FC2ブログ
2020 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 12

【熟女体験談】旦那の帰宅を気にする淫乱痴女な人妻の大きな乳房と乳首を責め続けた

kage

2020/06/22 (Mon)

俺が22歳の時のこと。

ちなみに俺は、身長170の痩せ型のフツメンです。

お相手の美熟女のプロフ。

深キョンの若いころに似てるアラフォーのHさん。

身長154でEカップ

普通体型で茶髪ボブ

M女でしかも痴女系。

サッカーのコーチを始めて2年目の時。

小学校のサッカーチームなので学年単位での活動をしていました。

Hさんは当時の学年の連絡係さん。

なので、メールでの活動の連絡は頻繁にありました。

そのメールに毎回、「了解しました。連絡ありがとうございます」とか最初は普通の返信をしていました。

メールでの連絡が始まってから3ヶ月ぐらいかな?

Hさんから「話したいことがあります。今、メールしても大丈夫ですか?」との連絡があり、返信したところ・・・、

「息子の成績表に△がつきました。サッカーは辞めさせます」

という内容のメールが来ましたw

うちの有望株だったので辞めさせる訳にはいかず、必死になって説得。

Hさんは説得に負けて息子は残る形となりました。

そこから不思議なメールが始まり、感謝→プライベートな質問をされるようになりました。

比較的オープンな性格のため何でも答えていました。

少し日が経った頃、地元では有名な花火大会がありました。

その時は彼女もおらず、叔父と叔父の友達と一緒にBBQをしながら飲んでいました。

飲んでいた時にHさんからメールが入ってきて、「旦那も子供もいないし暇だー!花火大会なのにー!」って感じのメールが来たので、

「こちらは酔っ払ってます!キリッ」とか返信したと思います。

そしたら、「こんな花火大会の日なんだから若い男の子が来てチューでもしてくれたらなぁ」とメールが来たので、

おっ!誘ってる?とか思っていながらもそこそこ酔っ払ってたので返信に困ってると

「来てくれてもいいんだよー?なんてね」と言われたので、誘惑に負けて自転車でHさん宅付近の神社に行ってみました。

Hさんに「今○○神社で休憩中」とメールしてみたら何の返信もなかったことから、あぁ人妻だしメールは冗談だったんだなーって思ってたら、

胸パツンパツンのTシャツに短パン姿のHさん登場w

H「あぁー本当にいたwそんなに酔っ払ってるのー?」と隣に座って聞いてきました。

俺「彼女もいないし呼ばれたから飲んでました!だいぶ酔ってます!」と答えました。

H「早く彼女作りなよーじゃないとチューしちゃうぞー」と言われたので、

俺「したければしてもいいんですよー?」と煽ってみたら

H「じゃあ、しちゃうw」と言われてキスされました。

初めて彼女じゃない人からのキスで相手は淫乱痴女な人妻w

サッカーのコーチの間でも有名な巨乳で可愛らしい大人の女性w

しかも最初から舌が入ってきて濃厚なキスw

段々、Jrも我慢出来なくなってきていたが、人の気配がしてHさんは離れました。

離れてからは見つめあったまま無言。

また人の気配がなくなってから再度Hさんからの濃厚なキスの応酬w

最初はされるがままでしたが、こちらも余裕が出てきたのでTシャツの上から大きな乳房に触れました。

触れた瞬間に小さな声で「あぁん」と喘ぎ始めました。

キスと乳房に触れただけで喘ぎ出すぐらい感じていたので、調子に乗ってTシャツの中に手を入れて直接乳房を触ることにしました。

直接触るとキスを辞めて、喘ぎ声を我慢しながら体をこちら側に預けてきました。

預けてきてからは大きな乳房と乳首を責め続けました。

責め続けている間、「うん、うん、あぁ、いい」

「もっと、もっと」と喘ぎながら言っていました。

10分以上責め続けていましたが、急に「そろそろ帰らないと。帰ってきちゃう」と服を整えて走って帰って行きました。

唖然としてそこに座り続けていましたが、5分程してメールで「ありがとう。キスまでさせてくれて。この続きはまた今度ね」と。

初めての人妻との不倫はこれが始まりです

需要がありそうなら続きを書きたいと思います


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: