fc2ブログ
2022 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2023 01

【熟女体験談】元探偵が小悪魔系の美魔女な妻から浮気調査を頼まれ、流れで寝取ってやった

kage

2021/12/11 (Sat)

大学時代の友人から久し振りに連絡があった。

特に親しくしていた友人じゃなかったので正直何だろうって怪しんだ。

簡単にまとめると「浮気調査やってくれないか」という依頼だった。

数年前まで探偵社で働いていた俺が、辞めた事を知らなかったようだ。

退社して今は普通のサラリーマンだと言って断った。

でも次の日にまた連絡があり、それでもお願いできないかと言われた。

とにかく会って話だけでもとしつこい。

酒でも飲みながら話そうと誘われたので、話だけでも聞いてやる事に。

そして何なら俺が知り合いに紹介しようって思って会う事にした。

指定された店は繁華街から少し外れた小料理屋だった。

友人の名前を告げると奥の個室に案内された。

既に友人と依頼主である人妻が待っていた。

言われなくとも分かる依頼主を見て恐縮しそうになった。

三十路だと思われるその熟女は、ひとことで言えば「可愛らしい」人だった。

でもただ可愛いだけじゃなく、大人の色気も兼ね備えている。

いわゆる小悪魔系の美魔女だった。

こんな美魔女が店にいたら、オヤジどもはせっせと貢ぐんだろうな~。

そう思わずにはいられない魔性のニオイがプンプンする女性だった。

彼女は以前グラビアなどをカジッていたという。

だからなのかと納得の美貌。

そんな彼女なのに旦那が浮気?と変に思った。

既に知り合いであるツテで調べると、旦那に筒抜けになる可能性がある。

そこで旦那が全く関わりのない、そして信用できる人を探していたらしい。

幼少期時代からの幼馴染み繋がりで友人の奥さんに話が回ってきたらしい。

そこで俺が探偵をしていると友人が教えて話が決まったとか。

本当は断るつもり満々だった。

でもこの奥さんを見たら、少しでも親しくなりたいと思うのも男なら当然。

やっぱり美人には弱いんですよね~男って。

カッコつけたくなったりするわけですよ。

だからちょっと話だけでも・・・って事に。

聞けば旦那さんはベンチャーの社長さんでお金も有り余るほど持ってる。

だから愛人ぐらい数人囲っていても不思議じゃない。

でも問題はそんな話じゃないという。

「私の友人と浮気してるようなの」と驚きの話をしてきた。

大学生の頃から親しくしていた、彼女からすると親友だと思っていた友人。

結婚する前もした後も、旦那を交えて親交が続く。

だけどその友人が昨年離婚したらしい。

その直後から妙な噂をチラホラと耳にするようになったとか。

まずは共通の友人からの忠告。

アンタの旦那と2人で歩いてるの見たわよ、というチクリ。

偶然街中で会ったら、それは2人で並んで歩くでしょ。

彼女はそう思って何とも思わなかったらしい。

なんせ親友だと思っていたから。

でもしばらくすると他の友人から決定的なチクリを聞いてしまう。

某外資系ホテルのフロントで2人を目撃したというチクリ。

旦那がキーを受け取り、エレベーターへ向かって歩いて行くと、その後ろから少し間を空けて彼女が付いて行ったという。

そして仲良くエレベーターに。

「今、アンタの旦那どこにいる?」

すぐにラインが彼女に届いたので、彼女は出張中だと答えた。

実際に旦那は神戸へ出張すると彼女に言っていたらしい。

「それウソだよ!今***ホテルにいるから!」

こんな女と一緒だったと聞き、親友じゃないかと思い始めたらしい。

一応旦那にラインを送ると、すぐに電話が来たという。

当然今は神戸のホテルにいると言っていたらしい。

それ以降、彼女は旦那の行動に不信を抱くようになる。

月に数回は出張するので、その度に親友と会っているのかもしれないと。

そこで旦那の出張に合わせて親友を誘ってみた。

するとことごとく「その日は駄目なの」と断られる。

決定的だったのは、約束していた日をドタキャンされた事だった。

数日前に旦那が急遽出張する事になった。

するとそれを告げられる直前に親友からキャンセルのラインが届く。

その夜に旦那から出張の話をされて、もうこれは完全に黒だと思うようになった。

そうは言っても証拠を掴んだわけでもない。

まぁ~話を聞けば簡単そうだった。

2人がホテルに入る姿やエレベーターに乗り込む姿を撮影すればOKっぽい。

ラブホとかではなく、ちゃんとしたホテルを使ってるみたいだし。

エレベーターに一緒に乗るところも撮影できそうだなと判断。

仕事もしている事も考慮してくれるという事なので、引き受ける事にした。

実際に事は簡単だった。

まず突発的な動きをターゲットがしない。

出張するという日にピンポイントで張り込めばOKだから。

でもとりあえずはそれだけじゃなくて、親友の方も事前に調べてみる事にした。

こちらは昔の知り合いを通じてみっちりと調べてみた。

そこで分かった事が幾つかあった。

この「親友モドキ」は離婚も実は本人の浮気が原因だった。

元旦那の知り合いに聞けば皆知っている不倫。

しかも相手は2人もいて、2人を取っ替え引っ替え交互に・・・という女。

でもそれが原因だと周りには言えないので、依頼主達にも秘密にしていた。

したがって離婚後は超貧乏になる。

元旦那が慰謝料を請求してこなかっただけ有り難いって話です。

俺の勝手な予想だけど、恐らくここで依頼主の旦那に目をつけたのかなと思う。

金は有り余るほどある昔から知っている男。

信用もされてるし秘密を共有するには持って来いの存在。

この親友モドキも美人でセレブ感も出まくりな女です。

言い寄られたら多くの男が転がされるレベルの美人です。

女の武器も分かっている。

カーディガン脱いだら胸を強調してる服を着ていたりとかね。

普段は見せないけど・・・的な感じ。

ボディータッチも多くて、顔の距離も超近くなる。

男を攻め落とすポイントを良く知っている女、という印象だった。

そんな女に目を付けられた旦那はイチコロだったのかもしれない。

旦那の知り合い2人に話を聞いたが、女遊びもしない真面目な男という評判。

貧乏な幼少期を過ごしていたが頭脳はズバ抜けていたという。

高校大学とお金のかからない国公立へ進学。

生活費を稼ぐためにバイトを掛け持ちする学生生活だったらしい。

だから女遊びとかとは無縁の生活をしてたという。

その後社会人になり、そして会社を起ち上げる。

キャバクラなどにも行かないし、むしろそういう飲みの席が嫌いな社長。

だから「浮気とか不倫なんてwwww」というのが共通する意見だった。

調べれば調べるほど真面目な旦那さんだった。

だから親友モドキにとったら超簡単で美味しすぎる獲物だったのかもしれない。

そして遂に出張するという日時を知らされた。

夕方過ぎから出張に出掛け、次の日の夜に帰宅するという日程。

こんな日程の出張は浮気に最適。

という事で仕事を早めに切り上げた俺は社長の張り込みをスタート。

全く警戒していない旦那さんは超簡単だった。

まずタクシーで向かった先は銀座。

降りると店の前で親友モドキが既に待っている。

小さく手を降って小走りで寄ってくるモドキ。

それを嬉しそうな顔をして受け入れている旦那さん。

そして腕を組みながらお店の中へ消えていった。

2時間ちょっと後、2人が出てきた。

大通りまで腕を組んで歩く2人は、不倫カップルには全く見えない。

そこでタクシーを拾って六本木の某ホテルへ。

フロントには寄らずに2人はエレベーターに乗った。

2人しか乗っていなかったので、一緒に乗り込まずに階数をチェック。

2人は最上階のバーへ行っていた。

しばらくしてバーへ行き、ボックス席で飲んでいる2人を発見。

周りの目なんて気にする様子もなく、寄り添いながら楽しそうに喋っている。

このホテルに泊まるのかと思っていたが違った。

2人はその後ホテルを出て、恵比寿にあるホテルへと向かった。

フロントを経由してエレベーターにはバラバラで乗り込む2人。

そこに俺ともう一人のお客さんの合計4名が乗り合わせていた。

俺が1番上の上層階を選択した事で一番背後に回り込む事に成功する。

2人が指を絡めているシーンも撮影できたし、2人が降りていく姿も撮れた。

そのまま依頼主に会った。

自宅に招待されたのでそこで念の為に旦那へ電話してもらった。

やはり恵比寿とはかけ離れた地名を言われた。

俺が撮影したムービーを全て見せた。

見ながら何度も溜息を付き、頭を抱えるような仕草をしていた。

ダブルショックでしょうからね。

一通り見せた後、依頼主にもう少し継続してくれと頼まれた。

そして落ち込む奥さんを残して静かに帰宅した。

2度目も簡単だった。

そして3度目も。

もうそろそろイイのでは?と3度目の報告した時に思った。

だけどそれを切り出す前に、依頼主に「飲まない?」と誘われた。

それは旦那さんが出会った時に買ってくれたワイン。

実は数日前、そのワインを飲むタイミングだったらしい。

10年後の今日にお祝いをしようって約束してたって。

それをすっかり忘れていた旦那に失望したという。

だったらもう飲んでやるという事で、一緒に飲まないか?と誘われた。

それはそれは超高級なワインで、飲んだ事がないほど美味しかった。

俺は2杯で止めたが、残りは奥さんが飲んでいた。

調子にのってきた奥さんは常備しているというシャンパンも開けた。

これもまた美味くて楽しい。

オツマミとか言って出してくれた生ハムやソーセージも最高。

気が付けば2人で昔のTVや歌手の話題で盛り上がってた。

シャンパンの後は入手困難で超有名な焼酎や日本酒を飲みまくり。

俺以上に奥さんの方が飲みまくりでしたけどね。

酔った奥さんは不意に「何でだろぉ~」と言ってきた。

だから正直な事を教えたんです。

見た目や性格で言えば奥さんが絶対に勝つ。

だけど女としての武器を上手に使えるのは親友モドキの方。

だから男ってのは簡単に騙されて手の平で転がされるようになる。

恐らくあのモドキは床上手なんだろう、と。

すると奥さんは赤裸々に語ってくれた。

こんな美人なのに、旦那以外の男は1人しか知らないらしい。

2人の男しか知らないし、基本的に恥じらいを捨てきれないという。

だからなのかセックスでイッた事がない。

イッたフリや感じてるフリをする事はあったというが。

セックスに、快楽に、我を忘れてのめり込むなんて経験がない。

だから旦那が他の女に行ってしまったのも分かる気がするという。

でもだからといってどうしたら良いのか分からない。

誰かに相談しようにも、世間体を考えたら絶対に無理。

どうしたら良いのか悩んでいたら、親友だと思っていた子に旦那を寝取られた。

親友にも旦那にも裏切られたショックは耐え切れないほどだったらしい。

夜も眠れず肌もボロボロになり、食べてるのに体重も5kgほど減ったらしい。

もともと痩せてる人の5kgは凄いんですよね。

なのに旦那さんはそんな奥さんの異変には全く気が付かないという。

もうモドキに色ボケしちゃってるようだ。

ぶっちゃけどうするんです?と尋ねた。

まだ子供もいないし、慰謝料貰ってスッキリしようかなぁ~と言う。

でもなんだか悔しい。

このままじゃモドキに旦那を寝取られ、恐らくそのまま再婚するだろう。

なぜ自分一人がこんなにも不幸にならなきゃいけないのか。

考えれば考えるほど悔しさが増してくる。

こんな事言ってる時ですら、あの人はモドキとホテルにいるという現実。

突然奥さんがバシッと立ち上がった。

「ねぇ?抱いてくれない?」

「はい?」

「さっき言ってたじゃない、強引に襲って?」

「いやいやwそれはちょっと・・・w」

「イイじゃな、ね?」

そう言いながら近寄ってきて肩に抱き着いてきた。

でもなんだかぎこちない。

「本気?」

「うん、アタシじゃダメ?」

それには答えずに立ち上がって抱きしめてあげた。

そして頭を軽く撫でてあげると奥さん号泣。

このまま泣いて終わるかなと思った矢先、唐突に奥さんがキスをしてきた。

それが唇を猛烈な力で押し付けてくるキス。

だから痛くて思わず後ろに仰け反ってしまった。

それに謝りまくる奥さん。

これはちょっと可愛過ぎる。

だからここは男を見せるべきだろうと判断した。

涙を流した目で見つめながら謝る奥さんの頬を優しく手で覆い、しばし見つめ合いながらゆっくりと唇を密着させていった。

何度かチュッチュッとキスをした後、ねろぉ~~んとやらしく舌を挿入。

奥さんの舌が絡みついてくると、それを舐め回すように絡めた。

手が俺の背中を弄るし、吐息というか喘ぎ声に近い声が漏れまくり。

ソファーに腰掛け、座位の体勢で奥さんを跨がせて座らせた。

スカートだったから躊躇してたけど、腰掛けてからはキスに没頭。

ウケたのは途中でボソッと「すごい」と呟いた事。

思わず何が?と尋ねたら、恥ずかしそうな顔してた。

奥さんはキスに夢中だった。

さっきまで言っていたように、エッチに消極的だとは思えない。

というかむしろキスに関してだけは超積極的だった。

「キス好き?」不意に尋ねてみると、照れ臭そうな顔をして「うん」と頷く。

だからそのまま10分以上も座位のままキスをして戯れた。

そろそろイイかなと思い、舌を絡ませながら胸を揉んだ。

揉み上げるように揉むと、奥さんキスしながら吐息漏れまくり。

こんな美人がエロいなぁ~とヤル気がわいてくる。

さっき襲って欲しいとか言ってたよな・・・と思い、少し強めに揉みあげた。

すると奥さん、「ふぅんぁぁっ!」みたいな声あげてた。

「こういうのが本当は好きなんだ?」

強めに巨乳を揉み上げると奥さん何度も頷きまくる。

しかも無意識だと思うけど、腰もクネクネと動き始めてた。

両方のオッパイを揉みあげつつも、奥さんに舌をしゃぶらせる。

舌を出したらしゃぶってくるんだから、普通に積極的ですよね。

酒が入ってたせいだろうなと思う。

胸を揉みながらも右手でお尻を揉んだ。

そしてスカートの中に手を入れてパンツの上から揉む。

さらにパンツの中に手を滑り込ませると指先がアナルに触れた。

これに奥さんビクンと大きく体が跳ねた。

そのまま手を奥へと進めていくと、ベチャベチャに濡れた割れ目に到達。

「すごい濡れてるね」と言ったら幼い女の子みたいな表情に変わった。

第一関節まで膣に挿れたり出したりを繰り返しながら舌を絡めあった。

勿論奥さんは完璧に喘ぎまくりだった。

「いつも旦那さんにもこんな声出しちゃうの?」

「出さない、だって・・・」

「してくれないの?」

「うん・・・」

「じゃ~今日はとことん攻めてあげるね」

「うん」

約束したからには攻めて攻めて攻めまくるしかない。

「恥ずかしいとか無しね?言う事聞くように」

そう告げると素直に頷いてくれた。

奥さんを横に座らせ、手マンをしながらキスをした。

足を体に絡めてこようとしたりするぐらいの乱れっぷり。

指を2本にして少し激しい手マンをすると、自ら足を開いて大股開きになってた。

俺の顔を見上げながら美人な顔が歪み、ドスケベな顔に変わっていた。

それを見ながら激しい手マンを継続。

最後にはソファーで足をM字に開きながら絶叫してたw

酒飲んでる時に喋ってた内容は違いすぎて苦笑いだった。

超ノリノリでエロい女じゃん・・・と。

パンツ脱がせたら30代のくせにツルツルのパイパン。

しかも剃り残しがないので、エステとかでちゃんと処理してるっぽい。

そんな微熟女のパイパンマンコにむしゃぶりついた。

クリを剥いて吸ったり舐めたり。

さらには指を挿れてのクンニ手マン攻撃。

俺の頭を掴んで押し付けてくるし、相当気に入ってくれたみたい。

最後は俺の目をガン見しながら「イッてもイイ?イイ?」って。

だから「ダメw」と笑いながら答えると、奥さんも微笑みながら「んもぉー意地悪しないでぇ~~」抱きつかれた。

2回ほど焦らした後にイカせると、少しだが潮までふいて絶頂に達してた。

酔ってるからフェラチオはダメダメ。

しゃぶると頭がフラフラするっていうから、吐かれても嫌なので諦めた。

まぁ~諦め切れずに舐めるだけのフェラを散々させたけども。

だって美人が目の前で跪いてチンコを舐めまくる姿なんて最高でしょ。

今後もしかしたら見れない光景かもしれないし。

最後は疲れたと泣きつかれたので終わりにしてあげた。

でも「今度はもっと頑張る」と奥さん言ってくれたのでヨシとしたw

ゴムなんて持ってきてない。

奥さんも旦那さんとはゴムなんてつけない。

ここまできて挿入はしない?

そんな事は俺以上に奥さんの方が無理だった。

「お願い・・・きて・・」とお願いされた。

だから逆に俺が「きてw」と上に跨る事を要求した。

旦那さん以外のチンコを握りながら自ら挿入していく姿は最高だった。

パンパンに膨らんだ亀頭がツルッと膣に吸い込まれた。

その瞬間、奥さんが「んひぃんっ」みたいな声を上げた。

そしてゆっくりと味わうように腰を落としていく。

半分ほど入った時に俺が腰を引いてカリ首まで引きぬいた。

そして直後にズドン!と腰を動かして奥まで挿入。

仰け反って後ろに倒れそうになる奥さんを抱えて、下からガンガン腰を振った。

初めこそ無言だった奥さんだが、途中からヒィーヒィー叫んでた。

そして勝手に腰をグラインドさせ始めてた。

最高だったのはやっぱりバックかな。

ソファーに後ろ向きで膝立ちさせ、俺た立ったままのスタイルで挿入した。

斜め奥にある棚のガラスに奥さんが喘ぎまくってる顔が映ってる。

「ほら、映ってるよ」

教えてあげると恥ずかしいとか言ってたくせに、結局ガラスをガン見してたw

「後ろから犯される姿を見て興奮するだろ?」

そう言ったら何度も頷きまくり。

アナルまで丸見えの奥さんはケツを突き出してオネダリもしてくれた。

暴発はヤバいと思ったので、問答無用で口内射精に切り替えた。

激しく腰を振りまくって、そろそろだというタイミングで引き抜いた。

直後に奥さんの口にねじ込み、頭を掴んでイラマチオ。

苦しいと呻く奥さんをシカトしてそのまま口内射精。

途中でムセて咳き込み、精子がフローリングに飛び散ったw

どろ~っと口から垂れ流してる姿を見てさらに興奮した。

だからまた口へ挿入し、軽く腰を振って余韻を楽しんだ。

気が付けば2時間以上も奥さんとセックスしてた。

こんなに長くしたのは初めてだと喜んでくれた。

というかこんなにも気持ち良かったセックス自体が初めてだったらしい。

もう旦那の浮気なんてどうでもイイって思えたという。

今まで体感した事のない快楽を味わった奥さん。

一緒にお風呂に入れば体を洗ってくれるし、出たらタオルで拭いてくれる。

完璧にデレデレ状態になってた。

それがまた可愛くて、そのまま2回戦目に突入してしまった。

2ラウンド目は夫婦の寝室です。

俺はさておき奥さんを気持良くさせる為に前戯を頑張った。

その結果、2回絶頂に達してくれた。

最後は軽い痙攣も伴ってた。

「また報告にきますね」

そう言って朝6時過ぎにマンションを出た。

平日だったので俺は仕事です。

ヘロヘロ状態だったが思い出すだけでも興奮してくる。

早く旦那さん出張しないかな~と思うようになった。

でもそれは奥さんの方がもっともっと思ってたみたい。

初セックスから3週間後、やっと出張するという報せが入った。

ちゃんと撮影もして23時過ぎにまたマンションへ。

玄関に入って鍵をしめた途端、奥さんがキスをして抱き着いてきた。

だから慌てて靴を脱いでそのまま寝室へと雪崩れ込んだ。

もう既にシャワーを浴びて待機してた奥さんはイイ匂いがした。

でも俺は朝シャワーを浴びただけ。

なのでシャワーを浴びたいと言ったら、奥さんも一緒に入ってくれた。

そしてやっぱり奥さんが体を優しく手で洗ってくれた。

勿論チンコがカッチカチだったので、手でシゴかれるとヤバかった。

その日もたっぷりと時間をかけて奥さんを気持よくさせた。

前戯を長くしたせいで3時間近くもセックスしてた。

さすがに俺も奥さんもヘロヘロ。

用意してくれていたツマミを食べながらワインを飲んで休憩。

途中でフェラチオしてもらったりしてイチャイチャも楽しんだ。

焦らしながら色々と白状させた。

会えない期間にオナニーをしていた事。

何度も会いたいとメールしようか悩んでいた事。

旦那の事なんてもうどうでも良くて、ただ俺としたいと思っていた事。

こんな美人のくせに・・・と思いながらチンコははち切れんばかりだった。

月に2回は出張と称して親友モドキと不倫する旦那さん。

それを調査してから俺は奥さんの元へと向かう。

旦那さんは帰ってこない、安心しながら時間を気にせずたっぷり楽しめた。

使いたいと白状させたバイブも使うようになり、目の前でオナニー調教もした。

当初からエロいと思っていた奥さんだったが、想像以上のドスケベ女だった。

それを旦那さんは見抜けず、他の女に入れ込んでるんだから可哀想。

半年後には今まで出会ってきた元カノ達よりもドスケベで淫乱な女に成長。

さらに献身的なので、毎回1回は騎乗位で腰を振らせてイカせてもらう。

フェラだって上達しまくりで、当然アナルまで丁寧に舐めてくれる。

それらの奉仕を受けた後は俺がたっぷりとお返しをする。

旦那が浮気に向かう日が待ち遠しくて仕方がなかった。

おかげで当時イイ感じで付き合ってた子とも別れてしまったw

それぐらい俺も奥さんに首ったけ。

こんな人妻との関係は今でも続いてる。

最近はもう少し落ち着いたセックスを楽しんでる。

「アタシが別れたらどうする?」

「俺が独り占めする」

「じゃたっぷり慰謝料もらわなきゃだねw」

「だね、なんせ俺安月給だからw」

こんな会話もするぐらいイイ関係です。

いつかもしかしたらマジでそうなるかもしれません。

なったら多分結婚しちゃうだろうなあ~奥さんと。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: