fc2ブログ
2022 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 06

【熟女体験談】ババアと主婦と金持ち男の3人でアブノーマルエッチ

kage

2022/03/21 (Mon)

42歳の主婦です。

駅でナンパされた人と何回か会ったんだけど、その人からの紹介で、エスコートクラブに入ったの。

っていうか売春組織みたいな?相手はお金持ってる人ばっかり。

まゆ的には若くてイケメンがもちろんいいけど、そうも言ってられないんで、誰でもちゃんと相手してます。

お仕事ですからー!最近忙しくて、先週は5人の人と会いました。

午前中に一人、午後に一人、重なった日があって、さすがに疲れた。

場所はビジネスホテルのデイユースが多いよ。

相手はいろいろだけど、このごろ指名してくれるのは、オーケストラノメンバーの人。

ビオラとかチェロとか?なんか弾くやつ。

で、家でも教えてるんだって。

それで、個人指導なので、誘ってくる生徒のオバサンとかいるんだって~~!!

彼は58だけど結構いいオトコ。

空手もやってるから、身体もいいしね。

で、生徒さんのなかでもすごい誘ってくる人がいて、困ってるって。

誘ってくるのはなんと!オドロキ、70近いバアさんなんだけど、いつも楽器を大事そうにもってるので、

「大切にしてますね」

って言ってあげたら、

「先生だと思っていつも抱いてるんです」

って言うんだって!!

それで、どこそこのすし屋が美味しいとか、ご一緒したいとかいろいろ誘ってくるんだって。

もう、ビョーキ?で、カレも面白くなっちゃって、試しにそのバアさんの誘いに一回のってみようと思って、

「じゃあ、そのすし屋に行って見ようかな」

って行ったら、もうすぐ予約いれて、どこそこに何時に待ち合わせってメールがくるんだって!

そして…すし屋に行って、ごちそうさせてくださいってことでタダメシ!そのあと、遊んじゃおうって思って、

「休んでいきます?」

って誘ってみたらね!嬉しそうについてきたワケ!!高齢者だってセックスはするだろうけど、オドロイタ!そしてそして、ババアがついてきたいつもの部屋っていうのはね、まゆとカレがいつも会ってる部屋なわけ!ババア、きょとんとしてた!カレも人が悪いな~~!!

もちろん、まゆには逐一報告入るけどね。

「今すし屋。

茶碗蒸しも追加」

なんて。

で、

「これから部屋に行くね。

ババアも迎えてやってね」

って!まゆは全裸でお出迎え。

ババアは部屋から出ようとしたから、カレが腕つかんで、押し戻した。

で、カレと二人でババアをベッドに押し倒して、服脱がせた。

きゃあきゃあ言ってるババア。

ああ、おもしろーい!自分でついてきたのにー!!

でもね!上下おそろいの下着とか着てるの!何考えてんの!M字で浴衣の紐でしばって床に放置。

その横でまゆとカレはいつもどおり!まずは69から。

で、ベッドを使った後背位で、攻めまくられて、すっごい声だしちゃう!まゆ、フェラも得意だから、いっぱいちゅぱちゅぱしてあげて、カレも声だして、それ見てぼうぜんとしてるババア!

まゆ、

「舐めなさいよ!」

って、ババアの顔の前でアソコを指で広げて、クリ全開。

ちょい腰をつきだして舐めやすくしてあげてるのに、ババアったら顔そむけちゃってやる気ないから髪つかんでムリヤリ!カレが

「ねえ、舐めてあげてよ。

ボクのまゆちゃんなんだよ。」

って、ババアの口をマユのアソコにぴったり合わせてくれた。

そしたら、ババアったら素直に舐めるのよ!

なんでも先生のゆーとーり!ってこと?

「じゃあ交代!」

って、カレと代わってババアにフェラさせようと思ったんだけど、カレが元気ないの~~!

「あれ、どうしたの~」

って言ったら、

「あったりまえじゃん、こんなババアじゃ」

って言うから、

「でもしゃぶってもらうだけでも?気持ちいいかもよ」

「ええっやだよ~」

「いいじゃん、まゆ見たいな~!ババアのフェラ!」

「うーん、まゆちゃんが見たいんならいいよ」

って、ババアに咥えさせたの。

そしたらね、ババアがもう喜んで咥えてるの!こんなババアがM字で縛られてフェラ!ああ、なんて醜いの~~!

「どう、気持ちいい?」

って聞いたら、カレまんざらでもないみたい。

「なんか、いやだよ。

まゆちゃん、おっぱい吸わせて」

って。

で、ババアにフェラさせながら、まゆの乳首をずーっと吸ってたカレ。

もう、ねちゃねちゃでした!ババアはそれきり、誘ってこなくなってめでたしめでたし、というお話でした!もち、カレとまゆはうまくいってまーす!


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: