fc2ブログ
2022 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 06

【熟女体験談】結婚しても女遊びをやめられず不倫セックスを楽しむ男

kage

2022/02/19 (Sat)

結婚15年目だけど女遊びがやめられず、6人の女性と不倫した

俺の年齢は37歳

一晩限りの関係じゃ満足できないから、本当の恋人同士のようになりたいと思いそんな自分を愛してくれる女性と、今まで愛し合ってきた。

いま付き合っているのは、地方公務員・・・いわゆる女おまわりさん(30歳)。

彼女、職業もカタイしルックスも派手じゃない。

最初にHしたときも、ペニスの扱い方もあまり知らないくらいのコだったんだ。

でも、H自体には人一倍興味があるようで俺が教えると、みるみる上達した。

週2回はオナニーしてるようで、電話で一緒にしたこともある。

彼女はくすぐったがりで、首筋や腰周りはおろか身体を触られるのが苦手だから、今までの相手じゃ気持ち良くなれなかったみたい。

「乳首はあまり感じないの」なんて言ってたんだけど、俺が気持ち良くさせたから、夢中になっちゃったらしい。

バックも最初はイヤがってたのに、2回目に「どこから入れて欲しい?」って聞いたら恥ずかしそうに「・・・うしろから」なんておねだりするように。

そんな、好奇心旺盛で全身感じやすい彼女だから、きっとアナルも?と思ってある日ハメながら指でイジってあげたら「ソコはいやっ・・・」なんて言いながらも、愛液がどんどん溢れてくるじゃん。

それからは毎回指でくすぐってあげてた。

最近それもちょっとマンネリになってきたんで、この間バックからハメてるときにコンドームを着けた中指をアナルに挿入してやったんだ。

そしたらもう、ものすごい乱れっぷり!

「あぁ~だめっ・・・いやぁ~!」

彼女の声は明らかに「もっとしてぇ」って聞こえる色っぽさだったんで、俺も肉壁越に自分のペニスを擦るように、彼女を責めたててあげたんだ。

「っはぁ・・・っはぁ・・・」

決して大きな声で喘がないけど、色っぽい吐息を吐く彼女。

「気持ちいいの?」って聞くと

「キモチイイ~!」って素直に言っちゃうんだ。

彼女のオマンコが、俺のをキュゥキュゥ締め付けて飲み込もうと蠢いてるのを見ながら、深いストロークで繰り返し突き刺すと、彼女は背中一面に汗を噴き出させて「イクっ・・だめっ・・もぅ・・・」俺の腰に自分で腰を打ちつけながら可愛く昇天。

その後、正常位で繋がりなおしてしっかり抱き合いながら、愛を確かめ合うように腰を擦りつけ、彼女が3回目の昇天をしたあと俺も思いっきり彼女の胸元に大量の精液を噴出・・・。

彼女は、俺の精液を身体にかけられるのが好きなようで、いつもおねだりするんだ。

「◯◯クンの、いっぱいかけてぇ~」ウットリした表情で、胸の精液を愛でながら亀頭をキレイに舐める彼女・・・。

「こんな淫乱なお巡りさんが◯◯交番にいるって、みんなにバレたら・・・」

俺がイジワルでこう言うと、彼女はイタズラっぽい表情で言った。

「内緒にしてね♪」

そのときに、付き合ってる彼女の事を

書いたんだけどもう少し色々と告白しちゃいます。

かなり淫乱なんだよね

出逢って4回目のデートで、クルマの中でキスしてそのまま最初の合体!

見た目おとなしい感じだし、職業柄カタイのかと思ってたけど結構積極的で、俺のを舐めまくり。

「あんまりしたこと無いから、どうすれば・・・」

・・・なんて言うから色々教え込んだら、すっかり上手になって今では俺をジラすくらい上手になってる。

「キモチイイ?」って聞きながら、俺の様子を観察するのが好きみたい。

初めての夜は、自分から下着を脱いで運転席にいる俺の上に跨ってきたけど「こんな大きいの入らないよ~」って言うんだ。

自分で言うのもなんだけど、俺のは普通サイズ15cm。

そんなに大きいか?とか思いながら、彼女の入り口に当てて入れようとしたけどマジでなかなか入らない。

実は彼女、結構小さめで可愛いオマンコなんだって事、後から判った。

でもオツユはすごく多いから、ゆっくり広げながら奥まで挿入。

「大きい~・・すごく・・・」

ゆっくり掻き回して感じさせてあげたけど、さすがにクルマだししかもゴムが無くて生ハメだから、その日は俺はイカなかった。

別れたあとメールで「今度は最期まで・・・ね♪」って言わせちゃったw

恥かしがりやの彼女は普段ハメる時、ラブホなんかだと「暗くしていい?」なんて言うのに彼女のアパートで昼間からするとき、明るいままなのに大開脚させちゃうw

写メも撮影OK!

撮ったのを見せてやると余計に興奮するみたい。

俺のを舐めてる顔とか、挿入前のヌルヌルになったオマンコとか指で掻き回されて感じてる姿とか・・・色々コレクションしちゃってる。

もちろん制服姿も・・・ね♪

それに彼女、実はオナニストなんだよねw

「自分でするの?」って聞いたら

「時々・・・」なんて恥ずかしそうに告白した。

オモチャは使わないらしいけど、寝る前にもよおすと俺のこと思い出しながら、指でクリをイジってしちゃうんだって。

週に2回くらいのペースでするらしいけど、俺と週イチでハメてるのにどんだけ~!?って感じw

何度か電話で、言葉責めしながらオナさせたこともあった。

ある夜、メールしてたら突然「◯◯クンを思い出したら濡れてきちゃった・・・してもいい?」って聞いてきたからすぐ電話して、いっぱいヤラシイ事を囁いてあげた。

ものの10分で荒い息遣い。

「イッちゃう・・・あ・・ん・・」

「まだダメだよ・・・俺がイイって言うまでガマンするんだよ」ってジラす俺。

「ねえ・・イキたい・・もうイッテもいい?」

3度目くらいにようやく許可してあげた。

「ほら・・・もっとクリの皮剥いて刺激してごらん」

「はぁっ・・・はぁっ・・・イッ・・・ちゃうよ」

「俺でイッテいいよ・・・大きな声出してごらん」

「あ~っ・・・・イッ・・・クゥ~・・」

その姿がすっごく見たくて、次に逢ったとき「目の前でして見せて♪」ってお願いしたら見せてくれた。

恥ずかしがる仕草は可愛いのに、大声でガチイキ絶頂!いつもより感じちゃったんだねw

「大声でイク姿なんて見られたくなかった・・・恥ずかしい・・・」

・・・なんて、後から言ってたけど、実は興奮していたハズ。

彼女のオマンコはいつも清潔で、匂いも殆ど無いしオツユもすごく薄味。

何時間でも舐めていられる。

俺がオマンコ舐めてるとこを見て、興奮してる。

「あぁっ・・・糸引いてるぅ~」

いつもトロトロになっちゃってガマンできなくなっちゃうみたい。

「早く・・・くれないの?」

なんて切なげな瞳で見つめながら懇願するけど俺は先端で入り口をコネ回して、なかなか入れてあげない。

「いじわるぅ~・・・奥まで入れてぇ」

「どうしようかな~?突き挿して欲しいの?」

「・・・ジラさないで・・・ちょうだい」

そこからクリと入り口を亀頭で刺激しまくって、ようやく亀頭だけ入れる。

あ、ちなみに俺はいつも生ハメなんでw

「もっと奥までぇ~」

「でも入り口がキモチイイんでしょ?」

そう言いながら浅い出し入れを、ゆっくり繰り返す俺。

もう彼女の意識は、オマンコに集中してるから超敏感になってきてるところを見計らって、一気に奥まで!

その瞬間に大声出して仰け反った彼女・・・軽くイッたみたい。

もうその後は、ハイペースになった彼女の身体は昇天しまくり。

どこに触れても、嬌声をあげて感じまくり。

俺の肛門にまで彼女のオツユが垂れて、下から突き上げているとシーツに染みが出来てた。

散々イかせて、最期に「どこに出せばいい?」って聞くと。

「胸と顔にかけて~!◯◯クンので汚してぇ!」

射精直前に引き抜き、大量の精液を発射。

それをウットリと見つめて、精液を撫でてから「キレイにしてあげる♪」って言って、俺のを舐めてくれる彼女。

して欲しいって頼んだ訳でもないのに、いつの頃からしてくれるように☆

こんな彼女が勤務してる交番、一度知らんぷりして行ってみようっと。

どんな顔するか楽しみ・・・。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: