FC2ブログ
2021 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 08

【熟女体験談】子供の時、ショタコンの痴女熟女にチンコを悪戯された体験談

kage

2021/04/22 (Thu)

子供の時、ショタコンの痴女熟女に

チンコを悪戯されたことがあります。

あれは僕は小学生の時、

スイミングクラブに通っていました。

今でも水泳にはそこそこ自信があります!

バタフライだって今でも出来るし。

そんな俺の特技にもなった

子供の頃通っていたスイミングスクールでは、

高学年の小学生を対象にした

クラブ主催のサマーキャンプである島にいきました。

着いてすぐにみんな競泳水着に着替えて、

上にシャツ1枚となって島の探検?

みたいなのに出かけることになりました。

僕は買ってもらったばかりの競泳水着

(スピードの黒にたくさん模様がはいったやつ)

を穿いていきました。

探検は1時間くらいで、

旅館のすぐそばが海岸だったので、

そこでまた1時間くらい自由に泳いで

いいということだったので

友達とみんなで泳いで楽しみました。

この時は5時くらいで、

6時半までに旅館に戻ればいいということだったので

友達は少しずつ旅館に戻っていきましたが

僕は暫くまわりから離れたところで泳いでいました。

海岸にはまだ一般の客も

50人くらいいました。

僕の周囲には人はいませんでしたが。

素潜りとかしていると、

40代後半くらいの母よりも年上のおばさんが

近づいてきて、僕に話しかけてきました。

「誰と来たの?」

と話しかけてきたババアは

年齢に似合わず派手な黒のビキニ姿

見た目からちょっと変な雰囲気がして、

警戒しながらも、

少し話をしながら一緒に素潜りしていました。

そこは自分の首くらいまでの水深だったので

少し行けば自分の背よりも深い場所でした。

僕が潜るのを見て、おばさんは結構泳げるみたいね、

と言って、潜るところを

もう1ど見せてくれない?と言いました。

とりあえず言われたので

僕が潜ってみせました。

そうしたら、水中に潜ったとき、

誰かが僕のチンコに手で触れてきました。

後を振り返ると、そのおばさんが僕の後にいて

左手で競泳パンツの上から

僕のチンコをさすりはじめました。

水面に顔をだしてからも、

僕の後に密着してきて

競泳パンツの上からあそこをさすられてました。

「君、オナニーは経験済み?」

と聞いてきました。

僕はその時まだ知らなかったので、

返事ができませんでした。

「まだ知らないか。

小学生だよね。

大人になったらすることになるから、

ちょっとだけ」

と言い、僕の水着の左右を掴んで

上に引っ張り上げられ、

ブーメランのようにされてしまいました。

それから競泳水着を掴まれたまま

水着を上下に動かされ、後は食い込まされたり、

前はあれにこすれたり、を2分くらいされました。

「かっこいい競泳水着だねえ、

もっとお尻に食い込ませて穿いたら、

もっといいよ。」

と四十路の熟女は

楽しんでいるようでした。

時々パンツの上からあそこをさわって

何かを確認しているようでしたが

僕は少しずつ変な気持ちになっていきましたそして、

今度は僕の両足の間から手をとおしてきて、

僕のあれをがっちり握ってきて、

指先であそこに触れられてしまった

次の瞬間、激しい快感が僕を襲いました。

あそこの先から何か勢いよく

飛び出すような感じでその場に

立っていられないくらい気持ちよかったです。

「ウフフフ、競泳水着を穿いたまま

イッチャうなんていやらしいね。」

そして

「中はどんな感じなのか、」

と言って僕の競泳パンツの中に

手を入れてきました。

恥ずかしいから、止めてって言うと、

「こんなエッチな子はおしおきしなきゃね」

と言い、僕のパンツを脱がしてきました。

脱がされる時、一度上に引っ張りあげられて

ブーメランみたいに食い込まされてから、

少しずつ脱がされてしまいました。

体にはりついていたのですが、

一気に下までおろされてしまい、

その時は本当は恥ずかしいはずが、

なんかおろされた瞬間気持ちのいい、

快感みたいなのを感じてしまいました。

水中で脱がせた僕の競泳パンツを

両手で広げて

「男の子の競泳パンツって、

なんか私のビキニみたいね」

って、喜んでいました。

競泳パンツを広げて、

最近の小学生ってこんなの穿いてるのだ、

なんかHだねえ。

結構これ小さいけど、

よくこれであそこを隠せるねえ。

と言いながら、パンツの中をのぞいたり、

股のあたりを確かめたりしていました。

そして、ババアは水中に顔を入れて

「あれ?まだ出ないのか?

そうかはじめてだもんね。」

って驚いていました。

それから今度は直接あれを握られて、

激しくさすられて、イカされてしまい。

そして気づけば空も暗くなってきたので、

このショタおばさんから逃げるように

海から出て皆のもとに帰りました。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: