FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

【熟女体験談】還暦間近な小料理屋のおかみさんのセックスの激しさに女体の奥深さを教えてもらった

kage

2019/11/07 (Thu)

行きつけの小料理屋のおかみさん。

還暦間近ですがなかなかの色っぽさです。

ちょいポチャで愛嬌があって、昔はモテただろう妖艶な笑顔に、足がつい店に向かいます。

私にとっては姉というより、母親に近いくらい歳が離れています。

そのおかみさん、健康のためと長年フラダンスをしています。

「今度、人前で踊るのよ」

「見に行っていいですか?」

「おばさんの集団よ、でもうれしい!」

ちょっと興味があって、見に行ってみました。

……たしかに全員おばさんでした。

その中で、おかみさんはイキイキと踊っていました。

もともと熟女好きの私にはすごく輝いて見えましたし、それを見に行ったおかげか距離がぐっと近くなったのを感じました。

聞けばおかみさん、早くにご主人を亡くされているとのこと。

一人暮らしなことは知っていたのですが、ちょっと驚きました。

どうしてもおかみさんへの興味が抑えられず、何気に誘ってみました。

「今度、遊びに行ってもいいですか?」

「…本当に…?もちろんいいわよ。

今度月曜日は?翌日お店お休みだから」

当日、お酒を片手にお邪魔してみました。

おかみさんの料理に満足しながら、夜中までかなりの量を2人で飲みました。

小料理屋さんだけに、おかみさんはお酒に強く乱れません。

それでいて、ほんのり赤みをさした頬。

とても色っぽかったです。

「今夜は泊まっていきなさい」

おかみさんの言葉に、天にも昇る思いでした。

お風呂を勧められて、すでに興奮気味です。

半立ちのものを丁寧に洗い、部屋に戻ると…ここで頭乾かして待っててねとばかりに、通された部屋は寝室のようでした。

すでにお布団が2つ並べて敷かれていて、部屋にはほんのりといい香りがします。

まもなく彼女もお風呂から上がってきました。

が、ここから、彼女が豹変することをまだ知りませんでした。

彼女は、部屋の照明を柔らかく落として近づいてきました。

「今日は、女にして…」

あっという間に、私は舌を吸い上げられました。

ちょっとポテッとした唇が私の体中を舐めつくしていきます。

乳首はこれでもかと舌先で弄ばれ、ビンビンに反り返ったところで亀頭をくわえこみました。

フェラと単純に言うよりもはるかに激しく、喉奥で吸い上げながら舌をグルグルと巻きつけるような感じです。

恥ずかしながら、私にはほんの数分しか持ちこたえることはできませんでした。

「いきたいでしょ?いきなさい」

その言葉に弾けるように、ものすごい勢いで射精が始まりました。

…その瞬間、射精のビクつきに合わせて彼女が吸い上げます。

無意識に大きな声が出てしまい、何度も射精のビクビクしてしまいました。

こんな事は初めてです。

彼女は、おいしそうに精子を飲み込み、キレイにお掃除フェラをしてくれました。

「舐めるの好き?あたしのもお願い…」

すでに彼女の股関からは光るものが見えます。

彼女の脚を大きく開くと、厚めのビラビラが顔を出しました。

泡立つようにしとどに濡れて開いています。

少し濃くなっているビラビラは、股間の両脇にくっついてぱかっと開き切り、ピンクの奥が見えました。

クリは小さめで包皮に隠れています。

「舐めて!いっぱい舐めて!」

思いきりしゃぶりつきました。

彼女は、何度も何度も達しながらも、なお舐めるのを催促してきます。

気がつけば、二時間近くも舐めさせられていました。

少し休んで、いよいよ挿入です。

ここから朝方まで、ほとんど休むことなく彼女の中に精子を放ち続け、しぼり取られました。

私も彼女も何度いったかわかりません。

彼女のオマンコは、まるで生き物のようにヌメヌメとからみついてくるのです。

最初のうちはサラッとしていた愛液も、セックスをくりかえしているうちに、粘ついた濃いものになりました。

何度出し入れしても、湧き上がるように結合部が濡れていきます。

私の勃ちが悪いと見るや、アナルから前立腺を刺激され、また固くして挿入です。

何度目かのセックス、彼女は私の指二本をアナルで咥えこみながら、バックで突き上げられてついに失神してしまいました。

女体の奥深さをまさに教えてもらった気がしました。

熟女は本当にすごい…。

その後も相変わらず仲良くしているので、またお邪魔するつもりです。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: