FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

【熟女体験談】沖縄のホテルで年増のおばさんにオイルマッサージしてもらい大量射精

kage

2019/10/25 (Fri)

沖縄に出張したときです。

夜疲れたので、マッサージをお願いしようと、ホテルでメニューを見ると、オイルマッサージというものがありました。

「えっ?」と疑いましたが、ランクでいえば結構いいホテルでしたので、怪しいものではないだろうと思い、お願いすることにしました。

30分後にノックの音がしました。

やってきたのは50代くらいの年増のおばさんでした。

「オイルマッサージってどんなんですか?」ちょっと不安な俺。

「今から用意するからちょっと待っててね」おばさんは手際よくベッドの上にシーツをしいて、オイルがかからないようにしていました。

「はいどうぞ、下着だけで仰向けに寝てね。」

おばさんは淡々とそういうと俺に視線をおくりました。

俺は実はその日、黒のビキニの下着だったので「ちょっとやばいなあ」と思いながら裸になりました。

「あらあら、すてきねえ、セクシーじゃなあい」おばさんは笑っていいました。

さて俺のほうは仰向けに寝ると、早速マッサージの開始です。

下着以外の露出している肌にオイルを塗りたくります。

そしてしごくように筋肉をマッサージしていきます。

なかなかこれが気持ちいい。

おばさんもなかなか力があるので、結構凝りが取れる感じ。

腕から始まって胸、結構快感。

次に脚の指先。

そしてふくらはぎ太腿。

だんだん血行がよくなってきます。

下半身の血行がよくなるとどうなるか・・・お分かりのようにやや勃起してきます。

しかも黒のビキニだから形がわかるし・・はっきり勃起がわかってしまう。

しかも俺の場合勃起前後でぜんぜんサイズがかわるから「やばいなあ」とおもっていました。

オイルマッサージはどんどん足先からあがってきます。

おばさんは慣れているのでどんどん業務的に進めます。

「元気いいのね」笑いながら、俺のムクムクしたものを見つめながらいいました。

黒のビキニラインぎりぎりにマッサージが進みます。

本当に男根にふれない程度のぎりぎりのところ。

でもホテルのちゃんとしたマッサージだから、変なことにはなりません。

あんまり気持ちがいいのでつい「あああ・・」って小さな声を漏らしてしまいました。

「セクシーな声ね」そのとき、急におばさんの指がビキニの脇からすばやくはいってきました。

あっという間に男根の一番敏感な亀頭を指がこすりあげました。

半分いたずら、半分本気だったのかもしれません。

「おおっ・・」俺は今度は大きな声をあげてしまいました。

相当ビキニパンツが隆々としました。

見ると愛液が染みていました。

おばさんの顔をみました。

先ほどの笑顔が消え、真剣なまなざしで男根をみつめています。

「脱いで」おばさんはそういうと、俺のビキニを手早く脱がせると

袋を揉みながら、なんといきなり口にそそり立った男根を押し入れてフェラし始めたのです。

年齢など関係の無い性欲の刺激だったのでしょう。

俺はおばさんの谷間をまさぐろうとしましたが、とにかく肉棒をくわえたおばさんの集中度がすごくて、圧倒されながらされるがままです。

行きそうになるくらい高まってきたところで、おばさんは「中にださないでね」といって下半身だけ裸になると上にまたがってきました。

されるがままに、俺の上でおばさんはすごい腰を使い、

ブラウスの上から自分の胸を揉みしだきながら[おおっ、おおっ」と激しく叫びながらいってしまいました。

俺はまだ発射していなかったので、オナニーみせてといいました。

おばさんは開脚して激しい形相でオナニーを始めました。

若い女性に比べて、クリのこすり方が強く、そして激しいかんじで圧倒されます。

俺はその淫らな光景を見ながらおばさんに近づくと、おばさんは亀頭を激しくこすり上げました。

勢いよく大量の精液がおばさんのブラウスに飛び散ったのです。

沖縄での思い出でした。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: