FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

【熟女体験談】飲み屋で知り合ったオバちゃんと親子禁断プレイにハマってしまった

kage

2019/10/31 (Thu)

マナミちゃんは飲み屋で知り合ったオバちゃんです。

50半ば。

気さくで、20歳ぐらい年の離れた俺ともすぐに意気投合して、二度目に会ったときには連絡先を交換してくれました。

こっちから飲みに誘った三度目には、お互い酔っ払ったままラブホに突入してエッチしちゃいました。

オレがマナミちゃんを気に入ったのは、10年近く前に亡くなった母によく似てたから。

顔が似てると、声や性格も似るんですかね。

背が低いけどぽっちゃりむっちりで、よく笑うし、よく飲む。

そんなマナミちゃんにフェラしてもらうと、気持ちいいやら罪悪感がわいてしまうやら。

母親より歳上(亡くなったのは49歳のとき)の女性とセックスするなんて初めてだったから、ドキドキしてたんだけどすげー気持ちよかった。

お世辞にも美人とはいえんけど、マナミちゃんは半端無くセックスがよかった。

聞けば、バツイチで一人娘を抱えてたのでずっと風俗で働いてたとか。

再婚して店をやめた今でも、マナミちゃんとヤりたいと連絡入れてくる男もいるらしい。

けれど、そんな話を聞いても全然萎えたりしなかったし、むしろあっけらかんと話すマナミちゃんを気に入ってしまった。

マナミちゃんもオレを気にいってくれたみたいで、「たまにごちそうしてね」というと、決して金を受け取ったりしなかった。

で、休みの日にマナミちゃんと昼間から飲んでる時に、母親に似てるんだーみたいな事を言うと

「ちょっとアンタ、お母さんにあんなエグいセックスすんの?」と笑いながらツッコミ。

確かに、マナミちゃんにアナルに指入れたり、SMチックなことをしたけどさ。

だけど、マナミちゃんもノリノリで「ね、なんて呼んでたの?お母さん」というので、教えると「そっかぁ、ノリか。

じゃあ、今度からノリって呼んであげる」といやらしく笑った。

オレも悪乗りしちゃって・・・飲んだ後はラブホでマナミちゃんと一戦するのが定番になってたけど、

マナミちゃんが禁断プレイしない?という提案をしてきた。

オレはマナミちゃんを母ちゃんと呼ぶし、マナミちゃんはノリと呼ぶと。

じゃオレ実家ぐらしだから、そこでする?というと、

「え?誰かいないの?バチあたらないかなぁ・・・」と心配してたけど、

今一緒に住んでるのは姉だけで、彼氏とデートと言って昨日から帰ってきていない。

翌日は日曜日だし大丈夫だろうと思ってた。

タクシーの中でも親子を演じて、母ちゃん、ノリと呼び合ってた。

実家につくと、シャワーを浴びてビールを飲みながらセックス開始。

せっかくだからと、ビデオを回しながらいちゃいちゃしてた。

マナミちゃんが髪をくくっておでこを出すと、仏壇の遺影の母に本当に似ていた。

ファインダー越しだと、母といってもわからないだろうと思った。

10年前の母の記憶はおぼろげだけど、マナミちゃんにされてるうちに本当に母とセックスしているような気分になった。

そういや、寝てる母に性的にいたずらして、叱られたなぁ・・・

と高校生のときの過ちを思い出しながらマナミちゃんを母ちゃんと呼びながらフェラチオされていた。

「ノリのおちんちん、お母さんのココに入れて」マナミちゃんは割れ目を両手で広げると、熟女の中身を見せた。

さすがにオレも母のマンコの中は生涯覗くことはなかったけど、これだけ似ているマナミちゃんだから、きっとマンコも似てるんだろうなと思った。

「せっかくだしさ、今日は生でしようよ・・・病気なんかじゃないでしょ?」マナミちゃんがそう言った。

妊娠することはないとはいえ、人妻でセックスも現役バリバリだというので遠慮して生でしたことなかった。

途中のコンビニで買ったコンドームを開封することなく、オレはマナミちゃんに覆いかぶさった。

服を脱がせて、下着姿になって、オッパイを触って、マンコを開いて、そのたびにわざと名前を呼び合って・・・

異常に興奮して、すぐマナミちゃんの中に射精してしまった。

そんな調子で何回もマナミちゃんの膣の中に射精し続けた。

ドロドロと流れ出す様子を撮ってると、「ノリの子供できたらどうするの」と芝居がかったことをいうマナミちゃん。

はめてるときも「ダメ、ノリ。親子なのよ」と下手くそだったけど、なんか燃えた。

マナミちゃんとはスマホでハメ撮りはしてたんだけど、やっぱりビデオカメラはよく撮れてた。

AV撮影みたいだったけど、禁断プレイは楽しかった。

失敗だったのは、姉が帰ってきたことに全然気が付かなかったこと。

居間でセックスしてたので、

チンポを挿したままのマナミちゃんのマンコがよく映るようにビデオの前で大きく股を開いてるところを姉の眼前に晒してしまった。

姉はオレが女連れ込んでると、怒ってたけど、やっぱりすぐに気がついたみたいだった。

「え??お母さん??え?誰、その人?」

ビデオの最後にパニクった姉が映り込んでた。

大失敗だったんだけど、姉に禁断プレイをしてたのを知られなくてよかった。

マナミちゃんはこの、親子禁断プレイが気に入ったみたいで、ずっと続けている。

もうちょっとマナミちゃんとのセックスについて具体的に書こう。

マナミちゃんとはけっこうやりまくってるので、初めてがどんなだったか半分忘れてる。

でも、店から出るときにはラブホ行こう!!と、いちゃいちゃしてたのは覚えてる。

居酒屋の女将さんが呆れて「ちょっと?あんたら、親子ほど離れてるのに、本気?」というとマナミちゃんは

「旦那には黙っといて」とニヤッと笑って腕を組んでました。

ラブホまでの行きすがら、聞いたら旦那も常連とか。

「あの女将は友達だから大丈夫、大丈夫」とフラフラ2人で向かった。

ラブホに入ると、マナミちゃんはお風呂にお湯を張ってる間、ベッドに腰掛けてイチャイチャ。

マナミちゃんはオレのチンポをシコシコ。

オレは大きなおっぱいを服の上から揉みながら、スカートの中に手を入れるとパンティ履いてないし。

「やっと触ってくれたね。こんな、おばちゃん口説いてくるくせに奥手なんだから」とニヤニヤ。

耳元でラブホ行かない?と誘ったあと、トイレで脱いできたらしい。

茂みをかき分けると、もうヌルヌルになってて簡単に指が飲み込まれた。

勃起してるんじゃないというぐらい大きなクリトリスをヌルヌルと撫ぜると

「そんなことしたら、気持ちよすぎだって・・・」と手を止める。

マナミちゃんはため息をついて、「あのさ、ずっと待ってたんだから・・・まずは、このおちんぽ入れて」とニヤっとイヤラシイ笑みを浮かべて

手際よくコンドームをかぶせると、仰向けになった。

「うふふふ・・・来て。おばちゃん、いっぱいイカせて」少し、グロなマンコを外から見てもわかるくらいヌルヌルになって、

クパぁと開くと中の汁が滴ってきた。

挿入すると、ブチュっとマナミちゃんの愛液が溢れた。

ローションでも使ってるような濡れ方だった。

「あ~イイ!すっごい固い!!お兄ちゃんのおちんぽ、イイ!!」

リップサービスも入ってるだろうけど、マナミちゃんがそう言ってくれるのは嬉しかった。

「旦那の萎びれたのなんか、もういらない!!・・・お兄ちゃんのおちんぽが欲しい」

感じてる姿も色っぽくて、ホント男の喜ぶツボをよく知ってる。

オレがいきそうなを感じると、

「イイ・・・来て、一緒に行こ。んん!!!」

イッたあとも抱き合ったまま、ずっと繋がってました。

いつもはすぐに離れてしまうんだけど、マナミちゃんがキスを求めてくるから、チュパチュパと舌を絡めてると、

再びマナミちゃんの中でムクムクと・・・50を越えた熟女とのキスでこんなに感じると思わなかった。

それから、一緒にお風呂入ったり、ベッドでイチャイチャとハメ撮りしたり・・・

旦那に見られたら言い訳できないぐらい、バッチリはめ込んだ写真や、

コンドームをぽっちゃりしたお腹に並べてダブルピースさせたりと、マナミちゃんもノリノリでした。

いろんな人とセックスしたけど、楽しかったのは久しぶりだった。

驚いたのは、マナミちゃんは本当によく濡れる体質らしく、セックスしてる間中、ずっと股間を濡らしてた。

さらっとしたのではなく、ねっとりとした愛液で糸をひくマンコというのを本当にみたのは初めてだった。

禁断プレイを始めてからは、このねっとりしたマンコとのよさが本当によくわかる。

中のヒダヒダが絡みついてきて、すごく気持ちいいけど、長く挿入してられる。

よく締まるけど、滑りがいいからマナミちゃんがイクまでなんとか我慢してられる。

そんなマンコだ。

「感じるふりなんかしてないよ。だったら、私から誘わないもん。なんか相性いいんだよ、私達」

いろんなチンポを知ってるマナミちゃんに、誘ってもらえるのはやっぱり嬉しい。

できればずっとこうして、マナミちゃんとのセックスを続けたい。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: