FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

【熟女体験談】アラフィフの女性課長と出張先で移動手段がなくなり、温泉旅館に泊まることになりバックで中出し

kage

2019/12/13 (Fri)

俺27歳。

アラフィフの女性課長から「吉田くん北海道出身だったよね?」と、2月末の北海道への営業に連れ出された。

まさかあんなことになるとは……。

得意先まわりとはいえ、冬の北海道。

札幌、旭川、帯広方面と移動距離もある。

2泊3日の強行スケジュールで、天候は悪化し地吹雪、通行止めで帯広で足止め。

負けず嫌いで男勝りの課長も気が焦っていた。

会社に戻って結果を一刻も早く社長に伝えたい気持ちはわかるが、さすがにこれは無理だ。

「飛行機が飛ばないんじゃ無理ですよね~」

「そうよね!」

ようやく機嫌が直った様子で部長に連絡を入れ、天気の回復を待って一日様子を見ることになった。

課長が明日の飛行機の手配のため電話をし、俺は宿泊先をスマホで探す。

シングルは高いホテルしか空きがなく温泉旅館が空いていることを伝えると、とりあえず外観だけでも見ようと車を走らせた。

渋滞でなかなか進まず、到着したのは17時半。

「なんか素敵ね…」

課長が車を降りてフロントへ。

すぐに俺の電話が鳴った。

「一緒の部屋になるけど大丈夫?」

「別にいいですけど」

和室の広い部屋だった。

とりあえず温泉に入り、部屋でTVを見ていると20分ほどで課長が戻ってきた。

髪を上で束ね、浴衣姿の課長が妙に色っぽかった。

「吉田くん、浴衣にTシャツって…」

笑われた。

食事は個室スタイルで浴衣でもOKということだった。

俺は慌ててTシャツを脱ぎ、課長と夕食をした。

普段、あまり日常生活のことを話さない課長。

その日に限っては仕事も無事に終えたことと酒のせい?いろいろな話をしたし、俺のことも褒めてくれた。

部屋に戻ってからも自販機で買ったチューハイ呑みながら、「あの布団、近すぎだよね~」なんて笑ってた。

「ところで吉田くん彼女は?」

「今はいないです。クリスマス前に別れました」

「課長は?」

「年上の女性に聞くんだ?もう、私も45よ…」

「全然、大丈夫ですよ!課長、奇麗だし…」

「あら、こんなオバサン口説いてどうするの?」

何度か自販機に行ってチューハイを購入し、課長も酔って恋愛のこととか男性論を語りだした。

「私も男性に負けたくなくって、いつも厳しいこと言って迷惑かけてごめんね」

「いや、気持ちわかります。俺は大丈夫ですから!」

「さぁ、明日も運転お願いね!飲酒運転にならないように寝ましょう!」

俺はすぐに寝てしまったが、課長は温泉に行っていたみたいで、ドアが開く音で目が覚めた。

「ごめんね、何だか寒くて寝れなくて…」

「あ、寒かったら俺の所にきてもいいですよ。

襲っちゃいますけど!」

「バカ、もう寝なさい!」

俺はまた眠りについたが、課長が何度も寝がえりうってた。

「寒くて眠れないんですか?だったら、おいで」

課長は無言で俺の布団に入ってきた。

いい香りがして俺も眠れなくなったが、チンポはギンギン。

でも遠慮がちに腰を引くようにしてると、

「吉田くん、もしかして私で元気になっちゃった?」

と俺のチンポに手を伸ばすと……

「すごいね~なんだか嬉しい…私みたいなオバサンに」

「オバサンじゃないですよ!」

今度は課長がキスをしてくれた。

「襲っちゃいますよ、マジで」

「うん、襲っちゃって…」

浴衣の下には下着をつけていて、年上の女性らしく綺麗なブラジャーとパンツでドキッとした。

薄暗い部屋だったけど体形は崩れていないし、マンコも舐めてやると可愛い声で感じてくれた。

久しぶりだと言っていたがフェラもしてくれて、ゴムなんかないから、そのまま生で入れた。

「硬くて気持ちいい…もっと突いて、吉田くんやめないで!」

「課長、気持ちいいです、ヤバいっす!」

課長の中はヌルヌルで、久しぶりだったのかキツい。

入り口がかなり締め付けるようでたまらなく気持ちいい。

「中に出しなさい!あ、そこ…」

課長の中で、大量に精子が出た感じがした。

課長が正直すごく可愛かった。

30分ほどのセックスだったけどシーツはぐしょ濡れ。

今度は課長の布団で朝まで抱き合いながら眠りについた。

目が覚めると課長はいなかった。

また、温泉に行ったようだったので、俺もパンツを履いて浴衣を羽織って温泉へ。

エレベーターを降りると課長と出くわした。

何だか恥ずかしかった。

「また、後でね…」

朝食前に課長を抱き寄せ今度はバックで中出し。

朝食後はチェックアウトの時間まで、裸でくっついて、最後は正常位でまた中出し。

「もう、エッチなんだから。若いわね」と課長も笑ってた。

帰りの車、飛行機の中でも手を繋いでいたが、会社に戻るといつもの課長になってた。

帰ってからまた課長とエッチしたんだけれど、その話はまた今度。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: