FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

【熟女体験談】保護者会で出会った奥さんに誘惑され、断れずラブホで中出しSEX

kage

2019/11/13 (Wed)

子供が小学校に入ったのですが、自営業ということで、なぜか保護者会の役員をすることになってしまったんです。

保護者の多くにお客さんが多くて、断れないという事情もあったんですが。

その日の夕方、親睦会と言う感じで居酒屋に行ったのですが、男は自分だけ。

ほとんどが顔馴染みの奥さんたちだったのですが、女3人寄ればではありませんが、大声でおしゃべり。

居心地が悪くて隅っこでビールをチビチビやっていると、

40代前半くらいの若い奥さんが「どうぞ」とビールを注ぎながら、「なんか騒々しいしいですよね。

こっそり抜け出しませんか?」と言ってきたんです。

片親で子供がイジメに遭わないようにと保護者会に参加したけど、

歳が上だし知らない人ばかりで、という理由で会話に参加できないらしい。

それに「相談したいこともあるし……」と言われてしまったら、役員として黙ってられません。

で、バレないように別々に店を出て、別の居酒屋へ。

彼女は、42歳で隣駅近くにあるスナックで働いている杏子さん。

高校の時に付き合っていた彼氏とデキ婚したけど、すぐに離婚。

父親が違う子供が2人いるらしい。

そんな話をしているうちに、なぜかうちの夜の生活の話になって。

まさかこんなことになるとは思っていなかったのですが、断ることもできず、酔いもあってラブホへ。

部屋に入ったとたんに「久し振りだから期待しちゃう」と、ズボンとパンツを一気に下ろしてしゃぶりついてきた。

こっちも期待で半立ち状態。

ねっとりと舐めまわされて彼女の口の中でカチカチになってきて、ガマン汁がダラダラ出てきた。

このままだと彼女の口の中で果てそうだったので、ベッドに押し倒して、キスをしながら服を脱がして乳首を舐め、アソコも舐めまくった。

「あん、いい、もっと、もっと」と言う彼女の要望に応えて舐め続けていると、

ドロドロとした濃いものが出てきて、体をビクンビクンさせながらイッた。

それでも舐めて欲しいらしく、さらに舐め続けて、クンニで何度もイカせた。

こちらもこれ以上焦らされるとつらいので、もういいだろうと勢いに任せて生挿入してしまった。

「ああん、いい~」体を弓のようにしならせて

「いい、擦れる。あん、擦れる」と喘ぎまくって、背中に爪を立ててきた。

体位を何度も変えてピストンしていると、バックの時に彼女が一際大きく喘ぎ出したので、そこから先はずっとバックで突きまくった。

「あん、イク、またイッちゃう」とバックで何度もイキまくって、ナニを締め付けてくるので、ガマンできずにそのまま中で出してしまった。

中出ししたことに気付いてないのか、気にしていないのか、「もっとして」とドロドロになったナニにしゃぶりついてきた。

彼女の絶妙なフェラにすぐに復活してきて、また生ハメ。

今度は彼女が上になった。

グイングイン腰を動かす彼女をさらに下から突き上げて、また中出しした。

あまり遅くなると妻に怪しまれるので、彼女と別々にホテルを出て帰ったが、

保護者会のたびに彼女からお誘いがあり、ついつい誘惑に負けてこっそりラブホに行ってしまっています。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: