FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

【熟女体験談】スーパーのレジにいるおばちゃんの爆乳みたさに通っていたら、ご飯を作ってもらえるようになりそこで中出しSEXをさせてもらった

kage

2019/09/22 (Sun)

独身の僕が毎日仕事帰りに立ち寄るスーパーマーケットに、

いつもレジにいる55、6のおばちゃんがいます。

そのおばちゃんがなんとまあすごい巨乳で、

別に巨乳好きの人でなくても、ちょっと凝視するぐらいです。

僕もそれほどの意識は無かったんですが、なんとなく愛想がいいと言うか、

爽やかなイメージがあるのでおばちゃんみたさと言うか、

爆乳みたさにほぼ毎日通ってました。

ある日のこと。

「お兄さん、自炊してるん大変やねえ、奥さんも彼女も、いないん?

私が、今度ご飯でも作りに行ってあげよか?」って言われました。

よく考えると少し失礼な事言うなあと思いましたが、

僕も、明るく爽やかに、なんと言っても爆乳が気になってたんで、

「ほんとですかっ嬉しいです。お願いします」と言って、

その場で携帯番号を渡しました。

すると、その夜早速電話があり、今から来てくれるとのこと。

家の近くのコンビニまできてもらって、そこへ、僕が迎えに行きました。

おばちゃんの私服は、普通のTシャツに膝までのスカートでした。

Tシャツは、でかすぎるオッパイで盛り上がってました。

早速部屋に案内して、ご飯、麻婆豆腐を作ってもらいました。

お酒も少し飲んで、会話も弾みました。

どうも、旦那さんは薬品会社に勤めていて営業なので、

月の半分以上は出張に行かれてるそうです。

子供がいないので、毎日1人でいるらしいんです。

それから僕はお酒も少し入っていたので、

少し調子にのって、おばちゃんに、

「おばちゃん、オッパイめちゃくちゃ大きいですね!」って言ってみました。

すると、あっさり「触りたい?」って。

やっぱり日頃から、男性の視線は相当感じるそうですが。

その爆乳オッパイを突き出してきたので、

いいんですかって言いながら触りました。

「触るんなら、もっと思い切り触り」

って、自分でTシャツを脱いでました。

Gカップらしいんですが、ベージュの薄手の乳首丸見えのブラジャーも外して

遠慮なくもみまくりました。

少したれぎみでしたが、まだパンパンなはりがありました。

調子にのって、おばちゃんと一緒にお風呂に入りたいって言ったら、即OK。

パンティは、ベージュのなんとTバックでした。

たまに帰ってくる旦那さんのためにだそうで、

お尻を付きだして脱いでる姿をみて、

僕のあそこは、ビンビンになってしまいました。

まあっお兄さんのすごいなあって言われながら、

真っ裸になって、お風呂の中で触りまくり。

少しでかめの乳輪も吸いまくり。その後、洗いっこをしました。

おばちゃんもかなり濡れてきて、いつもの爽やかおばちゃんではなく、

お色気むんむん熟女になってきました。

「お兄さん、私もうおかしくなりそう」

って目をトロンとさせて言ってきたので、ベッド行こうかって言いましたが、

そこまでも我慢出来ない様子です。僕のそそりたったのをくわえて、

「お願い~一回だけでいいからぁ」っておねだりしてきました。

僕も我慢出来ずに、お風呂のなかで、

おばちゃんを壁に手をつかせて、Gカップの爆乳をもみながら、

バックからヌルっと入れます。

ガンガン突いていたら余りに気持ちが良すぎて、

勢いで中で出しちゃいました。

その日は、ベッドでまたバックでもう一発。計二発。最高でした。

その後も旦那さんの出張中には、

おばちゃんの爆乳を僕が守っています。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: