fc2ブログ
2024 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2024 05

【熟女体験談】初めて夫以外の男性とセックスした兼業主婦

kage

2023/10/13 (Fri)

私は39歳、兼業主婦をしています。

私は、先日、初めて夫以外の男性とSEXをしてしまいました。

そのときの様子をここに書いてみたくなりました。

先日のデートで私は今も酔ったような気分でいます。

いつもの自分とは違った感覚…何もかも上の空のような状態、気持ちがフワフワしていて落ち着かない。

寝てもさめても、あの時の記憶しかありません。

当日私は社長に呼び出された場所へ行きました。

ホテルのロビーで待ち合わせをしていました。

約束の時間より早く到着した私でしたが、その時に携帯が鳴って電話に出てみると社長からでした。

「ホテルに着いたら、○○号室にいるので、そのまま上にあがってきて」

とのことでした。

何となく…出かける前から予感はしていたものの、でも、やはり気は落ち着かず、ドキドキしっぱなしでした…これからの自分のことを考えると…不安…。

部屋のドアの前のドアに立ち、チャイムを鳴らしました。

部屋の中から歩く音が聞こえ、近づいてくるというのがわかりました。

ドアのロックが外される音、それだけでドキッとしました。

社長が顔を出し私の顔を見るなり

「大丈夫?」

と聞いてきました。

「はい。

何とか大丈夫です…」

と答えると、肩をつかまれそのまま部屋のなかに導かれました。

「今日の仕事の話だが…」

と話し出す社長の言葉が、私にはなかなか耳に入ってきません…私はかなり緊張をしていたと思います。

緊張の原因はやはり社長の視線でした。

ホテルのなかのソファに座った時、ソファが柔らかすぎて、腰がずっしりソファに食い込んでしまったせいで、ミニスカートを履いた私の膝から上が見えそうになるのをずっとスカートのすそをおさえて座っていたためでした。

あい向かいに座っている社長に、スカートの中身が、全てが、見えてしまう…だから、私はそれだけに必死でした。

「○○さん、今の話は、理解できた?」

と聞かれたとき、ドキッとしてしまいました。

「何となくわかったような気がいたします」

と答えると社長が笑い、

「さっきからずっと緊張してるようだけど?ほんとに大丈夫?しょうがないから、○○さんの緊張を解いてあげよう」

と社長が手馴れた手つきで、もともと用意してあった??ワインをワイングラスに注ぎいれてくれました。

「せっかく貴女と二人っきりになれたのだし、仕事の話も終わったし、ここでちょっとお話でもしましょう、じゃ、乾杯!」

っていう感じで。

いくらかワインに口をつけたかと思います。

ワインぐらいなら飲めるはずなのに、なぜだか、体中が火照ってきました。

目がまわる?という感覚のような、もう、からだ全体が燃えているような感覚というか、あまりにも熱くて、スーツの上に着ていたジャケットを脱いでタンクトップ1枚の姿になりました。

でも、さほど、私はその時、今までのドキドキ感は無くなっていて、気分的には何とも無かったように思います。

社長が私のそんな姿を見てか?

「結構いい体つきをしてるんだね?」

といったように思います。

「あ、いえ、もうくたびれた体ですから、若いひとたちとは違います」

と答えると、

「今が一番年齢的にも熟してて旬な頃だよ」

というと、いきなり、社長が私の手首を掴み、社長のほうへ引き寄せられました。

今まですそを必死に掴んでいた私の手がスカートから離れ、ショーツが見えそうになるぐらい、グイとつかまれその時とても焦りました。

私は酔ってはいなかったのです。

ただすごくからだが熱かった、それだけ今でもからだが記憶しています。

社長から引き寄せられると、私は、そのまま社長の腕の中にいました。

肩を抱かれて自然に寄り添うように座っていました。

社長のそばに居るとき感じたのは、知らない間に緊張が解けた状態だったということです。

たぶん、その時に、これから起こる出来事に対して、予感し、覚悟を決めていたのかもしれません…。

社長が

「大丈夫だから安心していいよ」

と言ってくださいました。

「はい、わかってます」

とお返事をすると、社長が私のあごを持ち上げ、キスしてくださいました。

ス…それだけで私はとろけそうになってしまいました。

もう幸せな気持ちでいっぱいになってしまい、そのまま、キスだけでいい、それ以上は何も無くても…なんておもっていました…でも、キスされながら、社長の手が私の肩からだんだんおりてきて、腰のあたりをさすっているとき、私は本能的に腰をちょっと浮かせて触らせやすいような体勢をとりました。

本当はもっともっと社長に触って欲しかったからです。

すると、社長が私をそのままソファの肘掛の部分を頭にするように寝かせてくれ、社長の体が次第に私の体の上に覆いかぶさってきました。

もう私は身動きがとれませんでした。

「私からだがとても熱くておかしくなりそうなんです」

といったようです。

社長が私の言葉を聞いて

「うんうん」

と頷き、

「だけど、とてもいい気持ちだろう?大丈夫、任せてくれれば、もっと気持ちよくしてあげる…」

といってくださいました。

「貴女の鎖骨はとてもきれいだね」

といい、キスをしてくださいました。

「鎖骨ですか?」

「そんな骨をほめられたことは初めてです」

というと、笑われました。

うん、とてもキレイだよ、それにすべすべしている、だけど、ここの下はどうなってるんだろう?と社長は、私のタンクトップのひもを持ち上げて言いました、

「どうなってるのでしょうか?」

というと、また笑われました。

社長の口車に乗せられ、私は着ているものをどんどん脱がされました。

最後のスカートに差し掛かった時、社長は手を止め、

「ここはまだ駄目」

って。

「俺はー、きょうはちょっとばっかり緊張してしまうよ」

「え?そうなの?」

と私がいうと、

「俺のことを、浮気性で、いろんな女性とも関係を持っていることも知っていて、Hであることを全てわかっていて、それでも尚、俺を好きだと言ってくれてるひとが目の前にいるんだから、そのひととこれから関係していいものかどうか、正直言って、迷っている自分もいる…」

と。

「だけど、普段の俺なら、構わず食ってしまうところなんだけど、そうと思わせないのは、やはり、貴女の魅力なのかもしれない、そのまま黙って、部屋から出て行ってもらおうかと思ったんだけど、貴女がさっきジャケットを脱いだその姿を見た時に、俺自身、とてもドキッとして、そのまま、返すのは惜しいなんて思ってしまった…」

その社長の正直?な言葉をいただいた時、更に強く決心させられました。

「このひととならいい!」

と。

その後、ゆっくりであるけど、とても強く抱きしめられました。

私もドキドキなんて通り越していました…。

その時、もっともっと強い欲求が襲っていました…

なんていうか…あまりにも体が熱く火照って、アソコももう限界に達していたようなのです、

どうしてこれほどまでにワインぐらいで酔ってしまったのか、私自身フシギでした。

次に社長が私の胸のあたりを口づけしてくれている時に、私のからだの奥底から益々溢れ出てもうどうしようもないほど、社長が欲しくて欲しくてたまらないほどまでになっていました。

「もう、私、ほんとにとろけてしまいそうです、なんとかしてくださいませんか?」

と。

そしたら、社長がちょっとだけ手の動きを止め、

「貴女は媚薬というものは知っているかい?」

「いえ、知りません…」

と答えると、

「そう…このワインの中に媚薬というものを入れてみたんだ、貴女があまりにも緊張していたから、その緊張をといてあげたくてね?だから、それのせいかもしれないよ…」

と社長が。

…その時、初めて、ああああ…っと気づいたのでした…これが媚薬のせいなの?噂には聞いていたけど、これがそうなの…

「どんな感じがするのか教えてごらん?」

といわれ、正直に答えました。

「からだが熱くてもうどうしようもないぐらい…ガマンできないぐらいです」



「どこがガマンできないの?」

と聞かれ、

「あの、言いづらいところ、あの、、、ジンジンしてる感じです」

と言わされた感じでした。

とにかく私は早く社長の指でも何でもいいから、熱くなって溢れ出ている核心の部分に触れてほしくてたまりませんでした。

社長が私のスカートの上から

「もしかして?ココ?」

と指差しましたので、うなづきました。

「じゃ、ちょっと、いいかい?貴女が嫌がることはしないから、少しだけ脚を広げられる?」

と言われ、それに従う私がいました。

「あれ?オシャレなガーターつけてるね?これはもしかして新調したの?」

と聞かれました。

勿論、私は頷いていました。

「せっかくだから、少しずつ剥ぎ取っていくよ、いいね?」

ほんとに社長の言われるとおりに、

「はい」

というだけしかない私がいました…。

社長が少しずつガーターストッキングをガーターベルトに外しにかかった時、更に、私の体はビクンと感じてしまいました、だって、社長がそこに触れた途端、からだの奥から、ジャーっと何かが流れ出すのがわかったからです…もしかすると、私はそれだけでイッてしまった…。

社長がそれに気づいて

「あれーこんなに濡れちゃってるけど、もうイッちゃったのか?」

と私に聞きます。

「そうみたいです、ごめんなさい…こんな経験初めてなので…」

と答えてしまいました。

「じゃあ、これから、、、どうしようか?」

「そのまま続けてても大丈夫?」

なんて聞いてきました。

「あの、いつも、そんな風に女性の方々に承諾を得るんですか?」

とお聞きしました。

そしたら

「貴女がこういう遊びに慣れてないというから、遠慮しちゃってるんだよ…それに無理やりするつもりはないんだ。

だって、俺と貴女の関係がぎくしゃくしたら、これからの仕事に支障が出ると困るからね。



「私は、正直いいますと、今日は、ちゃんと覚悟してきました、社長に抱かれてみたいのを一度は夢をみたこともあります。

だから、大丈夫です」

とお答えしました。

「じゃ、わかった…」

とひとこというと、私がそう答えた後の社長は、会社の中での社長ではなく、ひとりの男のひとでした。

それまで優しくしていただいていましたが、態度が急変し、私のスカートを荒く脱がせ、ガーターを剥ぎ取ると、私の両足をひょいと持ち上げ、肩にかけて、目の前にある私のアソコを見つめて

「きょう子は、とてもいやらしいオマンコしてるね、それにこんなに濡れてるよ、ほら、こんなにクチュクチュと音がなるぐらい濡れてる、こんな淫乱なんだ、きょう子は…」

と、私のおまんこに顔を押し付け、舐めだしました。

私が

「すごく気持ちいい…」

というと、

「じゃ、こんな感じはどう?」

と指を奥へ挿入し激しく掻き回してくれ、もっと喘いでいる私がいました。

「今日のきょう子は仕事の話をしているときのきょう子の表情じゃなくなってるよ、俺には見せたことのないすごくいやらしい顔してて…それにここも凄い淫靡だし、それときょう子の声も、また凄く淫乱で、もっともっと喘いでもいいんだよ、もっともっと声をだしてごらん!」

社長の言われたまま、私はすごく感じ始めました、とても気持ちがよくて、もっともっと乱れてみたいと私自身も思いました。

からだの疼きが抑えられなかった私は、

「社長のPを舐めさせてください!」

といってしまいました。

というより、私の手は社長のトランクスの上をなぞっていました。

我慢できなくなった私は、社長のトランクスを勝手に脱がせてペニスを出し舐め始めていました、

欲しくて欲しくてたまらなかった。

夢にまで見た社長のペニスを自分で舐めていると思った時、涙が出そうになりました、それほど、私は社長のことが好きだったんだとあらためて思いました。

「社長のペニスは、凄くおいしいです、舐めるとまだ大きくなるし、カリが特にステキです」

というと、社長は

「じゃ、69しよう」

といいました。

私が社長の上に乗り、社長をまたぐ格好になりました。

社長はいっぱい私のおまんこの中に指を2本?挿入し掻き回してくれました、私は気持ちがよくて気が遠くなりそうでした、でも、社長のペニスを必死で嘗め回しました、おいしかった、すっごく。

社長が

「きょう子が上に乗って腰を動かしてみて」

と騎乗位の体勢になりました。

私は膨大した社長のペニスを自分の中に挿入しおさめました。

ゆっくり腰を下ろすたびに、ペニスが私の膣のなかでフィットしていて膣壁に当たっているのがわかりました。

すごく気持ちが良くて、私は夢中で腰を振りました。

腰を振っている時に社長が

「上手だねーきょう子は、さすがに鍛えているだけあるよ」

とほめてくださいました。

「いいえ、そんな…恥ずかしいです、やめてください…」

といいながらも私は私自身が感じてみたいがために腰を振っていました…

快楽も限界に達した時に社長は

「まだまだだよ、まだイッちゃ駄目」

っと今度は正上位に変わりました。

社長は私にキスをしながら

「まだだからね、イク時は一緒でないと駄目だから」

といってくれました。

社長の腰の動きは慣れていました、ただ単調な動きだけではなく、

強弱をつけて、腰を動かしていました。

カリの部分が私の膣壁のどこかに触れているのがわかったとき、

「私が一番感じるところを刺激してくれてる!」

と思いました…たぶんGスポットです。

時間はどれぐらい経ったでしょうか、よくわからないまま、社長が、急に動きを止めました。

あれ?どうしたの?と聞くと、

「ああ、避妊しなくっちゃ…」

とコンドームを取り出すのを見たので、

「あ!コンドームはしないでください、私の中で出してください、今日は安全日だから!」

と必死にお願いしてました。

とにかく私は社長とひとつになりたかったのです。

だから…社長が

「わかったけど、ほんとにいいんだね?」

といってくれたときには

「はい」

と答えていました。

動きが更に大きく荒れて腰を打ち付ける音も激しくなってきました、何となく、激しすぎて痛くなってきて、

「気持ちよくてどうにかなりそうです、私が上に!」

と叫んで、私はまた騎乗位になり、私が腰を振りました、そうすることによって、打ち付けていた痛みを和らげようと

思ったのと、もう少し、社長との交わっている時間を長くしたかったからです。

しばらく騎乗位で腰を振っていると、社長がそのとき起き上がりました。

松葉くずしの体勢になりました。

ちょっと難しい体位でしたが、社長がちゃんと私を膝の上に乗せてくれ、リズミカルに腰を振ってくださいました。

私もそれに合わせて少しずつ腰を振りました。

体同士がほんとに密着しているというところがいいのです。

彼が空いている両手で私の胸を揉んでくれたり、私にキスしてくれたりする様は女性との扱いに慣れている証拠でもありました…。

だけども、そんなことはどうでもよかった、社長との情事が嬉しくてたまらなかった…。

彼は私がイクと言い出すまで、慣れたいろんな体位で、心行くまで私の快楽を追求してくれました。

しばらくしてからだじゅうが火照って、もう!ガマン限界直前の時に、私は

「イクーーーーー、いっちゃうーー」

と叫んでしまいました。

そのときに既にもう言葉を発したと同時くらいに体の奥から流れ出たのが自分でもよーくわかりました。

私は潮を吹いてしまったのです。

彼のペニスがそれを浴びてしまいました、彼が

「凄い、凄い」

を連発しながらまだ腰を動かしてくれていたのをはっきり覚えています。

彼は私よりも一寸遅れてからイッたようでした。

「すみません…私が先にイッてしまいました」

と謝ると、

「うんうん、大丈夫、凄く楽しいSEXだった、それに凄く気持ちよかったよ、こういうSEXは、あまり経験したことがないんだ、なかなか…精神的にもいいね」



「でさ、もう1回やりたいね、貴女がよければもう1回試してみない?」

なんて笑いながら言ってくださいました…

その後、私と社長はもう1回SEXをしたのは言うまでもありませんが、時間の許す限り、その日交わった回数はといえば、あわせて、4回です…

今日午前中にお会いしてきました、社長のプライベート部屋に呼ばれました。

何人かの秘書?らしき女性がいましたけど、私が名前を告げると、どうぞと奥の部屋へ案内されました。

私も社長がキープしている数十名の女性の一員になってしまいました。

今までに不倫など経験のないくせにものすごく淫乱であるということや、私とSEXすると、なぜだか心が癒されるからという理由で、社長から交際してくれるようにと言われております。

こんな私だけど…なんだか、今までの私じゃあない、いつもの私じゃあないみたいです…


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: