FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

【熟女体験談】取引先の人妻と仲良くなり、お笑いライブで盛り上がったあと勢いでアパートに行って中出しセックス

kage

2020/05/15 (Fri)

会社の業務拡張に伴い社屋が移転しました。

自分はバツイチで実家に両親と住んでいましたが、これを機にアパートを借りて、一人暮らしを始めました。

その時はまだ決まった彼女もいなかったのですが、仕事上や学校時代の女友達が結構いました。

しかし、最後まではいけず、そっち方面はもっぱら風俗に頼っていました。

そんなとき、女友達のおばちゃん、佳代子さんにお笑いのライブに誘われました。

佳代子さんは40代の人妻です。

取引先で仲良くなりました。

ライブ特有の下ネタ満載で、2人で大盛り上がりの中終わりました。

自分は少し飲んでいましたが、佳代子さんは飲んでおらず、送ってもらうことになりました。

佳代子さんはお酒がダメなので、こういうパターンがありましたがいつもはアパートの近くで”バイバイ”でしたが、その夜は違いました。

「コーヒー飲みたいなぁ!」

「おー!イイよ!寄ってく?」軽く聞くと「えぇ~いいのおぉ?誰かいたりして!」

「誰もいないって!」部屋に入って、自分はお湯を沸かしていました。

部屋中見渡して「ほんと、何もないんだねえ!」

「寝るだけだもん!」とマグカップを置く。

一口コーヒーを飲むと、佳代子さんのトークが止まらない。

さっきまでの妄想が吹き飛んだ。

ところが一瞬、コーヒーを飲んだ後、見つめ合ってしまった。

オレは思わずキスした。

「あ、ご、ゴメン!」びっくりした顔をしていたが、”フッ”と微笑み、「スケベ!イイよ!キスだけね!」と、首に手を回し唇を重ねた。

舌が挿れられ、ディープキスになった。

“クチャクチャ、ペチャペチャ”舌の絡み合う音で興奮してくる。

首筋から耳たぶに舌を這わせ、オッパイを揉む。

片方の手は下半身へ伸びる。

「そこはダメっ!ダメだったら!ダメだよ!」ブロックされた。

ブロックされた手を、オレの下半身へ押し付ける。

「ちょっ!な、なに!」

「オレのキモチ!」

「やだっ!もう!こんなに!」

「でも!ダメ!アタシこれでも人妻よ!」

「じゃ、なんで来たの?やめる?帰る?」

「ちょ!そんなとこ!アッん!したくなっちゃう。そんなにされたら、アッん!したくなっちゃうよぉ~」

「あ~暑い!アタシ脱ぐ!」お互い服を脱がしあい、オッパイにむしゃぶりつく。

佳代子さんはスケベな声をあげる。

「佳代ちゃんさぁ、ここ!ょわぃのぉ~」とクリトリスに手を導く。

ちくびをなめまわしながらクリトリスをいじる。

「ハァ・ハァ・ハァ!き・気持ちイィ」

声にならない声になったとき、ちくびを強く噛んで、クリトリスを思い切りつまんだ!

「アギャ~~ん!!ゥグッ!」体をのけぞらせて逝った!

「ハルさん!凄すぎ!」膣中に指を挿れ、クリトリスをなめまわし、オッパイとちくびを揉んで摘んで!

「アッん・アッん・アッん・ビクビクするっ!かんじるの!きもちいいのぉ~.!またまたまたっっ!逝っちゃうのオォォ!」

「もう!ハルさんばっかり!」佳代子さんはチンポを掴んで、顔を見つめあって扱きだした。

口に頬張りフェラチオを始めた。

あんまり上手ではありませんでしたが、一生懸命さでフル勃起です。

「かったぁ~い!おっきぃぃ!」正常位でチンポでまんこのスジを擦った。

「え、なに、なんなの?はじめて!こんなん、はじめて!」

「素股だよ!」膣中にチンポを突き立てて、一気に挿れた!ピストンが激しくなるたび、声が大きくなる!

ガマンしようとするから「イイよ!いっぱいおっきな声出してイイよ!」刹那そうな顔で頷く。

「アッハァァ~ん!これこれ、欲しかったのぉ~!またまた~っっ!!逝くの!逝くのぉぉ~」大絶叫で逝った佳代子さん。

ハァハァ言いながら、四つん這いになり「ねぇ!う・し・ろ・犯して)」まだまだギンギンのチンポを後ろから挿れた。

尻をパンパン叩くたびまんこが締まった。

立ちバックで顔を振り向かせ、キスして佳代子さんを上にする。

「アッん・アッん!腰が、勝手に動いちゃうから~」下から小ぶりのオッパイを揉みしだき、ちくびを摘む!

「ちくびぃぃ!いいのおぉ!また逝っちゃうぅ!」オレの胸に倒れこんだ。

また、正常位にして「オレも逝きたい!どこに出して欲しい?」

「膣中(なか)!なかに出して!今日は大丈夫だから!なかにいっぱい!いっぱいね!」

「ウォォ!クゥッ!逝く!」

「アタシも!アタシも!い”っ”グッぅぅ!!」中出ししてしまった。

時計を見ると11時を回っていた。

「やばっ!シャワーかりるね」佳代子さんの後を追っかけ、風呂場で後ろから抱きしめた。

「ゴメ~ん!ホントもうダメ!帰んないと!ね!ね!いい子だから!」と、イッコ下にたしなめられた。

佳代子さんは速攻着替え「ハルさん!最高だったよ!またね!」キスをして出て行った。

翌日、取引先で佳代子さんに会った。

オレが緊張していたが、佳代子さんは「昨夜はお世話さま~」だって!女性の強かさをみた。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: