fc2ブログ
2022 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 06

【熟女体験談】スナックのママとシックスナインで貪りあって、濃密なセックスをした

kage

2022/04/14 (Thu)

仕事帰りによく行くスナックを覗いたら、あいにく満員。

ママが

「団体さんが入ってるんでゴメンね。

よかったら私の友達のお店紹介するけど・・。」

ってな感じで教えてもらったスナック。

ドアを空けるとお客はおろか店の人さえいない。

俺「すいませ〜ん。

誰かいますか〜。」

カウンターの後ろのキッチンから

「ごめんなさ〜い。

すぐ参りま〜す。」

と女性の声。

カウンターに腰を下ろし、タバコに火をつけた。

「ごめんなさいねぇ。

ちょっとお料理してたから。」

薄手のブラウスとタイトなスカートで豊満な体を包み込んだママが笑顔で現れた。

歳は45〜50位か、顔はお世辞にも美人ではなく、厚めの口唇とその横のほくろが印象的な感じだった。

「お客さん、ウチははじめてだよね。

ママの美佐です。」

俺はこの店にきた理由を簡単に説明した。

「そう。

これからはウチもごひいきにね。」

そう言うと水割りを作り、できたての肉じゃがを出してくれた。

それからたわいもない話をしばらくしていたが、俺の眼はママの身体を自然に追ってしまっていた。

決してスタイルがいいわけではないのだが、適度に崩れた身体のラインが妙に艶っぽくて、ついつい胸元や太ももなんかを眼で追ってしまっていた。

それ以上にママが髪をかきあげたときに、ブラウスの腋のところから黒い茂みが透けて見えた。

俺は勃起した。

この人の裸体を見たい。

触れてみたい。

腋を舐めてみたい。

心底思った。

とはいえ、小心者の俺、そんなことは当然言えず、その日はその店を後にした。

それから、月に2〜3回のペースでその店に通いだした。

店にはママの他にママの娘さんが時折手伝いにきていたが、他に女の子はいなかった。

ママは46歳で10年ぐらい前に離婚したこと等の情報を得ることができた。

お客の方はいつ行っても、2〜3人いればいいほうで決して繁盛してる店ではなかった。

そんなある日、いつものように店に入ると他にお客はなし、ママ一人という状況だった。

取り留めのない話をしながら、いつものようにママの身体に見とれていると

「眼がいやらしいわよ〜。

こんなおばさんのくたびれた身体見ても色気も何もあったもんじゃないでしょう。」

と言われてしまった。

「そんなことはないよ。

ママはかなりセクシーだよ。」

と俺が言うと

「お世辞でもうれしいわ。」

って言ってママは上機嫌だった。

その日も白の薄手のブラウスで腋に黒い茂みが見え隠れしてた。

俺は思い切って聞いた。

「変なヤツと思われるかも知んないけど、ママって腋毛伸ばしてるよね?」

真っ赤になりながらママは答えた

「うん。」

「だらしない女って思ってた?」

「そんなこと全然思わないけど、初めてここに来たときから気になったし、興奮した。」

俺は

「嫌われるかもしんないけど、ママの腋毛を見たいと思ったし、触りたいとも思った。」

と言った。

「別れたダンナがね、変った人でね、剃っちゃ駄目って言ってたの。

最初は恥ずかしかったけど、慣れるとわざと男の人に見せてその反応見るのが楽しくなっちゃったの。

大抵はね、いやな顔する人がほとんどなんだけど、たまに前のダンナみたいにこれが好きな人いるのよね。」

少し恥ずかしそうにママが言った。

「正直言うとね。

俺は自分で女性の腋毛って意識した事なかったけど、ママをはじめて見た時に意識した。

ママの身体も素敵だけど、何よりママの腋を触りたい、舐めたいって思っちゃった。」

酒も入っていたので思い切って言った。

ママはカウンターを出て店のドアの方に行った。

俺は心の中で、言わなきゃ良かった。

嫌われたなってへこんでた。

戻ってきたママがカウンターの俺の左横に座り

「表の電気消してかぎ掛けてきちゃった。」

と言った。

「あなたはそうじゃないかって思ってたわ。」

そう言うと右手を俺の目の前に挙げた。

俺は一瞬凝視してから夢中で匂いを嗅いだ。

もう理性は吹っ飛んでいた。

少し上気したママの身体が熱くなり、腋からは何ともいえない、いやらしい匂いがしてきた。

俺は無我夢中で貪るように嗅いだ後、ブラウスの上から舐めまくった。

「そんなに好き?」

ってママが聞いた。

頷く俺の前でママはブラウスを脱いだ。

薄い水色のブラのトップあたりに黒い乳輪がうっすら透けて見えいる。

「今度はこっちもね」

ママは左手を挙げて俺を誘った。

ある意味陰毛よりも淫靡な腋の黒い茂みを俺は嗅ぎ、舐め、触りまくった。

ママは声を押し殺していたが、時折熱い吐息を漏らしていた。

俺は身体も触りたかったので、ママの太ももを撫でタイトスカートのホックを外しスカートを取った。

ナチュラルカラーのパンストの下にはブラと同じ水色のレースのパンティ。

「ねぇ、あっちに行きましょ。」

ママはボックス席を指差すと一旦カウンターに入って真新しいエプロンを持ってきた。

ボックス席のソファにエプロンを引くとその上に座り、僕の身体にそっと手を回してきた。

パンスト越しに太ももの感触を味わおうとするとしっとりと濡れている事に気づいた。

大事な部分を中心にかなり濡れている。

「私ね、腋を責められると駄目なの、恥ずかしいのに気持ちよくて、変になるの・・

あんまり下は触んないで、はずかしいから、すごく濡れちゃってて・・」

パンストを脱がせ、パンティ越しに股間を眺めるとパンティに入りきれない、いやらしい毛がかなりはみ出している。

パンティ越しに愛撫をすると異常に濡れている。

俺はかまわずパンティ越しにむしゃぶりついた。

腋と同じ匂いがする大事な部分を貪るように舐めまわした。

そのあとはお互い全裸になり、俺がママの少々形の崩れた黒い大きな乳輪のおっぱいを吸いまくり、シックスナインで貪りあって、濃密なSEXをした。

時間にして4時間程度だったが、口に1回、インサートして2回射精した。

終わったあとも腋とおっぱいを充分味わった。

その後もママが店を閉じて引っ越すまで関係は続いた。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: