナーを降ろしてあげて、口に含み、彼のものが口の中いっぱいに放たれると、男を感じてしまいます。

先週は初めて、彼の強い要望に負けて、私のおしっこ姿を、ホテルのおトイレで彼に公開してしまいました。

ペーパーで優しくあそこを拭いてくれる彼に、恥ずかしくなりました。

今ではすっかりと彼の虜として、完全に彼にリードされて、私は白い世界に導かれ、女の時間を味わっています。

私もまた、背信行為をしているのでしょう。

でも、この気持ちは本気なのです。

満たされている女の時間は、誰にも邪魔されたくはないし、自分に正直でありたいです。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: