FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

【熟女体験談】居酒屋で知り合った完熟人妻のムッチリボディをじっくり楽しんでから中出し

kage

2019/11/02 (Sat)

里美さん62歳、近所の小さな居酒屋で知り合った。

れっきとした人妻。

俺は45歳の単身赴任者。

「こんにちは、来たよ~」と平日の昼過ぎに買物ついでに、いつも里美さんはふらっとウチのアパートに訪れる。

Tシャツにムームーのようなダボっとした長いスカートを履いているが中身はムッチリしている。

そこがたまらない。

俺はシフトの関係で平日休みも多い。

だから、里美さんもウチに来やすい。

狭いワンルームの部屋に入るなり「どれどれ、元気あるかな?」と里美さんが短パンの上からナデナデ。

こうなると、この後の事を想像して一気に硬く大きくなる。

里美さんがそれを手のひらで感じ取ると「あらあら、それじゃあ、ちょっと」と立っている俺の前にしゃがみ込み、

手慣れた手つきで短パンとパンツを一緒に降ろし、舌を尖らせて雁の裏側をチロチロと刺激する。

もうそれだけでギンギンになる。

「相変わらずすごいね」と嬉しそうな里美さん。

俺はベッドに腰掛けて、里美さんがひざまずく。

亀頭部分をスッポリ口の中に入れ、舌全体を使って舐めてくれる。

ヌラヌラと生温かい唾液とざらついた柔らかい舌がペニス全体を包み込み、的確に敏感なところを刺激してくるのだ。

俺は思わず声を出して悶えてしまう。

この超絶テクニックで竿、玉、アナルと全てを舐め尽くす。

20分程で限界が来て、里美さんの喉の奥の方に発射。

口一杯に溜めたザーメンを一気にゴクリと飲み干し、里美さんは満面の笑み。

ここまでがいつものお約束。

時間がない時はこのまま帰る。

時間がある時は、今度は俺が奉仕する番になる。

タップリ潮を吹かせ、正常位>騎乗位>正常位と里美さんのムッチリボディをじっくり楽しんでから、マンコの中にザーメン放出。

更に時間がある時はバック>騎乗位でもう1発中出し。

里美さんの上の口と下の口は、俺の溜まりに溜まった精子で満たされ、大満足で元気に帰っていく。

一方、絞り取られた俺はグロッキーになって夕方まで爆睡。

おかげさまで里美さんと知り合ってからは風俗なんて皆無。

熟しきったエロイ身体とテクニックを堪能させてもらってます。

……そうだ、来週の平日休みを里美さんにメールしなきゃ。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: