FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

【熟女体験談】田舎のスーパーで人事担当として働き、色んな熟女を車中やラブホでいただいた

kage

2019/11/13 (Wed)

年は33歳、バツイチ男です。

都会で一流商社に就職し結婚もしたものの、うだつが上がらず、

おまけに取引先の事務員45歳との不倫が発覚し、田舎に帰ることになりました。

会社の口利きで地元の中堅チェーンスーパーに勤め始めて3年。

大きい店の主任で人事担当、といってもパートおばちゃんの採用係。

私にはうはうはです。

冬はおばちゃんをゲットするチャンスの季節です。

日が早く暮れるので、私がワゴン車でおばちゃんたちを順に家近くまで送るのも人事担当の仕事です。

なので時には二人きりになることも。

もう40~60代のおばちゃんを7人ほど車中やラブホでいただきました。

そのうちの一人が、さち子さん。

年は52歳と小太りな普通のおばさんです。

足の張りが大根でいやらしい。

チェックの膝下スカートの下はグレーの縦縞タイツに黒のハイソックス。

まさにおばさんそのもので、私がヤリたいタイプです。

子どもは家を出て主人と二人ぐらし。

ご主人は退職してからは何もせず家でブラブラ。

昼から8時頃までは釣りやパチンコとのこと。

そんな不満を聞いていると6時になり真っ暗。

そのうち主人のよく行くパチ屋の駐車場に入ってキスをしてしまいました。

胸が大きくて一度は触ってみたかったさち子さん。

もちろんただでは何もさせてくれませんし、こちらもお礼をするのが礼儀。

「報酬は一万」と言うと、ジャンパーを脱いでくれました。

暖かそうなカーデガンの下はタンクトップを着ていて、大きな乳が見えました。

「Dカップですか」と聞くと「たるんでいるだけよ」と答えてくれました。

大きなブラジャーを上げ吸い付くと、アンアンと声を漏らし出しました。

それからスカートをたくしあげると、グレーの縦縞の厚手のタイツには白のショートガードルまではいていました。

さち子さんは「タイツが落ちるのでガードルを履いてるのよ。

お尻が温かくて冷えないわ」と教えてくれました。

スーパーは制服スカートで夏冬ともストッキングまたはソックスは黒色と決まっているので、

50代以上のおばさんはストッキングとハイソックスを重ねているのをよく見かけます。

冷え性の方が多いのでしょう。

さち子さんは、今は食品の出し入れ係ですので特に冷えるのでしょう。

ガードルを降ろし、タイツの上から陰部をさすると、アーアーと淫らな声が出始めました。

主人とはもう5年も夫婦関係はなく、Hは前の店長と2年前に数回合った程度とのことでした。

それ以来の行為でした。

さち子さんも拒否することなく、私のチンコをズボンの上からさすってくれました。

前の店長にもしていたことかなと思うと少し嫉妬しました。

タイツを膝まで降ろすと肌色のむっちりした腿と紺色のおばさんパンツが見えました。

「いや、やめて」

「こんなこと、店長としてたんでしょう」

「こんなことはされてないわ」

今度はさち子さんの口を奪いにいきました。

さち子さんは応じてくれて、舌をからめながら、私は陰部を触り続けました。

中指と人差し指を膣に入れるとにゅるにゅるでべっとりしていました。

二つの指で膣の中をかき回していると、そのうち

「変な気持ちになってきちゃった。ああいい。」

と気持ちよさそうです。

さち子さんを後部座席に誘い入れ、陰部をなめてあげました。

さち子さんは「恥ずかしい、いやいや」と言いました。

それからタイツとパンツを片足脱がせ私の太いチンコをマンコに入れるとにゅるっと温かく

「あー」とさち子さんは大きく声をあげました。

3~4回ピストンすると

「ああ、いい、ああーん」

「いく」

「いくいく」

私はその声に我慢できず、中に出してしまいました。

「中にだしたの」

「ごめんなさい」

「もう、まあ大丈夫よ。
もうたまにしか生理はないから」

マンコからチンコを抜くとドロッと白い液が出てきました。

二人で座席のシートを拭きました。

さち子さんのたるんだ大きなお尻が堪りませんでした。

その後も月1回程度Hしてます。

当然、秘密料は払っていますし、少し時給を高くして上げています。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: