FC2ブログ
2020 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 12

【熟女体験談】合宿免許でのおばちゃん教官との甘エロ体験談で童貞卒業

kage

2020/05/21 (Thu)

合宿免許でのおばちゃん教官との甘エロ体験談です。

大学入学前に免許を取りたくて、合宿をチョイス!

ド田舎の教習所で、まわりには特に何もなかった。

あるのはコンビニと、アダルトグッズ屋くらいかw

そんな環境だから、毎日オナニーと、車の勉強ばかりしてた。

ある程度、教習も進んでくると教官と一緒に車に乗る様になるじゃない。

そこに、40代前半のお色気むんむんな田舎くさい女教官がいた訳ですよ。

共働きで、お子さんもいる奥さんです

それが、どうも教習中にそわそわしてる。

ある時俺は思い切って聞いてみたんだ。

「先生、どうしたんですか?」

「えっ?!」不意をつかれてビックリした様に答えた。

「あのね、○○君」

「はい?」

「先生ね、今日、夜暇なんだ。」

「え??…あ、はい。」当時女とデートした事すらなかった俺は、若干動揺した。

「ゴハンでも食べに行こうか?」旅の恥はかきすてと言うが、俺はまさにそんな心境で、「どうにでもなれっ!」とご飯を食べに行く約束をした。

親からも地元からも離れ、大胆になっていた事は間違いないと思う。

で、その夜メシを食べに行った。

むこうでは派手な部類に入るのかもしれないイタめし屋で、パスタやピザなどを二人で分けながら食べた。

なんかおばちゃんとの恥ずかしデートっぽいじゃねーか。

そこまで仲はよくなかったが、ここでかなり打ち解ける事ができた。

ぶっちゃけこの時点で結構罪悪感があった。

こんな事していいのかな…という気持ちはずっと腹の中で重い石の様に消化されずに残っていた。

そして食事が終わり、デザートとコーヒーで締めくくり、店を出た。

正直俺はここまででもかなり嬉しかったし(罪悪感もあったが)、それ以上の事はまさかないだろうと思っていた。

しかし、こんな一言で俺の心臓は一気にバクバクいいだした。

「あのね、あたしさ。○○君を見てると我慢できなくなっちゃうの」

「え…」俺は言葉に詰まった。

正直、「お、俺もです!!」とクマー!!

並に釣られてみたいのはやまやまだったんだが、何故かこういう所で一歩引いてしまうのが俺。

だって、何に我慢できないのか、よく分からないし…。

この辺が童貞の考えww「えっと…どういう事ですか?」

「だからぁ…分からない?」

「え…?」

「……ホテルいこ?」俺は、黙ってしまった。

何て答えりゃいいんだよ。

わかんねーよ。

童貞だしww多分顔は真っ赤だったと思う。

自分で何を考えてるのかすらよく分からなかった。

しかし、それまでと違うのは、ここはノット地元。

知り合いもいないし少しくらいハメを外したっていいや、そんな考えが頭をよぎり、俺は「あの…、先生がいいんなら」と答えた。

お前等なら分かるだろう。

この時点で既に我慢汁出しまくりw俺はこれから始まるであろう未知の体験に、

なんだかいつもの暮らしから抜け出して別世界に入ろうとしている様な感覚だった。

郊外の一角にあるちょい古めのホテルに入った。

部屋に入ったとたん、アンアンアンアン声が聞こえてきてビックリした。

おいおい、何で部屋に人がいいんだよ!?と思ったら、テレビがついていて有線か何かのエロビデオが流れていただけだった。

エロい雰囲気を作り出すための初心者向けの配慮なのか?w

俺が画面をなんとなく眺めていると、

「ねぇ、こっちきて?」

ベッドの前で女教官が手を伸ばしている。

ちょっと戸惑いながらも側に寄ると、ぐっと引き寄せられて抱きしめられた。

髪の毛からいいにおいがする…。

しかも結構強く抱きしめられていたので硬くなったモノが当たっていた。

当たっているだけでも若干気持ちよかった。

先生がふと顔を上げる。

こ、この姿勢は、キスなのでは?無言で顔を上げられても困るんだがここはキスだろ。

うん。

間違いない。

でもさっきご飯食べたばかりだし、自分のにおいも気になるちょっと顔をのけぞる。

普通風呂入って歯磨きしてからじゃないのか?(汗)でもしない訳にはいかん。

いきなりぶちゅっ!とかはできないので、ちゅっと軽めに「ちゅっ」くらいのキスをした。

「もっと!」全然不満だったらしいwでも、そのおねだりの仕方がかわいくて、自分が失敗した、という感じにはならなかった。

このあたりは年上の配慮なんだろうか。

今度は少し長めに深く、少し唇が噛み合うくらいまでキスをした。

「んっ…」女教官が声にもならない様な声を出した。

そんな声出されたらこっちも興奮しますがな!!

テンションの上がった俺は、舌を入れてみた。

ちゅっ…ぴちゃ…何ともエロい音がする。

「んんっ」おおっ!

これは感じているのか?

自分がうまくできているのか心配だったが、どうやら感じてくれているらしい

嬉しくなった。

後はガムシャラに付きまくった

教官熟女のおまんこが泡立ちして

白濁液がたらたらと流れてる

緩くなってきたおまんこに

ガン突きしまくる初セックス

おばちゃん教官の喘ぎ声が激しくなるとチンポの硬化がますますきつくなるのを感じておまんこが緩く締めつけてきてそれがまた快楽へと誘ってくれる!

「あん、」

「ああああ、あん、」

「い、イっちゃう」

「もうダメ」

「は、ひ、ひぃ、あああああ」

「ああああ、あん、xxxxx」

「い、イっちゃうーーー」

教官がイくのと同時に、無事筆おろし!

女教官って響きだけで、

初体験の時の事を思い出してカウパー液が滲みでてきます。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: