FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

【熟女体験談】民宿の熟女フェロモンむんむんな女将さんと童貞卒業セックス

kage

2020/06/11 (Thu)

旅行が好きなので、休みがあると一人旅に出かけていた時の体験談です。

当時学生でしたが、サークルなどには参加して無く友達もいませんでした。

その日も2日の休みに入り電車に乗り山奥の田舎の方へ向かいました。

小さな駅で降り、バスに乗ってさらに山の奥に向かいました。

行き先は決まっていませんでしたが、地図を見てそこに民宿があるのは知っていました。

午後3時頃にバスを降り、しばらく歩き、民宿にチェックインすぐに民宿を出て近くを散策しました。

山間ののどかな景色は生まれ育った港町にはない風景で、感動しました。

夕方暗くなりかけた頃に宿に戻りました。

当時私は日記のようなものを書いていたので、部屋でノートに感想を書いていました。

そのとき、民宿の女将さんが入ってきました。

甘エッチな熟女フェロモンむんむんな素敵なおばさんです。

食事を部屋で食べるのか聞いてきました。

はい、と答えると、30分ほどして運んできましたが、その豪華さに驚かされました。

宿代には似つかわしくない豪華な料理食事が終わり片付けにきた女将がお風呂は放れの建物にあり、

他の家族客がいるので遅い時間に入るといいかもと話していました。

もともと人見知りな私は人に会いたくないので夜12時近くにお風呂に向かいました。

案の定誰もいません湯船につかってしばらくすると脱衣所に誰かが入って来たのです。

磨りガラスに見える脱ぐ姿は女性のもの脱衣所にある私の服で中にいるのは知っているはずですが、

声をかけようか迷いましたが内気な私は言い出せずにいると、女性が引き戸を開けて中に入って着たのです。

女将さんでした。

やっぱりあなただったのねと、話しかけてきて、入ってもいい?と聞くのでドキドキしながらうなずくことしかできませんでした。

私はまだ女性を知らない童貞でした。

この旅先でのハプニングに極度に緊張していました。

中年熟女な女将はそんな私にかまわず洗い場で体を洗いめたのです。

横向きの女将のあらわになったおっぱいが揺れていました。

直視できませんでいたが髪を洗い始めるとさすがに、見いって髪を洗い始めると、それから湯船に入ってきたのです。

湯船は5、6人は入れる大きさでした。

女将さんが話しかけてきましたが、緊張で、その内容はほとんど覚えていません。

私が先に湯船を出ないといけないと思いましたが、女将さんの裸を見た私の男根は膨張していて、立つことができなかったのです。

女将さんはそんな私の事を察したのか、先に上がり、あまり入りすぎるとのぼせるよといい、風呂場を出て行きました。

その後急いで、お風呂場を出た私は部屋に戻り、女将さんの裸の余韻に浸りながら布団に入り電気を消し、男根を握りオナニーを始めたのです。

すると、ドアがノックされたのです。

急いで浴衣を直しドアを開けるとおかみさんが立っていました。

コーヒーを入れたけど、飲む?と聞くので、ハイと答えました。

女性と二人だけで話すことなどできない私でしたが、お風呂場で堂々と裸をサラした女将は何となく、緊張がほぐれていました。

それに、年がだいぶ離れているのもありました。

女将は40代後半でした。

小さな座卓に向かい合い魔法瓶に入れたコーヒーを二人分ついでくれました。

コーヒーを入れている女将の姿に固唾をのみました。

なぜか宿泊客用の浴衣を着た胸元ははだけ白いおっぱいの谷間が見えていました。

ノーブラだと気づきました。

コーヒーを飲みなが私の事を聞いてきました。

女将は宿主の旦那が組合の旅行で台湾に出かけて留守だと話していました。

そして、なんと、一人は寂しいので隣に寝てもいいかと聞いたのです。

信じられませんでしたが、断る理由もありませんでしたので、承知しました。

すると女将は別の布団を押入から出し、私の布団の間を1メートルほど離して敷いたのです。

それはそうだ、そんなにうまくいかないなと思いながら、電気を消しました。

隣に女性がいて寝付けずに何度か寝返りを打ったときでした。

私の布団にそっと女将が入って着たのです。

「寒いから暖めて」と女将の手が私の手をつかみ浴衣の胸元に差しこんだのです。

柔らかい感触、初めて触れるおっぱいは何とも言えない興奮でした。

たぶんDカップほどでした。

私は無言でおっぱいを触りました。

どうしたらいいのか愛撫の仕方も解りませんでした。

体は緊張で固まっていました。

すると、女将の手が浴衣の裾から入り込み、ブリーフの上から固まりの大きさを確認するように触ってきたのです。

「女性は初めて?」女将に見透かされていました。

「はい」と答えると「私に任せて」とブリーフを脱がせてきました。

初めて自分以外の指で男根を握られ睾丸を揉まれました。

そのときの興奮はそれまでに味わったことの無いものでした。

それから、女将の顔が私の顔に重なり、上から重なるようにキスしてきました。

そうしながら女将は浴衣を脱ぎ、私も全部脱がされました。

キスしながら女将は私の手をつかみ、自分のおっぱいにあてがい「揉んで」と言いました。

そのときふと、弟に乳を飲ませる母親のおっぱいを思い出しました。

乳首を指でつまむと、女将はそのおっぱいを私の口に近づけて吸って欲しいと望んでいるのが解りました。

乳首を吸いながら女将と上下入れ替わりました。

女将が私を上にさせたのです。

私はだんだんと、緊張がほぐれてきました。

女将の下腹部に向けて手を這わせていきました。

へその下に来ると少し盛り上がり、薄い陰毛が茂っていました。

知識としての女陰の構造は知っていました。

さらに指を下に向けると、ヒダの中心にぬるっとした液体の感触がありました。

想像以上に量が有り、指先にまとわりつきました。

見たい、という欲望が浮かびました。

女将に「ここ、見たい」

と聞くと「まだ見たことないんだよね」

「でもはずかしい」と答えてしばらくして「ちょっとだけだよ」と部屋の電気をつけるのを許してくれました。

正直言って、雑誌で見たイラストや漫画本とは違う印象でした。

とてもきれいだとは思えませんでした。

「どう?」

「感想は?」と聞かれとっさに「きれいです」と答えてしまい、女将が「初めてなのに?解るの?」と言われ、赤面したのを覚えています。

電気を消した後、女将は舐めてと言ってきました。

女将の女陰はほのかに石けんの香りがしました。

舌を使い漫画本の知識で女陰を舐め回しました。

クリトリスは大豆ほどの大きさで包皮から飛び出していました。

女性の性感帯だと知っていたので吸ったり舐めたりしました。

すると、女将があえぎ始めたのです。

女将が喜んでくれていると思うとなんだか、自信が湧いてきたのを思い出します。

それから女将が私を下にして私の男根を口で包んできました。

突然やってきた最初の発射は女将の口の中でした。

女将は精液が出尽くすまでじっと口を添えてくれました。

そして「若いから多いね」と言いながら飲み干してくれました。

思いがけない初めての体験で、私の精液を飲み干してくれた女将に他人とは思えない、親近感がわき始めていました。

それで女将に対して抱いていた疑問を聞いてみました。

「浮気は初めて?」

と聞くと「初めてだ」と答えました。

旦那はどうせ台湾で女を買っている、組合の旅行と称してもう3回目だと話していました。

「どうして僕を?」と聞くと、夕食前に部屋に着たときノートに書き物をしている僕を見て、自殺するんじゃないかと思ったそうです。

遺書を書いているとふと思ったそうです。

女将はそんな僕に同情し、彼女に振られたのなら女将の体で思いとどまるかもと思うと、いたたまれずに行動を起こしたというのです。

女将には女の子供が一人いて、嫁いで離れた町に住んでいると話していました。

僕はそれでも初めてだとは思えずに「本当に初めて?」とまた聞くと、日頃は忙しくそんな余裕は無いと話していました。

でも本当のことだと思いました。

それから2回戦が始まりました。

初めて女性とつながったのです。

正常位でした。

生でしばらくすると、危ないからと持ってきたコンドームをかぶせてくれました。

慣れない手つきで腰を激しく動かしました。

女将のあえぎ声に、征服した錯覚になりました。

二回目の射精で僕も疲れてしまい、腕枕でしばらくお互いに何も言わずに寝ていました。

女将さんの目を閉じている横顔を見ると何か考えているようでした。

突然女将さんが目を開けて「お願いがある」と言ったのです。

今度はあなたが主導権を握って欲しいと言いました。

それで僕は頭の中の知識を総動員して女将さんを責めたのです。

最後は正常位でした。

三回目なのでなかなか出ずに、途中休憩を何度も入れながら腰がふらつくほど動かしました。

女将さんはそれまで以上に声を上げて喘いでいました。

部屋の外に声が漏れないか、心配するほどでした。

そして、○○○さん!と何度も叫びながら、果てたのです。

私の名前では無く、旦那の名前でもありませんでした。

3回目の後で聞くと結婚する前につきあっていて、別れた彼だと恥ずかしそうに話していました。

寝過ごしたらいけないからと夜中のうちに女将は帰って行きました。

翌朝、女将と私は、普通の会話で宿を後にしました。

その後何度か訪ねたいという衝動に駆られましたが、女将の立場を考えてとどまりました。

その後数人の女性とつきあいましたが、女将の肌に勝る女性はいませんでした。

今は結婚して子供もいますが、ときどき思い出して自慰にふけっています。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: