FC2ブログ
2021 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 04

【熟女体験談】お得意さんの葬儀にパートのおばちゃんを部長夫人ということにして参加し、羽目を外しすぎてカーセックス

kage

2021/01/26 (Tue)

連休を利用して、営業部の慰安会が催された時に、皮肉な事に、その出発間際に、お得意様の訃報が飛込んで来たことから始まります・・・

ちなみに、我社のお得意様番付から見ると、横綱三役クラスのM社なのです。

で、早速部長が顔を出さなければなりません。

万一それが不可能な場合でも、部長代理同等の方を派遣しなくてはなりません。

しかし、どの課長も逃げ腰です。

すでに、麻雀メンバーに組込まれたり、ゴルフのニギリが成立しているらしいからです。

ルンルン気分の時に、通夜弔問の我が廻ってくれば、誰だって逃げたくなるでしょう。

課長連中は自衛の為に

「ここはやはり、部長が出席されないと、格好つきませんなぁ・・」

と、しきりに部長職の重大さをたたえています。

思案に余った部長は、とうとう私を呼び付けました。

係長・課長の順序を飛び越えて直接にですから・・余程困ってたのでしょう。

私の返事は決まっていました。

「主任の私で、お茶を濁したりしたら、今後の取引に支障をきたす事は、火を見るよりあきらかです」

と、私は懸命にむづかしい言葉を並べます。

半ベソかいた部長は、

「何とかならんか。・・私の名刺を、そっと置いてくれば、良いんだから・・」

と助け舟を求めます。

私は言いました。

「葬儀会場は混雑していますから、受付の人は誤魔化せるでしょうが、同業他社の目は、ごまかせません。

顔を知られてますから、直ぐバレます。後日、我社の足を引張る材料に、必ず利用されます」

「業界の生存競争の激しさは、部長が一番御存知でしょう・・」

と、柄にも無く訓示しますが、・・すこぶる良い気持ちです。

そこ迄おい詰めて置いてから、私は秘策をちらつかせました。

「部長夫人を、部長代理として列席させれば、名分は立つと思いますよ」

「そ・・そんな事言っても、私は目下、独身だよ」

部長夫人は、ツアーでヨーロッパ旅行に行ってるのです。

この慰安会で羽根を伸す為に、部長の仕組んだ企みだったのです。

それを知ってて、この案を持出す私は、本当に意地の悪い奴かも知れません。

「じゃ、替え玉を立てれば良いのです」

「替え玉って・・君、急にそんな人を、探せるのか・・?」

「ヒッタリの人が居ます」

「誰だね、それは・・?」

「パートの近藤君子さんです。・・あまり若い人では変に思われます。

その点、近藤さんは年恰好と言い、それなりの容貌と言い、部長婦人として最適と思います」

と断言して、すすめます。

その上、パートの身分、今日の慰安会に参加してませんので、体は空いていますと付け加えます。

「承知してくれるかね?」

「時給次第だと思います」

「どれ位が良いのかね、え」

「今後の事もありますから・・あまり高額でも悪い例になるし・・しかし、出張手当コミで、倍額ぐらいなら、妥当と思います」

「で・・頼むとして、一人で大丈夫かね」

「立場上、私が同行します」

「じゃ君、慰安会は諦めるのかね?」

「会社の為です、止む得ません。奉職してる以上、会社に尽くすのは当然で・・」

皮肉を込めて返答しましたが、いい気持ちでした。

出張手当、交際費の流用に手続きを部長に取って貰い、その上、部長の機密費をプラス・アルファーして頂き、ずっしり重い金額を手にしました。

勿論、香典も・・君子さんとは、簡単に話がつきました。

彼女が以前から私に好意を持っているのを、知っていたからです。

雑用係として使われているので、社員連中は、

「掃除のおばさん」

程度にしか、彼女の事を評価してない様でしたが、私は、その粗末な作業衣の下に隠されている女体に興味があったのです。

下心を持って、人目に触れない所では、彼女に親切を尽くしていたのです。

彼女も、それが分っていて、お互いにチャンスを伺っていたのです。

彼女は老けて見られてましたが、未だ33才なのです。

離婚して農業をしている両親の元へ帰り、弟夫婦と同居していたのです。

弟夫婦の甘い新婚生活を見せ付けられて、相当飢えていたのを知っていました。

ですから

「社令で、お通夜と葬儀の二日間、出勤して貰います」

と電話しますと

「主任さんも、一諸ですか?」

と、それはそれは嬉しそうな声を、はずませていました。

正午過ぎ、手配した観光バスに乗って、慰安会組は出発しました。

私一人が見送ります。

皆は、気の毒そうな顔をして、私に手を振っています。

私は懐に、数万円の手当を入れて、ホクホクの笑顔を押し殺して応えます。

バスの影が見えなくなると、すぐ君子宅に電話をして、三時間後に出迎えに行くと告げました。

定刻に行くと、彼女は村道の角まで出て、待っていてくれました。

助手席に乗せて、奈良と京都の県境へと出ます。

ちょっとしたドライブ気分です。

隠者屋敷の面影残す村へと着きました。

M社会長宅は、すぐ分りました。

弔問客が多いので直ぐに分かりましたが、駐車場不足でした。

誘導されて、鎮守の森の隅の方へ駐車します。

彼女は、教え込んだ通りの態度で部長夫人を演じ、受付へと名刺を差し出します。

その堂々たる仕草に、安心するより先に、感心してしまいました。

通夜の読経が、参列者の便利を考えて、午后5時と、午后8時の二回に分れて、行なわれる事になりました。

勿論、遠征組の我々は、午後5時の組に参列しました。

小一時間で終り、後は恒例の御馳走となりました。

私は運転手役を口実にして、葬儀酒は断りました。

その替りに、彼女が義理杯を受けてくれます。

その飲みっぷりは、落ち着いていて見事です。

しかし、感心してるのは私だけでなく、他社の参列者もそうであろうと思うと・・

「こりゃヤバイ、こんな目立ち方をしてはまずい」

と危惧の念を抱きました。

その事を彼女に耳打ちすると、彼女も直ぐ理解してくれましたが、それよりも、トロンとした目付きを私の方に流し

「主任さん、私苦しいの・・酔が廻ったらしくって・・」

小声で訴えてきますが、私はまずいなあと瞬時に思い。

・・やにわに一人芝居をする事を心に決め

「奥様、気分が悪いんじやありませんか。失礼して外へでましょ。冷たい風に当れば、良くなるのでは・・」

君子さんに聞えるより、周囲の人に聞こえる様に言います。

左右の客に黙礼し、彼女を介添して立上がります。

勘の良い彼女は、気分の悪そうな芝居をして、共に立ってくれました。

鎮守の森の方へ行きました。

失礼してもう帰っても良いなぁ・・と思いました。

日は暮れて暗いのですが、隅の方に駐車してありますので、存在は直ぐわかりました。

ドアの所へ来ると、急に彼女は座り込んで吐く姿勢をします。

「大丈夫ですか・・?」

芝居と思ってたのに、どうやら本当の様でした。

慌てて彼女の背中を撫でます。

丁寧に・・優しく・・何回も。

一度吐き、吐く物は何も無くなりやがて治りました。

「大丈夫ですか。座席シートで横になったら・・いくらか楽になるのでは・・」

周囲は闇。

酒の香を含んだ妙齢の婦人を抱えていると、つい優しい言葉が続き、妙なムードをもよおしてきます。

彼女も同じ思いらしく、足元をもつれさせて、私によりかかって来ました。

「危ない・・倒れるよ・・」

と言いざま強く抱くと、彼女も

「怖い・・」

と言って、私の首っ玉に抱きついてきました。

後はもう時の勢い・・口唇を重ねます。

一旦口火を切ると、むさぼり合う様に吸い合いしがみ合います。

差し入れる舌を絡め合いました。

手は自然に、彼女の胸の膨らみを操みます。

お返しとばかりに、彼女は股を摺り付けて来ました。

もう、此処で何もしなかったら、女盛りの婦人に恥をかかす事になる・・

そんな勝手な理屈を想い、スカートの裾をたくし上げると、私はいきなり、彼女の股間へ手を這わしました。

当然彼女の下着は、パンストとパンティのださい姿だと思っていたのに・・ガードルとショーツなのです。

最初から私を誘う気だったのか・・欲情の域が私の中にメラメラと湧き上ります。

すかさず二本の指を束ねておまんこに差し込むと、ズポリと収まりました。

指先曲げて、サネ裏を掻き上げる様にこねます。

・・クネクネと数回。

「はぁーん・・・」

嘆声でヨガリを表現しますが、同時に膣をギュウと締め上げてきました。

おまんこがヨガっている。

飢えた熟女の穴が、アレを求めている。

・・そう思うと私もたまらず、彼女の片方の大腿を持ち上げ硬くなった物を押し付けました。

「はぁーん・・凄く硬い・・入れて欲しくなるゥ・・」

酔って足元もフラフラで、私が抱いて支えてないと、今にも崩れ落ちると思っていたのに、今はシャンと立っています。

酔った態度は、やはり芝居だったのかと思うと、今の様に

「欲しくなった」

「入れて欲しい」

と、直接語を恥じらい無く、大胆に発言します。

酔った風情と、そうで無い態度を見事に使い分けているのです。

二本指に加えて、もう一本、親指の腹でGスポットを押したりすると・・この三本指技に、彼女は激しく腰使いして応えてきます。

「アッ・アッ主任さん・・うち、もう・・どないかなるわァ・・」

「こりや、倒れそうだぁ」

そう思った私は、そのまま二歩前進して、彼女を後部扉にもたれさせました。

私は、割れ目の回りを一層激しく、強く愛撫して同時に彼女に

「ペニス握って、欲しい・・」

とねだります。

彼女の指先が素早く動いて、ジッパー開いて硬棒を引出し優しく握ってくれました。

久しぶりの青姦に、興奮しきっている私。

その上こんなリズム感のあるシコシコ・・スカートを大きく捲り上げ、ショーツを横へ寄せると、モロに顔出した割目へブスッと突き入れました。

ベチョベチョに濡れて、押し込みを待っていたおまんこは、瞬時にして根元まで咥えてくれました。

「アッ入ったァ・・主任さんと一緒の体になったァ・・」

「どうだ・・いいのか?」

「嬉しい、・・前から、主任さんと、こうなりたかったの」

立マン好きの私で、腰使いに自信持ってる私ですが、彼女の受け方にかなりの馴れを見ました。

何処で訓練したのか・・別れた亭主と練習したのか・・それとも、他の男のペニスで習得したのか?

・・・そう思うと、嫉妬心がメラメラと燃え上がり、ますます硬くなります。

「いい・・いぃ、主任さん、大好き・・」

「どうだ、これでどうだ・・いいか・・気持いいか」

「いいのわ、君子幸せ・・アッアッ、奥へ来てるわ・・」

「イキそうになってるでしょ?・・主任さんの道具、硬いわァ・・。一緒にぃ一緒にぃ・・」

強烈なアクメが来て、子宮の奥へ射精しました。

終ると急に心配になってきました。

「誰かに見られたんじや無いか?」

と、少し臆病風が吹いてきます。

その辺の公園なら、例え見られてもさほど恥しく感じないのですが、今日は違います。

周囲全て、何等かの関係ある人ばかりだからです。

翌日、葬儀参列の為、再びキミ子を出迎えに行きます。

出て来た彼女を見て、本当にビックリしました。

その喪服姿の艶やかな姿に・・。

喪服姿は、女性を美しく見せるとは知っていますが、彼女の場合はそれが余りにも鮮やかすぎでした。

葬儀の済んだ後で、精進落し後にその艶姿を抱かせてくれるのかと思うと・・昨日の今日ですので勃起して仕方ありません。

運転がやり辛くて困りました。

予定通りに式が終り、早々に挨拶して帰途につきました。

そして来る時に目星を付けておいたモーテルの方へ、ハンドルを切ります。

部屋に入ると同時に、激しく抱き合い口唇合わせ、そのままベッドへ倒れ込みました。

「チョット待ってえ・・今すぐ着物脱ぎますから。今日は裸でしたいの?」

「裸は、後でするから・・先づ一発・・この喪服姿で・・」

「まぁ・・これ着たままで・・?。男の入って、どうして喪服姿の女を抱きたがるのかしら。どの人も・・皆」

・・と言う事は、喪服でSEXした経験が、複数人あるという事です。

カーッと興奮してペニスは完全勃起です。

「まあ、もう立てて・・」

「早く、そのままの姿で・・」

「まぁ~しょうがないわねぇ・・ウフ」

黒い着物に白い腰巻き・・その中の餅肌。

太腿の分岐点に魅惑の割れ目。

亀先でサネ回りをぐるぐる回しました。

ピチャ、ヒチャとヤラシい淫音、熱い痺れが亀先を貫きます。

「アッ、いいわ・・・早やく、早やく舐めてほしいわ・・」

「・・・・」

「ね、え、ねぇ・・じらさないで・・」

甘い声でオネダリされ我慢できずにズボッと合体しました。

「アッ入ったわ。・・たまらない・・主任さん抱いて・・強く抱いてぇ」

紅茶色の勃起した逞しい物が割れ目を分けて、頼もしく一気に挿入しました。

「主任さんの・・・長いし、太いわ」

「別れた亭主より太いかァ?」

「ずっと太いわ・・・前のダンナとなんて比べものにならない・・・それなのに威張ってばかりで・・・私を、泣かせてばかりいたの」

「泣かせるって・・嬉し泣きか?」

「・・・嬉し泣きだったら、私、別れません・・・」

顔がだんだん真剣味を帯び、興奮にゆがんで来ます。

「そんな不幸な事は、俺の物で全部忘れさせたげるからな」

「本当?・・嬉しい・・捨てないでね。もっと奥突いて、全部忘れさせて」

「どうだ・・奥届いてるだろ・・気持いいかい・・どんな具合だ・・・」

「アッアッ・・もう溶けそう・・アッアッ・・もう死にそう」

程なく、イクイクを連発してアクメに達しました。

約束通り、二発目からは素裸でやりました。

私は耐えに耐えて射精を我慢して、結局二発出しましたが、彼女は何発イカせたでしょうか・・。

日が暮れて、空腹に気付くまで、やりまくってました。

モーテル出てからも、車の通ってない淋しい所へ来ると、停車してキスしたり、舐め合ったりしました。

′別れ際に、部長から預っていた時給と手当をタップリ渡すと

「こんなに頂けるの?・・このお金で、二人だけの慰安会に行きましょ。私の為に今度の旅行欠席してくれたんだから・・・私に償いさせて頂戴ね」

私は嬉しくなり、助手席の彼女を、もう一度真心込めて抱きました。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: