fc2ブログ
2021 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 02

【熟女体験談】ある知人のご主人との中出し不倫体験談を告白する主婦

kage

2022/01/29 (Sat)

平凡な生活を送っている49歳主婦の私の不倫体験を告白します

主人、息子2人の4人家族です。

主人とは学生時代にアルバイトしていたファミリーレストラン

で知合い、出来ちゃった婚でした。

そのため、男性経験は主人だけでした。

次男が誕生して、近所の育児サークルに入り、その中で何人かと知合いになり、

家族ぐるみのお付き合いをしてきました。

かれこれ、10年以上になります。

その中で、ある知人のご主人(2歳下)と関係を持ってしまったのです。

そのご主人とは、育児サークルからのときから、顔見知りであり、よく子供も遊ばせてくれていました。

その時は、そのご主人とそんな関係になるなって、お互いに思ってもいませんでした。

次男が2歳になるかならないときに、お互いに引っ越したので、近所ではなくなりましたが、月2-3回のペースでお互いの家へ遊びに行ったり、バーベーキューをなどをして、お付き合いがつづいていました。

子供が大きくなるにつれ、その回数も減りましたが、家族ぐるみのお付き合いはつづいていました。

そんなある日、去年の夏です。

私が次男を連れて、その知人宅まで遊びに行きました。

【熟女体験談】下宿先の美熟女と中出しセックスする大学生

kage

2022/01/29 (Sat)

下宿時代の熟女バナです。

俺が高校を卒業し大学へ行くため状況した時の話。

4人兄弟の俺は家庭は決して裕福ではなく、俺の学費など殆ど出せるような状況ではなかった。

当然学費の多くは俺がバイトして稼ぐという事で何とか親を説得し上京することに。

問題なのは住まいだ。

俺はあちこち親戚のつてや援護会とかをあたってようやく見つけたのが、3人家族の2階の六畳一間を間借りするという完全な下宿。

15000なり。

とにかく金が惜しかった俺はそこに決めてしまった。

そこの家族構成は中3の男とその両親。

親父の方が飲み屋の主をしているらしく、夜中は随分遅くまで返って来ない。

母親の方は俺はてっきり水商売系の人かと思っていたらタクシーの運ちゃんをやっているそうだ。

で、ガキの中学生は男前で性格よ結構良いやつなんだが、やっぱり共働きの家庭だからか、どうやらシ○ナーをやってるらしく俺が帰ってくると臭いの何の。

一回から大喧嘩してる声が聞こえたり、母親が仕事に行く前にテーブルの上に長々と子供へ向けた更正してほしいというくだりの手紙が置いてあったりした。

正直凄いとこに来ちゃったなというのが実感だった。

まぁそんな事はどうでも良いのだが、俺は親の仕送りをあまり期待できない為。

【熟女体験談】大学生に人生最後の恋をした年配おばさんの中出しセックス

kage

2022/01/29 (Sat)

五十路の年配おばさんなんですが、人生最後の恋をしました

今、私には大学生の彼氏がいます、と言っても来年の春に彼が卒業するまでの限定です。

主人とは仲が決して悪いわけではありません。

彼とはHな話もします、彼が「旦那さんとはどのくらいするの」なんて聞いてくることもあります。

私も彼女がいないことは聞いていましたし、(本当かどうかは分かりませんでしたが)

「あっちの処理はどうしてるの?1人でしてるの?」などと話していました。

この春の職場でのお花見会の時、私は立場上、お酒を飲まなければならないので帰りは彼の車で送ってもらいました。

車中で少し酔った私は「その歳まで本当に彼女はいなかったの?じゃあ童貞なんだ。

あははは」

彼はちょっと怒ったように「別に僕の勝手でしょ。

年上の女性が好みなんだ」と言います。

「私だってあなたから見れば年上だよ、でもおばさんだけどね」といつものようにHな話をしていた時、彼が急に道端に車を止めました。

「どうしたの?怒らせちゃったかな」

「そう、ここで降りる」と言いました。

まだ家まで数キロの距離です。

「イヤ、ちゃんと送って」

「じゃあ、キスして。僕にとって生まれて初めての」

「何言ってるの」と言いながらほっぺに軽くしてあげました。