FC2ブログ
2021 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 10

【熟女体験談】真面目な専業主婦の生涯最初で最後の浮気相手は息子の家庭教師

kage

2021/08/08 (Sun)

初めての浮気相手は、21才の大学生

彼は息子の家庭教師でした

私は四十路半ばの専業主婦

学生時代に主人と知り合い初体験の相手は

主人で長いお付き合いの後結婚。

その後は、育児に仕事にと忙しい日々

浮気なんて、主人以外と関係するとは

思ってもいませんでした

そんなある日の夜、彼が家に来ました。

後で気が付きましたが私の家の事は分かっていたのでしょう。

息子の成績も上がってきており彼には感謝しておりました。

「今後のことで少しお話」

と言うので上がって話を聞きました。

「成績が上がってきたのは先生のおかげです。

ありがとうございます」

「それは息子さんが頑張ったからですよ。

もうやめようかと思いまして」

「どうして?卒業はまだでしょ。

後半年で受験だからそれまではお願いします」

「でも、もうできません」

「ほかに行くの?何か不満でもあるの」

彼は何も答えません。

「謝礼が少ない?」

「違います」

「じゃ何、何でも言って

出来る限りのことはしますから」

彼の重い口が開きました

「ここに来るのは今でもとっても楽しみです。

息子さんとも仲良くやってます。

本当に何でも言って良いんですか?」

「お願い、何でも言って」

「お母さん。いや~」

「何?」

「実は、お母さんの事

一人の女性としか見られなくなってしまったのです」

「どういう事なの」

「つまり、あなたが好きになってしまったのです」

「えっ」

「だから言いたく無かったのです」

「そうなの、でもそれと家庭教師は別でしょ、

受験までお願い」

「でも‥」

「息子も成績が上がり喜んでいます

今先生に辞められたら、と考えると」

「でも」

「分かりました」

その後、無事志望校に合格し彼に連絡しました。

半年前のこともあり食事に誘いました。

食事も大方済んだ時、

「一度だけお願いします」

と彼。

「何を」

「ここでは何だからと」

と言うので彼の車に乗りました。

「一度だけって何?」

「お母さんと」

「だから何」

車は走り続けます。

「好きです、一度で良いからあそこに一緒に行きたい」

とホテルを指差しました。

「えっ、えっ」

とのうちにガレージに車は吸い込まれました。

「お願いします」と彼

「私は40歳過ぎたおばさんよ。

そrねい浮気したことないし、

主人以外の男性は知らないの。

でも本当に本当にこれっきりと約束できる?

それから今後はもう会わないと」

「約束します」

部屋に入ってギコチない雰囲気。

彼がお風呂に行き私はもうドキドキでした。

彼がお風呂から上がって来ました。

「あなたもどうぞ」

促されるまま脱衣所に。

彼に見られないように服を、下着を脱ぎ入りました。

タオルを巻いて出てくると彼はアダルトビデオを見ています。

そっと私はベットに潜り込みました。

彼が横に来て「ありがとう」と一言。「うん」

それから私は彼に愛されました。

主人以外の男性自身を見たのも初めて、

主人以外の男性に裸を見せたもの大人になってからは初めて。

彼は優しくしてくれました。

恥ずかしかったけど 女性自身も指や口で愛されました。

逝ってしまった私は何故か少しだけ嬉しかった。

彼の男性自身を口に含みましたが硬くそりたってました。

彼が上になり私の足の間に来ました。

「本当にいいよね」

「私とエッチしたいんでしょ、いいよ入ってきて」

さっき口に含んだものが私の中に来ました

ちょっと痛かったけど受け入れるには

充分過ぎる程濡れていました。

激しい動きに主人とでは味わえない感覚を覚えました。

これっきり、一度きりの情事

と思って私もその時は楽しもうとしてたのかも知れません。

一段と動きが激しくなって来ました。

若いから体力充分なのでしょう。

「生はいいね、気持ちいい」

と彼。

そうなんだ、 避妊具付けていなかった。

と思い出しました。

「逝きそう、どこに出したらいい」

「どこに出したいの?」

「あの~」

「しっかりと言いなさい」

「中」

「そうなの、じゃあ出しなさい。

いっぱい私の中にぶつけていいわよ」

この時はすっかり年上の女性となっていました。

彼は私の中で果てました。

「最後のお願い」

「何」

「あなたの中から出てくるところ見たい」

そう、彼の体液が私の中から出てくるのを見たいというのです。

「恥ずかしいけど」

と言うと彼は私の中から抜き私は足を開きました。

出てきました。

「こんなのビデオしか見たこと無かった。感激」

ととても喜んでいました。

ホテルを出て家の近くで車を降り別れました。

それが本当に彼との別れ、

そして私の恐らく生涯最初で最後の浮気。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: