fc2ブログ
2023 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2023 03

【熟女体験談】夫に先立たれた未亡人の性感が充分に開発され、女の歓びを味わえるようになった

kage

2022/04/04 (Mon)

同世代の友人達の、「性欲だけはあるんだけれど、もうコンニャクで使い物にならないんだよ~」という嘆きを耳にする。

私は相変わらず、ピン、ピン、に朝立ちするし、週に2,3回の性交では、今でも女体を十分に歓ばせている。

4日前に美郷と愛の交歓をしたが、昨日は朝の役員会に出席した後、香苗さんと三週間振りのデート。

ベージュのしゃれた服装で、にこやかな表情で洗われた彼女。

ホテルのレストランで一緒にランチを食べた後、いざ、スイートルームへ。

「会いたかったわぁ」

「ごめんねぇ、なかなか会えなくて」

優しく抱いて、くちずけ。洋服の上から胸を撫でただけで、身悶えしてしまう。

「ダメェ~、感ずるから~、ダメェ~」

「どうする?先に、お風呂、入る?」

「ええ」

「じゃあ、用意するよ」

バスルームで湯栓を開けて戻ると、香苗は下着姿。エロチックなスタイルについ手が伸びて、背中から軽く愛撫する。

後ろからパンテイを撫でると、もう濡れていた。

「いや~ん」

甘ったるい声で、恥ずかしがる彼女。

湯船の中で後ろから抱いて、乳房、乳首、陰部を、撫でる。乳首も、クリトリスも勃起している。

「ウ、ウ、ウ、ウ~、イイノウ~」

身体を、震わせていた。

次は湯船の縁にしゃがませて、クリトリスの包皮を剥いて、シャワーの噴射。

「ア~、ア~、ア~、イイノウ」

腰をゆすって、快感を貪っている。

お姫様抱っこでベットへ。彼女を開脚させて、クンニ。

ヒク、ヒク、ヒク、と腹筋が波打ち、膣口を収縮させて透明な愛液を、流し出してきた。

身体をばねのようにのけ反らせて、

「ア~、イイ~、イイ~、ダメエ~、イク~、イク!イク!ウ!」

ペニスを入れる前に、一回目のクライマックス。

クリトリスを膣前庭から、舐めてやる。

ヒク、ヒク、と、気持ち良さそう。中指でソフトにGスポットを、触る。

「欲しいわぁ、入れてぇ」

「うん、何が、欲しい?」

「意地悪ねぇ、貴方の000よ」

「なあに、それ、どこに欲しいんだ?」

「ううん、私の大事なトコロよ」

「どこかなあ?」

冗談を、云って、焦らした。

正常位で、攻め込んだ。

「ウングェ、ウ、ウ」

苦しそうに、呻くので、「どうした?」

「いや~ん、だってえ、太いんだもん!」

「止めようか?抜こうか?」

「いや~ん、ダメ~ん、私を、犯してぇ!」

「じゃあ、香苗の身体を、貫くぞ~」

「いいわぁ、嬉しい!」

ソフトな抽送を止めて、一気に子宮めがけてグイッと突っ込んだ。

「ウ、ウ、イイ~、イイ~、当たるわ、素敵!」

グ、グ、グッと、ペニスの根元から亀頭冠に向かって膣筋が収縮を繰り返す。

「あ~、香苗のオマンコの締まり、最高だよ!、気持ち、イイよ~」

「まあ、幹夫さんに、喜んでもらえて、私、嬉しいわぁ」

五浅一深のリズムで、抽送を繰り返す。

香苗はその間、悶えまくり。最後は失神寸前になったところで、グイと抱き締めて、膣の奥深くに思いっきり射精した。

「ア~、私の奥に、熱いのが、ぶつかるのが、わかったわぁ。嬉しいの、素敵~」

二十代の若い女性の様に、はしゃいで歓ぶ。

二回戦は、バックで、結合。香苗の丸いかわいいお尻を、両手で抱えてズッコン。腰を左右に揺らせてヨガル香苗さん。

頃合いをみて、

「さあ、行くよ~」

「いいわぁ、出してぇ~」

ピュ~、ピュ~、ドクドク、ドックと、射精した。

お風呂場で汗を流した後、再び愛撫を始めた。

香苗さんの

「ねえ、もっと欲しい~、入れてぇ、お願い!」

甘い、おねだりにCカップの敏感な乳首を吸ってていた手を放し、オマンコを、探った。

しとどに濡れそぼったオマンコは、すぐにクライマックスを迎える。こうして、連続数回のオルガスムスを味わった香苗さん。私も久しぶりに四回も射精したので、精力はかなり消耗した。

今は、熟女となった香苗さん。

セックスレスの夫に不満があり、その夫にも先立たれて、若くして未亡人となった彼女だが、由梨さんに紹介された私と馴染んだ仲となり、初めは、恐る恐る、私の巨根を迎えていたが、今では濡れに濡れた膣が、ぴったりとペニスを包み込み、身体を痙攣させてクライマックスに達する。

本当の性感が充分に開発されて、女の歓びを味わえるようになった。

結婚した美郷を初め、初体験の女性から処女を含めて、数えるとこれまでに数十人の女性と相まみえている。

未だまだ性の遍歴は続くと思うが、いずれの女性もそれぞれに趣があり、忘れ難い。

男は性力がある限り、射精するのが本能。

だが、それ以上に相手の女性を快楽の頂点に導くのも男冥利であり、これからも決して悲しませたり

無責任な行動は慎まねばならないと思っている。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: