FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

【熟女体験談】ストレスが爆発し、義母を脅してレイプした婿養子

kage

2020/11/20 (Fri)

世間では気楽にみえるようだが、ムコ養子というのはかなりストレスが溜まるものだ。

へらへらしているようで始終気を遣っているし、言いたいことも言えずに我慢することの方が多いのである。

特に我が家は日本中から見られているし、日本で一番明るい一家だと思われている。

俺が怒りにまかせて妻を怒鳴ったり叩いたりしたら大変なことになるのだ。

そんなキャラクターじゃないぞ!と。

だが俺だって、本気で妻に頭にくることもある。

最近では多少丸くなったが、あの番組に出演し始めた初期の頃には、妻は勝夫や若芽よりも奔放で、あちこちで騒ぎを起こしては俺をイラつかせた。

だが、妻を叱るのはいつも義父の並平さんか義母の舟さんと決まっていた。

キャラクターではないということで俺は、本気で怒っても怒らせてはもらえなかったのだ。

だからあの頃は毎週毎週頭にきていた。

でも怒鳴ったり叩いたりできないからストレスばかり積み重なっていった。

だが俺だって人間だ。

溜まりに溜まったストレスが爆発するときだってある。

ただ、それを妻にぶつけることができない。

何しろ俺はそういうキャラクターではないのだから・・・。

それに余談だが、俺達夫婦は健全なイメージを保つために、一人息子の鱈ができてからは、セックスを禁じられていた。

もう何十年も。

これは本当のことだ。

たぶんスポンサーの糖司馬が言い出したことなのだろう。

俺は、本当はセックスしたくていつでもムラムラしていたのだ。

だから俺のストレスの発散方法は、レイプという卑劣な行為しかなかった。

だってそれ以外に、あの健全な家族の中でセックスする方法なんてないじゃないか。

さて、ここまで読んだ方は、ではいったい俺は誰を標的にしたのだろうと思ったはずだ。

レイプということになるとあの奥さんでは抵抗が激しそうだし、舟さんはもうかなりの年だ。

とすれば親戚の乗介の妻、多恵子だろうと思うだろう。

(多恵子なら妻より色っぽいし今からでもいいかもしれない)だが、俺が標的にしたのは多恵子ではなく舟さんだった。

驚いただろうが本当のことだ。

俺は決行の前に、舟さんは本当は何歳なんだろうとウィキペディアで調べてみた。

そうしたら舟さんは、あの番組の中では52才という設定になっていたのだ。

52才だったら全然おばあさんじゃない。

熟女そのものだ。

体の線は多少崩れているだろうが、おっぱいはまだ十分張りが残っているだろうし、おまんこだって十分使えるはずだ。

いや、使い込んだぶん、妻や多恵子よりも感度がいいかもしれない。

俺はストレスと性欲を一気に解消するために早速行動を起こした。

が、日本中から見られているから日曜日の夕方にはできない。

番組の出演が終わった次の日、つまり月曜日に決行した。

もちろん舟さんと二人きりになるように段取りもした。

(その辺はどうでもいいので省略する)で俺は、いったん並平さんと一緒に家を出たあと、大事な書類を忘れたということで家に帰ってきた。

すでに妻も鱈も出かけていて、家の中には舟さん以外だれもいない。

舟さんは台所で食器を洗っていた。

「あら増夫さん、忘れ物ですか?」と、舟さんはあの声優独特の声で言い、笑いかけてくれた。

今まではおばあさんだと思っていたのに、52才だと知ってからは、

あの割烹着の下にどんな熟れた肉体が隠されているのかと、そればかり考えていた俺は、その顔を見ただけで勃起してしまった。

「ほんとに、ボクってそそっかしいですよねぇ、ははは」例のヘラヘラ笑いを浮かべながら、俺は舟さんの背後に立った。

舟さんはこれっぽっちも不審には思わない。

それはそうだ。

いつも「いやあ勝夫君にはまいったなあ。ははははっ」なんて笑うところで番組は終わるのだ。

それ以上のことは(子供に見せてはいけないことは)決して、間違っても、絶対に、起こらないのがこの家のきまりなのだ。

だから舟さんは俺を信用しきり、まったくの無防備だった。

ひひひっ。

俺は舟さんの後姿を舐めるように見下ろした。

よく見るとお尻は割烹着の下から大きく盛り上がっている。

テレビではわざと盛り上がらないように描いているらしいが、本当はムチムチのお尻だったのだ。

52才の豊満な尻に俺の肉棒はビビビと反応した。

俺の体は緊張で少し震えていたが、思い切って手を伸ばした。

シンクの上にある包丁を掴んだのだ。

この家にはなぜか昔ながらの菜切り包丁しかない。

だから俺は包丁の刃を舟さんの首に垂直に押し当てた。

舟さんはギョッ、として動きを止めた。

「な、何です増夫さん、どうしたんです?」

「お義母さん、抵抗しないで下さい、今から俺の命令を聞いて下さい!」

「まあ、何を言い始めるの増夫さん。冗談でも度がすぎますよ」舟さんは驚いてはいたが、まだ落ちついていた。

俺が本気だということに気づいていないのだ。

まあ、無理もないが・・・。

「冗談でこんなこと・・・」俺はそこで言葉を切り、「できるわけねえだろう!!」と怒鳴りながら、舟さんの頬を思い切り平手で殴った。

どうだい、増夫さんだってこのくらいはできるんだぜ。

驚きに目を見開いた舟さんが引きつった声を絞りだした。

「ま、増夫さん、ど、どうしたんです、き、気は確か?」舟さんの唇はブルブルと震えていた。

何十年も一緒にいるが、こんな怯えた舟さんを見るのは初めてだった。

俺はゾクゾクした。

「うるせえんだよババア、黙って俺の言うことを聞け!!」俺はもう一発頬を叩いてやった。

「ひいーっ」と、今度こそ舟さんは真っ青になってしまった。

俺に叩かれたこともあるだろが、ババアと言われたのはもっとショックだったのだろう。

(ひひひっ、一度は言ってみたかったんだ)かわいそうに、舟さんの頬は赤く腫れ上がっていた。

「どうだ、俺が本気だってことはわかったろう、大人しく言うことを聞けよ」

「い、言うことを聞きますわ、だから殴らないで・・・増夫さん」

(こんなときでも何か上品なんだよな、舟さんて・・・)

そう思いながら、「よし、じゃあまず、その割烹着を脱げ。

脱いで素っ裸になれ」と俺は命令した。

またもやゾクゾクと興奮が込み上げてきた。

「わかったわ増夫さん、だからもう、包丁を下ろして・・・」舟さんは観念したらしい。

俺がかざしていた包丁を下ろすと、きゅっと唇を噛みながら割烹着を脱ぎだした。

昭和の女のいいところを凝縮したような、良き妻、よき母の舟さんが裸になっていく。

堪らない興奮だった。

舟さんは本当に古風な女だった。

割烹着を脱ぎ、その下の和服と襦袢を脱ぎ落とすと、そこでもうすっぱだかになった。

なんとパンティははいていなかったのだ。

そして、あの番組からは想像もできないような舟さんの裸が、俺の目の前に現れた。

舟さんはかなりの巨乳だったのだ。

それに割烹着の上から見たとおり、尻も豊満だった。

それに、肌は抜けるように白い。

なんだ、アニメーターの奴らが描いているとぜんぜん違うじゃないか、と思った。

同時に嬉しくなった。

観念したとはいえ、舟さんは恥ずかしそうに胸や下腹部を手で隠していた。

「その手をどけるんだお義母さん!!」

「ああ・・・増夫さん・・・」舟さんは目を閉じ、決心するように深呼吸してから両手をだらりと下におろした。

「うひひ、お義母さん、本当はいい体してたんですね」言いながら、俺は舟さんの体をゆっくりと見つめまわした。

舟さんの体は、はっきりいって年相応にたるんでいる。

下腹部も皮がたるんで皺ができていた。

だが、乳房も尻も豊満だった。

乳房も、付け根のあたりに皺が入っているし、下に垂れているが、垂れてはいても、まだ張りは残っていた。

尻もやはり垂れているが、むっちり感はまだ残っていた。

多少たるんではいるが、肉感的魅力はまだ失っていないのだ。

それは、ゾクゾクするような熟女の肉体だった。

まず俺は垂れてはいるがまだ豊満な膨らみの乳房を一つ、すくい取って揉みあげた。

「う・・・くぅ」舟さんが顔をゆがめて呻くのを聞きながら、牛の乳を搾るようにグイグイ揉みあげた。

やはり素晴らしい揉み心地だ。

垂れているのに、弾力はちゃんと残っている。

揉み込むとググッと押し返してくる。

もう片方の乳房も握りしめ、俺は飽くことなく乳房を揉み続けた。

抜けるように白くて静脈を浮かせた乳房が、赤く腫れ上がるまで・・・。

つぎに俺はベルトを外し、スーツのズボンを脱ぎ捨てた。

ギンギンに勃起した肉棒が舟さんに向かって突き立った。

あっと声を上げて後ずさった舟さんに俺は言った。

「お義母さん、これをしゃぶるんだ。さあ!」肉棒を握りしめながら、俺は一歩前に出た。

「ま、増夫さん、許して・・・そ、そんなこと・・・したことがありません・・・」

「じゃあ俺が教えてやる。そこにひざまずくんだ!」

「ああ、増夫さん・・・」舟さんは心底おびえきっていた。

無理もない。

我が家が世に登場したのは戦後すぐだが、舟さんはその時すでに52才だった。

そのまま今でも52才だが・・・つまり戦前の道徳の中で生きてきた舟さんにとって、夫以外の男の肉棒をしゃぶるなんて、絶対に許されないことなのだ。

いや、俺に乳房を揉まれたことだけでも、舟さんにとっては死ぬほどの羞恥だったろう。

(ちなみに俺は当時から32才のままである)「とっととひざまずけ!」俺はまだ手に持っていた包丁を舟さんの前にかざしてみせた。

「ああ・・・」舟さんは今にも鳴きそうな顔で俺の前にひざまずいた。

「さあ!」俺は腰を突きだした。

舟さんは唇を開き(あんがいしっとりとした唇だ)、思い切ったようにぱくりと肉棒を口にくわえた。

俺はゾクゾクーッと、身震いするような快感を覚えた。

あの良妻賢母の舟さんがすっぱだかでひざまずき、俺の肉棒を口にくわえているのだ。

絶対にあってはならないことが今、現実に起こっているのだ。

しかも、舟さんがどれほどの背徳感と罪悪感を覚えているか、それを想像すると俺は余計に興奮した。

舟さんはもう生きた心地もしていないだろう。

フェラが初めての舟さんに、俺は実地指導を始めた。

「唇で締めつけるようにしろ」

「先端に舌を絡ませるんだ」

「もっと奥まで呑み込むんだ」

「カリ首のところは強く締めつけるんだ」などといちいち指図してやった。

舟さんは飲み込みが早く、しばらく続けているうちにソープ嬢と同じくらいうまくなった。

舟さんが俺のものを必死にしゃぶっている。

真っ赤な顔で、額に汗を浮かべながら、しっとりとした唇をすぼめて肉棒を出し入れしている。

舟さんの唇が、舌が、唾液にまみれた口腔粘膜が、俺の肉棒を心地よく締めつけ、なおかつねっとりと絡みついてくる。

何とも気持がいい。

あの良妻賢母の顔のままの舟さんが、こんな嫌らしいことをしているのが堪らなかった。

やがてググーッ、と射精感が込み上げてきた。

俺は舟さんの頭を両手で押さえて引き寄せた。

「むぐうっ・・・」舟さんが呻く。

先端が舟さんの喉奥にドンと当たった。

そのままグイグイ押しつけた。

「うっ、ぐっ、かは・・・」舟さんの苦しそうな呻き声を聞きながら、俺は頂点に達した。

ツーンと痺れるような快感とともに大量の精子がドバッと噴出し、舟さんの喉奥に注ぎ込まれた。

舟さんは、「ぐ、えっ・・・」断末魔のような呻きをもらしながら、体をヒクヒクと痙攣させていた。

俺が肉棒を引き抜くと、舟さんはゲホゲホと咳をし、同時に精液が口からしたたり落ちた。

よだれのように糸をひきながら、顎から喉につたい落ちていく。

(これは舟さんのキャラクターからして、絶対にありえない光景なんだ)そう思うとまたもゾクゾクした。

俺の肉棒はますますいきり立っていた。

なにしろ糖司馬のせいで何十年もセックスしていないのだ。

一度射精したくらいではとてもおさまるものではない。

そう、これからが本番なのだ。

俺は即座に命令した。

「お義母さん、四つん這いになってケツを突きだしてください」

「えっ・・・・」

「聞こえないんですか、そこに四つん這いになるんですよ!」と、俺は床を指さした。

舟さんは悲鳴を上げた。

自分からは動けそうになかった。

面倒くさいので俺は、髪の毛をわし掴んで引き倒し、無理矢理に床に這わせてやった。

「ああっ・・・なっ、なんて格好をさせるんですよぅ・・・」舟さんの目に涙が光っていた。

でもかまわずに言ってやった。

「さあ、もっとケツを高く上げるんだ、オマンコもケツの穴も全部見えるようにしろい!」

「ああっ・・・」舟さんは泣きながら尻を突きだした。

垂れているがもともとむっちりした白い尻は、高く掲げられたことでキュッと引き締まり、重量感をいやました。

「いいケツしてるねえ、お義母さん」俺はそう言って舟さんの尻の前に屈み込み、尻たぼをグイッと二つに割った。

「ひいい・・・」またも断末魔のような悲鳴が舟さんの喉から噴き上り、尻たぼの中からは舟さんのおまんこと尻の穴がムニュッと剥き出しになった。

俺はおまんこのビラビラを指で開いた。

赤黒い粘膜がテラテラと輝いている。

いかにも使い込んだおまんこだった。

俺は堪らずにむしゃぶりついた。

ベロベロベロベロ・・・。

あの舟さんのおまんこを、舌でえぐり取るように俺は舐めている。

おまんこの粘膜が舌に絡みついてくるようだ。

舟さんの肉穴をさぐりあてた。

舌先を丸めてグッ、と押し入れた。

「ひいいいぃ・・・」舟さんのあえぎ声が台所に響いている。

舐めながら、肉穴に指をこじ入れた。

グリグリと掻き回してやる。

「ひっ、ひいいい・・・」舟さんのあえぎが一段と大きくなった。

掻き回され、唾液をそそぎ込まれた肉穴に、俺は肉棒を突き刺した。

四つん這いの舟さんの豊満な尻をわし掴み、その体内に深々と肉棒を突き入れたのである。

ぬるぬるぬるっ、と肉棒は粘膜を掻き分けるように根本まで突き刺さっていった。

使い込んだおまんこだが、けっこうきつく締めつけてくる。

うわっ、なんて気持いいんだろう!「ああっ・・・お父さん許して!」舟さんは泣きながら叫んでいた。

戦前の教育を受けた舟さんにとって死ぬほどの辱めだったろう。

舟さんの味わっている絶望感は、たぶん俺にははかりしれないものだ。

だが、絶望し背徳感に悶える舟さんの姿が、逆に俺にはいいようのない快感だった。

俺は征服する喜びを全身で味わいながら、舟さんのおまんこにズコズコと肉棒を突き上げていった。

ひいーっ・・・あううう・・・くっ、あああっ・・・。

グッュッ、グチュッ・・・ピチャ、ズズッ・・・。

舟さんの悲痛なあえぎ声と、粘膜のこすれ合う卑猥な音が、やけに大きく響いていた。

あの良妻賢母の舟さんを、俺はいま肉棒で貫いている!そう思うと快感は何倍にも高まっていった。

もうダメだった。

俺は口に出したときとは較べものにならないくらいの快感を味わいながら、舟さんの体内奥深く、精液をぶちまけていた。

どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ・・・・。

俺の頭の中は快感で真っ白になっていた。

舟さんが床の上に倒れ込んだまま「うっ、ううっ・・・」と嗚咽を漏らしていた。

おまんこからはドロドロと俺の精子がしたたり落ちている。

無惨な光景には違いない。

だが俺は、舟さんを征服した喜びでいっぱいだった。

そして俺は、その後も舟さんを犯し続けた。

体位もいろいろ変えて何度も何度も肉棒を挿入した。

何しろ何十年もの間溜まりに溜まっていた性欲だ。

一度や二度で満足できるようなものではないのだ。

しまいにはチンポの皮がすり切れるような気さえした。

舟さんもおまんこの粘膜がすり切れるような痛みを味わったに違いない。

そして俺は舟さんを解放してやるときこう言ってやった。

「このことを並平さんに知られたくなかったら、これからも言うことを聞いてください」

舟さんは虚ろな目に涙を浮かべながらうなずき、絞り出すような声をもらした。

「お父さんには…けっして言わないって約束してください…」

「ええ、約束します。だってお義母さんはもう、ボクのものですからね」そして次の日曜日。

夕方になって、いつものように我が家は日本中に映し出された。

居間の炬燵に入った妻や若芽、勝夫達がたわいのない会話をしながら大きな声で笑っている。

いまどきこんな家があるものかと思うが、日本中がそのたわいのない会話を喜んで見ているのだ。

今ははちょうど、俺は居間にはいないことになっている。

もう少ししたら「ただいまー」と疲れた顔で帰ってくることになっているからだ。

だが、俺は一足先に帰り、勝手口から入って台所にいた。

そして舟さんも台所でお茶を出す準備をしている。

俺は居間の方を伺いながら舟さんに近づいた。

シンクに向かっている舟さんに「そのまま動くな!」と命令しておいて、和服の後ろをめくり上げた。

豊満な舟さんの尻が剥き出しになると、俺は立ちバックで突き刺した。

シンクに手をついた舟さんは、必死に声が出るのをがまんしているようだった。

居間から大きな笑い声が聞こえてきた。

そろそろ俺の出番が近づいている。

俺はぴゅっ、ぴゅっ、と舟さんに精液を注ぎ込んでから和服と割烹着を元にもどした。

舟さんはうらめしそうな顔で俺の顔を見ていた。

俺はいったん勝手口から外に出て、表玄関に向かった。

さあて、いつものように人畜無害な増夫にもどるとしよう。

「ただいまー」玄関を開けて中に入った。

勝夫と若芽、それに妻が出迎えに出てきてくれた。

居間に行くと並平さんがお猪口を手にしながら、

「おお増夫君おかえり、一緒にいっぱいやろうと思ってまっておったんじゃ」と声をかけてくれた。

そして、台所から顔をだした舟さんは・・・

「お帰りなさい増夫さん、疲れたでしょう。いま熱いのをつけますからね。着替えてきて下さいな」

と、さっきのことなどなかったかのないような明るい、くったくのない笑顔で俺を迎えてくれたのだった。

でもきっと、舟さんのおまんこからは俺の注ぎ込んだ精液が噴き出して、トロトロと太ももをつたい落ちていることだろう。

俺はニコニコしながら炬燵に入り、並平さんにお酌をしてもらいお酒を飲んだ。

「ううーん、うまい。やっぱり家で飲むのが一番いいなあ。ねえ、お義父さん」

「そうだな増夫君、何と言っても家族の団欒が一番なんじゃよ」そう、我が家は今日も笑顔と笑いに包まれているのだ。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: