fc2ブログ
2021 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 01

【熟女体験談】ママ友たちと旅行に行ったら、勝負下着で乱交パーティーになった

kage

2021/11/18 (Thu)

今から、2年前の話になります。

子育ても一段落した頃、ママ友から旅行の誘いがありました。勿論、主人に許可を貰おうと話したら「良いじゃないか、行って来いよ」と一発OKでした。

私40歳、友人:由美子43歳/純子44歳

旅行の打ち合わせを行い、1泊で温泉に行く事に

そんな中、由美子さんが「下着は勝負物よね!」と言い出し、私は思わず「何で!!!」と聞きました。

「女だけの旅行よ!いい男居るかも知れないじゃない!ねぇ」

「そうそう!こんな時じゃないと普段のストレスは発散されないし?」

「私は服装も若く行くわよ」

「何!ミニスカ?」

「そうよ!この間買っちゃった!」

そんな感じで盛り上がり、私も久々に若返っちゃうか?って張り切っていました。

旅行当日

「お~何だお前!随分若い格好だな」

「可笑しいかな?」

「いいよ。凄く若く見えるし…可愛いよ」

そんな夫の言葉にちょっと自信を持ちながら家を後にしたんです。

駅に向かうと由美子さん達が出迎えてくれました。

明らかにみんな若い格好でした。

電車に乗り込み3人向かい合いに座ると、「やだ!美香さんパンティ見えてるよ。ハハハ」

ワンピースを着ていたのですが、丈が短すぎたのか?ズリ上がりちょっと屈むと前からは見えるようでした。

勿論、他の2人も同様だったんですけどね!

そんな3人を乗せ電車は、目的地の温泉地へ到着しました。

温泉地で観光を楽しんでいると、20代の男性3人組みに声を掛けられました。

「お姉さん達、俺たちと遊びに行かない!」

ちょっと若いかな?どうする?コソコソ話をして、「また今度ね」と笑顔で交わし目的地の温泉宿に向かいました。

浴衣に着替え温泉に浸かり、楽しみにしていた夕食を3人で堪能しながら、若い男達にナンパされた話で盛り上がって

いました。

「あれ!お姉さん達も此処だったんですね。ラッキー」

振り向くと、昼間にナンパしてきた若い男達でした。

「この後、一緒に飲みませんか?」

「どうする?今度って言っちゃった後だし…飲む?」

「そうね!いいんじゃない」

年上の言葉に逆らえず、私達の部屋で飲む事になりました。

若い男達は、28歳の独身で学生時代からの友人らしく、たまに一緒に旅行に出かけているとの事でした。

酒も進み、話はエッチな方向へ進み私達の性生活までもが暴露されることに…。

男達は食入る様に聞いていました。

浴衣は羽だけ出し、由美子さんも純子さんも勝負下着が全開でした。

「お~お姉さん、エッチな下着付けて…何期待してたのかな?」

「もっと見て良いですか?」

「ちょっとね!」

そう言うと男達は、由美子さんに浴衣を剥ぎ取り下着姿にしていました。

すると、今度は純子さんまでもが下着姿にされ、「どっちもいいっすね?」って比べられていました。

「じゃ、最後は美香さんだけですよ」そう言って男達が私に群がり、抵抗する間もなく

浴衣を剥ぎ取られました。

「お~大きい!」 3人が私の胸を凝視していると

「そうよ。美香さんFカップだからね」 「触らせてもらったら…ねぇ」

「え~駄目よ」 思わず胸を隠したんですが、場が白けたのを感じ手をそっと取りました。

また、酒が注がれ瞼が重くなり始めた頃、由美子さんの姿が見えなくなりました。

暫くして、トイレに向かうと玄関口で、男のチンポを咥えている由美子さんが居ました。

「あら!見られちゃった…今日の事は忘れましょ!」そう言っておまんこに入れられていました。

トイレから出て部屋に入ると、純子さんも全裸にされ布団の上でバックから突かれ喘いでいました。

どうしよう?と思った瞬間には、私も押し倒され下着を剥ぎ取られ今、おし○こを出したばかりのおまんこを舐められ「汚いよ。駄目」と言っても聞く筈もなく吸い付かれ感じてしまいました。

「デカイオッパイ気持ちいい」胸を揉みくしゃにされながら、私は彼のチンポを受け入れてしまいました。

若い男のSEXは夫にはない激しさに私は今まで感じた事の無い快楽に、激しく逝ってしまいました。

男達は、代わる代わる私達を逝かせまくり記憶がなくなりました。

翌朝、目が覚めると布団の上に全裸で6人が重なるように寝ていました。

ガンガンする頭を抱えながら、記憶を呼び起こし”ハッと”したんです。

一足先に、風呂に向かい体を洗い流すと部屋に戻りましたが、まだ5人はグッスリ寝ていました。

化粧を直していると、後ろから抱きかかえられ全裸にされると、もう一人も気づいて起き

そのまま、男達の部屋に連れ込まれました。

彼の部屋も同じ階で、少し離れていましたが、まだ朝4時半と言うこともあり人気はありませんでした。

部屋に着くと、2人に抱かれあらゆるカッコを携帯で撮影され口とおまんこに同時挿入。

また、興奮と激しい快楽が蘇りどうしようもなくなっていました。

おまんこから溢れるエッチな汁をお尻の穴に塗り彼は指を入れだしました。

初めての体験でした。痛いと言うよりドキドキしたおまんことは違った気持ち良さが伝わり、思わず”アッ”と声を出す位でした。

男は指を2本3本と増やすと、ちょっとづつ広げて行き気づくとチンポを入れられていました。

余りの気持ちよさに、お尻の穴で逝ってしまい、潮まで噴く始末でした。

結局2時間彼らに弄ばれ、解放されたのが6時を過ぎていました。

「もう、部屋に戻っていいよ」と彼らに言われても、私は何も着る物もありませんでした。

それを知っていて彼らは私を廊下に追い出し、部屋の鍵をかけたんです。

誰にも会わない事を祈りつつ、私は自分の部屋を目指しました。

長い長い廊下でした。要約部屋のドアに手を伸ばした瞬間!隣のドアが開き中から、初老の男性が出てきました。

驚いた目線を感じながら、何とか部屋に入りました。

中には、3人がまだグッスリ眠っています。

7時を過ぎ、要約みんな起きると風呂に向かいました。

6人一緒に朝食を食べていると、向かいのテーブルには、先程廊下で会った初老の男性が奥さんと一緒に座って

こっちをチラチラ見るのが分かりました。

ホテルを出て彼らと別れ、電車で現実の世界へ戻る私達でした。

・・・・・・

あの出来事から数か月が過ぎました。

いつもと変わらぬ生活を送っていた頃、一件のメールが私の携帯に届きました。

”会いたいなぁ”そんな題名で、相手は自分のアドレス帳に載っていない人!!!

誰かの悪戯かと思いながらも内容を確認したんです。

随分、久しぶりですね。

覚えているでしょうか?

あれから、平凡な毎日に飽き飽きしていた今日、ふと貴方を思い出し・・・・・。

そんな内容で、きっと間違って来たんだと思いました。

メールには添付資料も貼り付けていたので、一応中身を確認しました。

一枚の写真!それはまさに私でした。

全裸で四つん這い姿で、後ろから挿入され口にも○○コを咥えている淫らな姿でした。

彼らを思い出し、直ぐに返信すると直接電話が掛ってきました。

彼らは、写真をネタに会いたいと言うので、断る事も出来ず会う約束をしてしまいました。

当日、主人を送り出すと、私は駅に向かい3駅離れた場所で降り、約束の公園に向かったのです。

広い公園のトイレのベンチに座り彼らを待つと「こんにちは、久しぶりですね」と聞き覚えのある声が…。

後ろを振り向くと、彼らが立っていました。

「写真返して!」そう言うと

「まぁ久々の出会いなのに酷いなぁ。裸の付き合いした仲じゃないですか?」

「何故私なの?」

「写真撮ったの貴方だけなんですよ!それに一番良かった」

「お願い、主人が居るのよ!もうあれっきりって事でしょ」

「いいじゃないですか?少しだけ俺達と遊んでくれたって…」

そう言われ、無理やり手を引かれトイレの中に連れ込まれると、スカートを捲られ、パンティを下ろすとバックから激しく突かれました。嫌だと思いながらも、彼らの激しい愛撫に感じてしまう私でした。

彼らの精液をたっぷり中に出され、汚れた体のままホテルへ移動し、ベットの上で一日中彼らの相手をさせられました。

若い彼らに疲れは感じられずハァハァ私一人が息を荒らせていたんです。

フラフラ帰えり、自宅に着いた時には夕方4時を過ぎていました。

夕食の準備を済ませ、ソファーに横になっていると、夫が帰宅して来ました。

「どうした?疲れた顔をして?」

「え~何でもないわ!ちょっと疲れが溜まってるのかな?」

そう言いながらも、昼間の彼らとのSEXが頭から離れない私!

夕食を済ませ、風呂に入ると寝室に向かった。

夫が背後から近寄り「今日いいかな?」と言われたが、「ごめん疲れてるから・・・」と断った。

最近、夫とは随分ご無沙汰!と言うより私が拒否している。

彼らの性欲を受け止めるだけで、ヘトヘトだった事もあったが、夫では満足出来ないと言うのが理由です。

ほぼ、毎日彼らから連絡が入り、至る場所で体を弄ばれ私の体は段々変化して行きました。

乳首は立ちっぱなしで、おまんこもジンジンし四六時中濡れているんです。

駄目な事と分かっているのに、彼らからの連絡が待ち遠しくなっていました。

彼らから呼び出され始め、1ヵ月が過ぎた頃でしょうか?

「由美子さん・順子さんとも遣りたくなったなぁ」と男の一人が言いだし

「美香、上手く呼び出し偶然を装って、俺達と合わせろ」

そう言われ、断る事も出来ず、「はい」と答えていた。

翌日、私は由美子さんに連絡を取り駅近くの喫茶店で待ち合わせた。

久々に話をして、店を出ると駅の方へ向かった。

こっそり男達に連絡し、偶然を装った再会が起きた。

「あれ~お姉さん!」 男達はビックリした形相で近寄ってくる。

「あっ君達・・・偶然?」

「本当、久々っす。ここで話すのも何だし・・・何処かで」

「そうね!じゃ順子さん所、旦那出張中だし・・・いい?」

「いいよ。じゃ行こうか?」

そうして、私達は彼らと共に順子邸に向かった。

順子さんの家は庭も広く、まぁ豪邸!子供達も海外留学中だし、旦那さんも出張が多く

家に居る事は殆ど無いんです。

リビングで、コーヒーを飲みながら久々の再開に、会話も盛り上がり気づくと

男達は、由美子さん・順子さんにキスを強要していた。

「駄目よ!あの時だけ・・・」

そんな事お構いなしで、彼らは彼女達に襲い掛かった。

初めは抵抗していた彼女達も、彼らの勢いに諦め全裸にされるとチンポを受け入れていた。

久々の刺激に由美子さんも順子さんも喘ぎ声を出し、部屋中に響き渡った。

「美香、お前も脱げよ!」そう言われ、私も全裸になり彼らのチンポを咥えた。

由美子さんが夢中でチンポを受け入れている時、こっそり携帯で撮影している人もいて

私同様、彼らの玩具にされるんだと思いました。

彼らの性行為も終わり、時間は午後2時を回っていた。

「また、会いましょうね!」

彼らが、そう言って帰って行くのをただ見ている事しか出来なかった。

翌日も私は彼らからの連絡が入り、2駅離れたデパートに呼び出された。

5Fのゲームセンターに向かうと、彼らは私のスカートを捲りパンティを剥ぎ取られ、指でおまんこを刺激し始めた。

彼らと一緒に歩いている時には、パンティは濡れまくり太股を伝って汁が垂れる位だったと思う。

「やっぱ、美香が一番いいよ。由美子もまぁまぁだったけど、胸が小さいし締りが悪い」

「順子は、匂うんだよおまんこ!最悪!!!あいつ等は鑑賞用だな」

「観賞用って…何!」

「まぁ、他の男達用か!もう飽きたしな」

「私も、捨てられるの?」

「お前は、可愛いし締りも良い。毛も薄くって…何より胸が大きい。捨てないよ」

そう言われ、何だか安心もしたが、不安もあった。

他のお客さんが居る中、ゲームセンターのプリクラの中で、3人のチンポを挿入され喘いでしまう私だった。

最後のフィニッシュはお尻の穴の中で受け止めると、栓をされそのままの状態で、店内を歩かされた。

こんな恥ずかしい事をさながら感じている自分に恥じらいも感じたが、それ以上に止められない興奮が湧きあがっていた。

彼らの仕事は、工場勤務で3勤3休と平日も休みが続き、ほぼ毎回私は彼らと一緒に行動し、そして抱かれた。

1ヵ月も過ぎた頃には、すっかり緩々になったおまんこは常に穴が開いていた。勿論、お尻の穴も緩くなり簡単にチンポを受け止める位だった。

そんなある日、私は彼らに連れられ久々に順子さんの家に向かっていた。

玄関のチャイムも鳴らす事無く、入ると2階の寝室に連れて行かれた。

ドアの前に立つと喘ぎ声が響き、声の主が由美子さんと順子さんである事が直ぐに分かった。

中に入ると、目隠しされた2人が全裸で分からない数人の男性のチンポを受け入れている。

私は、これから何をされるのか?不安で一杯だった。

でも、おまんこからは大量の汁が溢れていた。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: