FC2ブログ
2020 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 12

【熟女体験談】迎えに行った実母に興奮してしまい、禁断の近親相姦セックスをしてしまった

kage

2020/11/14 (Sat)

婦人会での集まりが有り、と言うか飲み会で母から電話が入った。

迎えに行くとの約束も有り片道30分の時間を掛け、料理屋の駐車場に着く。

外に出ても何人かの人数で立ち話、やっとの事で俺が待つ車の所に3人で近づいて来る。

仲間の女性に俺を息子だと紹介する、少し照れくさい思いを抱きながら挨拶する。

「優しい息子さんねぇ、家のなんて旦那も子供も知らん顔よ」と甲高い声で笑いながら言う。

挨拶を済ませると母は助手席に乗り込み主婦達に別れを告げる。

静かに車を走らせる。

「剛ありがとうねぇ」少し酔ってるのか、何時もには無いセリフ。

シートに深く凭れ、フゥーと深い息を吐く。

何気に助手席に座る母を見ると、膝丈のスカートが深く凭れてるせいか腿の辺りまで上がり、母ながら少しドキドキの緊張感を覚えてしまった。

「ねぇ、今日はお父さんも居ないし酔い覚ましに、ちょっと海岸線をドライブしながら帰らない」母が言う。

時間は夜の9時を少し回った頃。

帰っても何もするあての無い俺は「コーヒーぐらい奢れよ」と言う。

近くのコンビニに立ち寄りカップコーヒーを書い、車を海岸線に向かわせる。

酔ってるせいなのか母は助手席で結構、賑やかにはしゃぐ。

夜の水平線辺りに漁をする船の灯りが見え、ちょっと幻想的。

「綺麗ねぇ、剛ちょっと止まって見ようよ」母に言われるがまま道路の脇に車を停める。

「あー夜風が気持ちいい」車から降りた母が両手を広げ言う。

母の横に立つ俺に腕を組み「こんな光景を見るの剛とは初めてよね」

「ってか誰と見たの」

「馬鹿ぁ、お父さんに決まってるじゃない、それも昔、昔に付き合い始めた頃」

甘えたように組んだ腕に頭を持たせて来る母、珍しく香水を付けてるのか、微かに良い香りが俺の鼻をくすぐる。

もう少しで五十路を迎えようとする母に、少し女を感じてしまい、要らぬ妄想をしてしまう。

それを振りほどくように車に戻る、続いて母も乗り込んで来る。

今まで賑やかだった母が急に無口になり深く凭れると暗い窓の外を眺める。

「そろそろ帰るよ」俺の声に母は返事をしなく、軽く頷く。

言葉を失くした母の方を見ると、先ほどよりスカートの裾が上がり腿が更に露わに成っている。

俺の鼓動が急に高まり危ない妄想に駆られて行く。

そんな思いを抱きながら車は海岸線を外れ、灯りも何も無い道を走る。

先からの重苦しい沈黙、いま母に手を伸ばしたら、こっぴどく叱られるだろうか?

それとも母も、それを待ってるのだろうか?運転しながら俺は欲望と葛藤をする。

しかし思い詰めた欲望に勝てる筈も無く、俺の手は母の腿に

「母さん、どうしたの急に黙り込んじゃって」心配する素ぶりを見せながら腿に触れる。

母とは言え触れた指先から柔らかな感触が俺の脳裏を刺激して来る。

俺が触れた事に何の抵抗も示さず、母は更に黙り込んだまま外を見続ける。

ゆっくりと指先だけで母の腿の感触を確かめる俺。

膝を合わせ閉じた腿が少し緩むのが分かる。

母さんも…俺の妄想は頂点に達する。

指先から掌を腿にあて緩んだ腿の内側に手を進める。

その圧力に従うように母の腿の力が抜けて行く。

「剛……」

「母さん」

「剛…だめ…」母の拒絶する声に俺の理性は吹き飛んだ。

内腿に添えられる手を意識して動かし始める。

「剛…だめ…親子なのよ私達」震える声で言う母。

更に欲望を楚々られ、生温かい腿に手を這わす。

小指に母の股間の感触。

「あっ、つっ…剛…」膝が開き自由に成る俺の手は下着の上から母をまさぐる。

その手を母の手が掴んで来る。

「あぁ、そんな事されると母さん困る」悩ましい表情で俺を見ながら言う。

俺は返す言葉も無く、ただ母の股間をまさぐり続ける。

周りには車一台も走って来る気配もなく、俺は道路脇の窪みに車を停めると、そのまま母に被さり唇を奪う。

押し退けようとする母。

シートベルトが邪魔をして母の動きを奪う。

唇を奪ったまま俺の手は、また母の股間に。

唇を重ねたまま母は呻きに似た声を挙げると抵抗は、一気に弱まり、やがて俺の唇を自ら吸って来る。

暗い車の中で乱れた母の服装。

強引にストッキングを引き下ろそうとすると母が「だめ…ここでは嫌」と言って来る。

「我慢出来ないんだ母さん」

「でも、ここじゃ嫌」

「家に帰る」俺の声に母は頭を左右に振る。

「じゃホテルなら良いの」母は恥ずかしげに小さく頷く。

財布を持って来なかった俺に母は、私が持ってると恥ずかしげに言う。

ジーンズの中で痛いくらいに膨れた物に我慢をさせ、かなり早いスピードで車を走らせる。

「剛、そんなに急がなくても大丈夫よ、私は逃げたりしないから」と甘えた口調で片腕に頭を預けて来る。

町外れにポツンと建つホテルに車を乗り入れる。

古いホテルでガレージに車を入れる。

「やはり止めて帰ろう」母の躊躇う言葉。

俺は無視するようにエンジンを止め車を降りる。

何台かの車が止めてある、ナンバーを隠すように板が置かれている、ガレージの壁に同じ板が有り俺も真似をして車の前に板を立て掛ける。

助手席のドアに近づくと、母は観念したかのようにドアを開け降りて来る。

表情は緊張してるのか、固く引きつっている。

ガレージの後ろにはアルミのドア、その上に部屋を示す番号が点滅している。

ドアを開けると部屋に続く階段。

階段は隣の部屋と共通に成ってるみたいで、部屋番号の明かりは消えていた。

スチールのドアを開け中に入る。

建物も、そうだが、部屋の中も然程広くな無く古びた感じである。

狭いスペースで靴を脱ぎ入る。

突き当たりに一段高い所、そこに大きな布団が敷かれてある。

手間の狭いスペースに小さなソファーと小さなテーブル。

入り口の直ぐ横にトイレと浴室が有る。

部屋の灯りは間接照明で、光焼けしたような少し赤っぽい白熱灯のような灯り。

何の娯楽施設も無く、そこは唯、男女が欲望を満たすためだけの部屋に思えた。

母はバックを手にしたまま突っ立ている。

「取り合えず座ろうか母さん」俺な声に力が抜けたような感じでソファーに腰を下ろしていく。

隣に座り腿に乗せた母の手を握る。

やがて母は掌を合わせ指を絡めて握り返して来る。

「親子なのに、こんな場所に来ちゃったね」俺の肩に頭を預けながら言う。

「うん」言葉も無く生返事を返す。

「剛は後悔しないよね、こんな母さんを軽蔑しないよね」

「勿論だよ、母さんこそ後悔しないよね、これは母さんが悪いんじゃ無く俺が無理矢理に」

「うぅん、母さんこそ親子なのに悪い母」ソファーで母を強く抱きしめ唇を重ねる。

そのキスは母も一人の女に成っていた。

舌を絡め合い唾液を交換するような濃密なキス。

「母さんが欲しい」唇を離し母の顔を見ながら言う。

「剛…」二人揃ってソファーから立ち上がると再び濃密なキスを交わす。

俺が母の衣服に手を伸ばす。

「待って、シャワーだけ浴びさせて」母の声。

「俺も一緒に」

「恥ずかしいから母さんだけで」俺は今から起きる事に心臓が高鳴るのを抑え母が浴室から出て来るのを待つ。

バスタオルを体に巻き手には脱いだ衣服を持ち浴室から母が現れる。

俺も直ぐさまに浴室に入り、シャワーを浴びる。

母を相手に前に突き出す物をボディーソープで丹念に洗う。

タオルを腰に巻き部屋に戻ると、母はソファーに座り俺を待っている。

ここで母の事を少し。

母は決して美人でも無く、体型も典型的な日本人で胴長短足、太ってるとまでは言わないが脂肪が付きポッチャリとしている。

髪は肩に掛かるぐらいで多少短め。

大学を卒業して薬剤師の資格を持ち、親父と結婚後、俺が産まれても薬剤師の仕事を続けていたが、

祖母が急に亡くなり俺を一人に出来ないとの事から仕事を辞め、それからは専業主婦をしている。

母と結ばれた後の話で、ここ十数年、親父との交わりは無かったらしい。

ソファーに座る母の腕を取り立ち上がらせる。

少し怯えたような表情で俺に従う。

「母さん…」

「剛…怖いよ…母さん怖い」抱きしめたまま母を布団の方に連れて行く。

掛け布団を捲り母を、そっと寝かせる。

「あぁ、剛…」セックスを目的として母と布団に入る、目の前にはバスタオルを巻いただけの母。

彼女の時とは全く違う淫な感覚が全身を覆って来る。

息子の前でバスタオルだけの母は羞恥に襲われたかのように布団で隠して来る。

「母さん…」

「剛…」後は言葉は必要無かった。

俺は母に貪りつく、荒々しくでは無く愛しむように優しく柔らかく。

想像以上にキメが細かく指先が吸い付くような柔らかな肌。

俺の指先に敏感に反応をする母。

布団の中でバスタオルを、ゆっくりと母の体から外して行く。

固く目を閉じ妖艶な表情を浮かべる母。

俺の指…俺の唇に母は身を委ね妖しく悶えてくれる。

それでも、その最中に母は目を開く事は無かった。

親父とのセックスの時も、そうしてたのだろうか、俺が求めなくても母は俺の股間に顔を埋め口に咥え舐めてくれる。

母が息子のを口に含み表情を歪めながら舌を使う姿に、膨張した物が今にも破裂しそうな感覚に襲われる。

母が顔を上下させる度に俺のが母の口の中に飲み込まれてるのが見える。

堪らなく成った俺は母の顔を掴み動きを止めさせる。

ゆっくりと母の顔を俺の膨張した物から浮かせる。

スローモーションのように母の口の中から俺の物が吐き出されて行く。

母の体を布団に寝かせて行く。

その時も視線を外し俺を見ない。

母の脚を開かせる。

母の脚に脚を絡ませ俺は母の股間に下半身を入れて行く。

自然に母は俺を迎え入れるべく両膝を折り曲げ脚を浮かせて来る。

いよいよ結ばれる…俺の興奮は頂点に達しようと、している。

膨張した俺の物と母の淫口の距離は数ミリ…ビクッと跳ね上がる先端が淫襞に触れる。

無意識に母の下肢が逃れようと跳ねる。

膨張する物に指を添え母の淫襞を押し開くように先端を擦り付ける。

母の下肢が淫に揺れ動く。

「怖いよ…剛…母さん怖い…」行為が始まり初めて母は声を漏らす。

擦り付ける先端を指先で母の膣口に向かわすと微かに腰を動かす。

「あっ!」母の短い声。

そのまま俺は母に体を預けるように密着して行く。

同時に俺の物は母の中に深く沈み込んで行く。

熱く柔らかな母の膣内。

その感覚を味わうように深く埋め込み、身動きせずに母を抱きしめて行く。

固く目を閉じ片腕で顔を隠す母。

それでも下半身は俺が動きやすいように、密着を更に深めるように妖しく動かしてくれる。

母の太腿に熟女の艶っぽさを感じ欲情した俺、母も俺を意識して誘ってたのだろうか。

とにかく今、間違いなく俺は母と繋がり淫欲を交わしてる。

激しい声は挙げないものの、母は俺の動きに反応するように俺の下で感じてくれている。

近親相姦…罪悪感と淫な快感が入り交じる中で、彼女の時とは全く違う快楽に包まれ俺は敢えなく射精感に襲われる。

大切に…優しく動き射精の瞬間に母の中から抜き取り、そのまま下腹部に熱い液を噴き飛ばす。

その液は乳房付近まで飛び散った。

普段だったら息が上がる程に激しく動き射精を迎えるのだか、母とは然程の息も上がらず、それよりも脳を刺激する快感で逝ってしまう。

あまりの寮に母はティッシュを何枚も使い下腹部から乳房付近に飛び散った液を拭き取る。

枕元の棚に置かれた屑籠に、それを入れると布団に横たわる。

母の首の下に腕を差し込み引き寄せる。

肩口に顔を埋める母。

堪らなく愛おしい感覚に襲われ、更に片手を母の頭に置き抱き寄せる。

「とうとう、しちゃったね」

「うん…」肩口に埋めた顔…俺の脇腹から背中を撫でる母の手が甘えるようで堪らない。

「母さん…」

「ん…なぁに…」

「好きだよ」

「うん…」そのまま再び唇を合わせる。

固く成った乳首…母は悩ましく体を捩り身悶える。

指先は腹部を滑り蜜壺に…ヒクヒクと蠢く下腹部…母の豆を捉え指先で弾くように愛撫する。

唇を重ねたまま喘ぎ声を漏らす母。

母の手が俺の股間をまさぐり握り締めて来る。

母の手の中で硬さを増した俺は、そのまま再び母に重なって行く。

二回目は互いを見つめ合い、互いに感じ合う。

逝きそうに成る俺に脚を絡め、両手で俺の腰を抱え込む。

「いいの?このままで、いいの?」俺の声に母は淫な表情を浮かべ、何回も頷く。

何とも言えない満足感。

二人で浴室に入り汚れた体を洗う。

バスタオルで前を隠し部屋に戻る母。

親父とのセックスが初めてで、俺を妊娠するまでは、それなりに体を合わせて来たが、

妊娠してから出産までは無くなり、出産後は月に一回から二ヶ月に一回くらいに減り、いつしかセックスは無くなったとの事。

それでも母は俺の子育てに追われ、セックスの事は、あまり考えなかったらしい。

俺に手が掛らなく成り、自由な時間が増え、再就職も考えたが仕事も思うように無く、ただ時間が過ぎて行った。

そんな中でパソコンを使う日々が増え、その中にたくさん有る情報の中で、次第に欲求不満を感じるように成り自慰を覚えたらしい。

浮気…不倫も考えたらしいが、いざ現実に成ると踏み込む勇気もなく…近親相姦のサイトに辿り着いた。

いつからか俺とのセックスを想像していたと話された時に、俺は更に母を愛おしく感じた。

全てを話してくれた母…。

再び自然に布団に倒れ込むと肉欲を貪り合う。

全てを吹っ切った母は、先ほどとは違い俺を求める声を挙げ、悦びの声と共に妖しく淫に悶えた。

帰り支度を整えホテルを出る。

家に帰ったのは夜中に成っていた。

そのまま自室に戻る事に俺と母は躊躇い、俺は母の背中を抱え俺の部屋に連れて行く。

タガが外れた親子、夜が明ける頃に俺達は満足感と幸福感に包まれ朝を迎えた。

親父の目を盗み、母と肌を合わせる日々が今でも続いている。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: