fc2ブログ
2022 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 06

【熟女体験談】新幹線で居眠りを始めた人妻の乳首が見え、乳首を触り、転がしてみた結果

kage

2022/05/19 (Thu)

出張に行ってきました。

博多から在来線の特急に乗りかえて、とある地方都市へ。

帰り、博多までの特急の車中での事です。

僕の席は窓側で、隣は空席。

通路をはさんで反対側の席には、2才ぐらいの男の子を連れたお母さんと、お婆ちゃんの3人組。

お母さんは、サマードレスというのでしょうか、真っ黒で簡単な作りのミニのワンピース。

露出度高めで、期待大です。

普通にしてても、腋や胸の膨らみ、服と同色のブラがチラチラ見えます。

少し動くと、すぐに肩紐が下がってしまいます。

しかし、お母さんはわりと無頓着で、時々ブラの肩紐まで一緒に下がってしまっています。

男の子がけっこうヤンチャで、車内を走り回ったり座席の上で飛び跳ねたり…。

それを抑えるお母さんの動きも、激しくなりがちです。

座席に座ったお母さんの両足の間に立った男の子が、体をぐいぐいお母さんに押し付けます。

お母さんのミニスカートがどんどんたくし上がって…

「あ〜こら、もぅやだ…」

下着もお揃いの黒でした。

男の子は僕の隣の空席にもやってきて、遊んでいます。

僕の体にもガンガン当たってくるし…

【熟女体験談】酒に酔った勢いでおばさんグループをナンパし、ホテルに連れ込んで3発中出しセックス

kage

2022/05/19 (Thu)

大学時代の男友達と三人と居酒屋で酒を飲んで馬鹿話で盛り上がっていました。

久々に大学生に戻った気分で、いつもよりも陽気な酒を飲んでいたせいか、隣の席で飲んでいた中年おばさんたちに絡んで声かけてナンパしてしまいました。

ところがおばさんたちもずいぶん陽気な人たちで合流しちゃいました。

互いに三人ということもあって、交互に座ると合コンのように飲んだ。

めっちゃくちゃ楽しかった。

40歳後半~50歳前半の熟女たちはすごく気安くて、俺も友人たちもすごく盛り上がった。

一休みしてトイレに行くと、先に来ていた友人Aが

「なあ、次どうする?ナミさんとか、すごくいくね?でさ、どっかでバラけようぜ」

と提案してきた。

マジか!と思いました。

四十路や五十路ぐらいの熟女とラブホテルに行く気満々ってことですよね。

とはいえこんな風にナンパが上手くいったのも、大学生以来。

もう友人Aが先に出る戻ると、交代で友人Bも入っていった。

Aが話してたことをBに伝えると、めっちゃ笑ってたけど、

「じゃあ、俺はアサミね」

とけっこうノリノリ。

俺もナミさんがいいなと思ってたんですが、こういうのは早いもの勝ちで席に戻るとAがナミさんにべったりくっついて話しかけてた。

【熟女体験談】お隣の人妻と不倫関係になったエロ体験談

kage

2022/05/19 (Thu)

21歳の学生です。

お隣の人妻と不倫関係になった時の経緯を書きたいと思います。

最初は汚い話ですが読んで頂けたら嬉しいです。

夏の夜中、マンションのドアチャイムが鳴りました。

「オートロックなのに誰だ?」と思いながら出てみると、そこに立っていたのは隣の奥さん、44歳の熟女ですが年の割りに若く見え、家族は旦那さんと小学生の男の子、幼稚園の女の子の4人暮らし。

いつもは挨拶する程度ですが、気が強いらしくベランダに居ると旦那との夫婦喧嘩や子供達を叱る声が良く聞こえてきます。

顔は野○聖子にちょっと似てるw

主婦なので色気の無いラフな格好しかしていませんが、肉付きの良い尻とボリュームのありそうなおっぱいは以前から密かに視姦していました。

さてその奥さん普段は酒を飲むイメージはないのですが、今日はかなり酔っていて、部屋を間違えた様子。

酒臭い息を吐きながらズカズカと中に入って来る。

「間違えてますよ。」と外に出そうとするも、全然会話が成立せずに暫らくもみ合っていると「何よ!もう邪魔」って怒鳴りだした。

と思うとその勢いのままなんと口から大量のゲロを噴射。

あっと言う間に廊下中に中華料理の残骸と思われるゲロが広がっていく。

直撃被害と、あまりの臭いから逃れる為に後ずさりして様子を見ると奥さんは、さらに廊下に四つん這いになって追加を生産中。

私は突然の惨事にオロオロしていると、やがて胃の中を空にして落ち着いたのかそのままそのゲロの上に雪崩れ込んで意識を失った様。

ゲロの海に溺れる女、普通は隣に行って旦那を呼んで文句と掃除をさせるところですが、泥酔した女を目の前にして下半身が疼いて来た事も確か。