fc2ブログ
2022 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 06

【熟女体験談】営業事務員である巨乳熟女のマンションで告白して、おっぱいにむしゃぶりついた

kage

2022/04/08 (Fri)

去年の6月のエロバナです。

社員50人のスモール会社に勤める私は26歳でした。

営業事務員に34歳の亜紀子さんがいまして顔立ちは並みですが巨乳熟女

90㎝は確実に超えていて胸を揺らしながら歩く姿に何度も目を奪われました。

巨乳AVを借りて亜紀子さんを想像して何度もオナニーをしました。

亜紀子さんは影の女王と呼ばれてました。

巨乳を武器に社長や専務と関係を持ったと噂されていました。

そんなある日、営業先から帰ると早帰りデーで残っているのは亜紀子さんだけでした。

パソコンのトラブルで業務が遅れたみたいでした。

流れでご飯を食べに行くことになりました。

会社の愚痴や芸能ネタで盛り上がりました。

二件目のバーでは男性客が亜紀子さんの巨乳をチラチラ見ていました。

帰る方向が同じなのでタクシーで帰りました。

亜紀子さんのマンションに着いたら「お茶飲んでいく?」とまさかのお誘いに二つ返事でOKです。

亜紀子さんの部屋は2DKの造りでした。

「おばさんと飲んで楽しかった?笑」

「亜紀子さんはおばさんじゃないですよ。」

「ありがとう。笑

でも岩井君より8歳も上だからやっぱりおばさんよ。笑」

亜紀子さんがスーツを脱ぐと、白いブラウスでブラジャーがうっすらと透けて見えて、胸の膨らみも強調され私はガン見してしまいました。

「あー!どこ見てるの?」

「すいません!」

「確かに私は胸が大きいから男の人に見られるのはいつもの事よ。笑」「はい・・」

「岩井君からしたら、おばさんの私の胸なんか魅力ないんじゃない?笑」

「そんな事ないです!何度も亜紀子さんで・・」

ヤバイ!オナニーカミングアウトだ・・ドン引きかな??

「え?何度も私で何?」

「ご想像にお任せします・・」

「ウフフ・・笑・・岩井君、私の胸見たい?」

「勿論です!」

「私、34歳よガッカリするかもよ。笑」

「そんな事ないです!」

「私が胸を武器に社長や専務と関係を持ったと噂されてるのは知ってるわ・・もし私が社長の愛人でこの事がバレたら岩井君クビになっちゃうかもよ。」

「構わないです!」

「本当かな?」

亜紀子さんはゆっくりとブラウスを脱ぎました。

95㎝(推定)の巨乳を包んでいる黒いブラジャーが現れました。

私は早くも勃起です。

「ブラジャーは岩井君が外してね。」

私は胸の高鳴りを押さえ亜紀子さんに近ずきブラジャーの肩ひもに手をかけました。

「覚悟出来た?笑。社長は嫉妬深いから私のおっぱいを見た男を許さないよ。笑」

「どんな事になっても亜紀子さんのおっぱいは見る価値はある!」

私はゆっくりと右側のカップを下にずらしていくと、薄い茶色の乳輪の輪郭が見えて来ました!

ああ!亜紀子さんの乳輪だ!

「ああ!こんな色だったんだ!」

「岩井君にバストトップの色を知られちゃった。」

興奮した私は一気にブラを脱がすとプルン!と巨乳がこぼれ落ちて来ました!

乳輪はほんの少し大きめで乳首がツンと自己主張していました。

薄い茶色の乳輪と乳首そしてデカい乳房!凄い!

会社で動く度に揺れるおっぱいはこーなってたんだ!!

「遂に見せちゃった・・社長、怒るだろうな~笑」

私は興奮して亜紀子さんのおっぱいにむしゃぶりつきました。

何度も揉みまくり、乳首をチュパチュパです。

亜紀子さんのストッキングをはいた足にチンコが擦れて、ドクドクと射精してしまいました。

「あら?出ちゃたの?笑 若~い!笑」

亜紀子さんを全裸にしてその後二回戦やりました。

「岩井君、社長の話うそだからね。

私の胸を見たのは会社で岩井君だけだよ。」

「ウソ?」

「ウソ!笑」

「え?社長の話がウソ?

会社の人におっぱいを見せたのは自分だけと言うのがウソ?

どっちですか?」

「さ~どうかな?笑」

あれから一年、亜紀子さんと関係を続けています。笑


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: