fc2ブログ
2024 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2024 06

【熟女体験談】夫と離婚してから10年、女を忘れて働いてきた熟女がダンディなおじさんとホテルで中出しセックス

kage

2023/10/11 (Wed)

夫と離婚して10年、女を忘れて働いてきた。

気づけばもう40歳。

職場の女性が、性生活を話題にして和気藹々としている時は話の輪に入ることはなかった。

自分で自分自身をセーブしていたんだろう。

数ヶ月前、初めてパソコンを買った。

仕事から帰ってくるとお酒を片手にネットサーフィンをするのが日課になっていった。

ほろ酔い気分になり、何を思ったか熟妻新生活(熟女専用のコミニティ)に挑戦してみた。

それからは毎日入り浸り。

ただの暇つぶしで、逢うつもりなどなかったけど正直に年齢は40歳だと答えておいた。

こんなおばさん相手してくれないかも・・。

それに、初めは当たり障りの無い話をしているのに段々エッチな話題に持っていく人が多かった。

でもSさんは違った。

あちらも暇潰し、年齢も同世代?と言う事で、色んな話メールでした。

それから、一度会ってみようということになった。

お互いお酒が好きという事で、ちょっと飲みに行こうか!みたいな感じで、全然私は疑う事を知らなかったのだ。

その日初めて逢ったSさんはチョイ悪オヤジみたいでダンデイなおじさんだった。

ホッとした。

一緒にお酒を飲んで話をしてた。

ほろ酔いになったし

時間も遅くなったのでそろそろ帰ろうかと、時計をチラチラ見ているとSさんがポツリと

「ホテルで飲みなおしませんか?周りに飲む人間が居ないので久しぶりに飲み明かしたい」

と言って来た。

明日は休みだったし、飲みたい!って飲酒欲があったので、着いて行く事にした。

男の人と2人で食事することすら暫く無かったし、一緒にコンビニへ入ってお酒とおつまみを買ってなんか若者みたいだなって、嬉しかった。

ビジネスホテルに入ってさぁ飲みなおそうとビールに手をかけた時にイキナリSさんが、後ろから抱き付いてきた。

「ひゃっ、何す・・…るの?」

Iさんが唇で私の言葉を遮った。

「や・・めてくださいっ!心の準備・・…が・・」

息が苦しい。

「俺が女の本能を呼び覚ましてあげるよ」

とIさんは言ってブラウスを剥ぎ取ってきた。

「いやっ、やめて」

といいながら、Sさんの力にはかなわない。

あっという間にパンティー一枚にされてしまった。

Sさんは私の抵抗お構いなしに、乳首をつまんだり、舌で転がしたりする。

私は異様な感覚に襲われた。

恥ずかしながら感じてしまった。

でもまだ引き返せる、でも10年ぶりにしてみたいと思った。

「あっ、あっ」

Sさんに愛撫されるたびに出たことの無いような声が漏れる。

「嫌じゃないんだね、もっと淫乱になってごらん」

と顔から火が出るような台詞を吐く。

恥ずかしいのと気持ちいいので混乱した。

舌がどんどん陰部へと貼っていく、とうとうベージュのパンティーも剥がされてしまった。

自然に腰を浮かせ、スムーズに脱げるようにするIさんの舌が私のクリトリスを舐め上げる「あぁぁぁぁぁぁっっ、あっあっあっ」

どうしようも無い感覚に襲われ、足が痙攣し、自然に声が出てしまう。

「凄いね、ヌルヌルだよ、ほぉら、指入れちゃうぞ」

「きゃぁっ、あああああ」

もうどうにかなりそうだった。

指では満足できない、欲しい、欲しい私は自然にSさんの性器ににむしゃぶりついた。

10年ぶりに見た男性のもの、Sさんは50歳近いとは思えない張りと角度が付いたものを持っていた。

はっきりいって、無我夢中だった。

Sさんの性器も私の唾液と、自身の粘液でヌルヌル光っていた。

「欲しいかい?」

また顔から火が出るような台詞を吐く。

涎をたらしながらSさんの性器を口に含み、目が合った。

「欲しいです、御願いします、一夜だけにします」

そういうとSさんは私を下にしてゆっくりと入れてきた。

「クチャ・・」

恥ずかしい音が聞こえた。

「ああああ気持ちい・・」

「あっ、あっあっあっあぁぁぁっ」

呼吸が乱れ声の間隔が短くなってきた。

「あっあっあっあぁぁぁぁぁっ」

力が一気に抜けて頭が真っ白、体はジンジンしていってしまった。

「よし逝ったな、今度は交代だ、俺の上に乗れよ」

言われるがままにIさんの上に乗った。

はっきりいって、上に乗って自分で動くなんて恥ずかしすぎて出来ない。

乗ったはいいけど、勝手が分からない。

Sさんが手を腰に回してくれて前後に動かす

「きき、気持ちいい・・」

あとは自分の気持ちいいまま、恥ずかしながら腰を動かしてしまった。

「あんあん、あっ、」

息が乱れる。

「よし、逝くぞ、中で出すからな、うぅあああ」

二人でぐったりしてしまった。

そのまま眠りに付き次の朝ねっとりと膣の辺りが濡れているのが分かった。

ティッシュで拭いてみると精子らしきものが付いていた。

「あぁ、昨日避妊してなかったんだ・・」

昨日は無我夢中で分からなかった。

大丈夫だろう、そう自分に言い聞かせてまだ寝ているSさんを後にホテルを後にした。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: