fc2ブログ
2021 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 02

【熟女体験談】可愛い息子に押し倒され、まさかの近親相姦中出しセックス

kage

2022/01/24 (Mon)

夫が女を作り離婚する事になりました。

でもあれこれ言ってなかったもしょうがなく別段暮らしに困るわけでもなくさばさばしたものでした。

今年高校3年は息子は、付属の大学に問題なくすすめる状態ですのでかなり遊びまわってました。

セックスに関しては私は何度か他の男性ともありました

でも流れの中でセックスするというかのめり込むこともなく、特別好きではないという程度。

まあイクってこれかなって思うことがたまにある程度でした。

息子もしばらくは荒れてましたし、別居がきまりなんかホっとしたような開放されたような気分でかなり明るくなったというか。

可愛い息子ですから、時折甘えるように抱きしめてくる息子の手がいやらしくてもむしろ嬉しいとうかそんな感じでした。

パンテイの中に手が伸びてきて必死に逃げ回り、そのうち犯されちゃうかもってむしろドキドキしちゃいました。

実際はありえないかなって思ってましたし。

それがある時お風呂上りを狙われ、かなり乱暴に押し倒されました。

割りと冷静でした。

「、、、いいから、、優しくよ。」

大の字に寝かされ、胸をまさぐられながらバギナを弄られました。

ぎこちない手つきですがむしろ余計感じてしまってました。

「さすが、、、母さんも男とやりまくってかなりエロいんだなあ。」

【熟女体験談】調教変態プレイが好きなアブノーマルな夫婦がノーパンデートでオマンコ露出プレイ

kage

2022/01/24 (Mon)

調教変態プレイが好きなアブノーマルな夫婦なんです。

この前も恥ずかしがり屋で露出プレイはできない妻の明美であるが、気分の良い時など私の言う事を聞いてくれる事がある。

凄く大胆な事はしないが、ある程度の事(ノーブラ・ノーパン・海の家プールの着替え<出入り口が開くと見える位置の着替え>・鍵をかけないシャワーやトイレなど)はしてくれる。

夕方、ノーパンで買い物に行き何のハプニングもなく買い物を終え、夕食を居酒屋で済ます事になった。

お酒の量が進むにつれて気もゆるみ股もゆるみがちである。

そんなある夏日の出来事、居酒屋の座敷席で私が通路側に座り生ビールを2杯3杯と喉を潤した頃、明美が

「あの人達とよく目が合うの?」

と私に言う。

私は

「おばさん好みの連中じゃないの?」

と冗談めかしに気にせずにいた。

しばらくして私がトイレを済ませ席に戻りかけると、明美のミニスカートの隙間から色白の肌と薄っすらとした繁みのコンストラストが見えた。

ちょうどトイレ方向から明美の斜め座りがテーブルの死角から外れて見えるのである。

私は酔っ払っていてもノーパンにさせていた事は覚えているが、私自身テーブルがあるので

「まさか見えないだろう」

と思っていた。

【熟女体験談】れず体験をし、オマンコとアナル、クリトリスをいじりあう、終わりのない快楽地獄にハマった人妻

kage

2022/01/24 (Mon)

人妻の私が体験した熟女レズ体験です

開け放った縁側から田舎道をはさんで

さわさわ竹林をなびかせる涼風に頬をなでられ、

さかさまに見上げる垣根とひさしで陰になっていても、午後の日ざしはうだるようでした。

肩甲骨までまくりあげられたワンピースの下、こんなにもひんやり気持ちいい畳に、シャワーを浴びたばかりの裸の背中を横たえさせているというのに、一本づつ深々とからめた指の先までも汗ばみ、びくんびくんといやらしく背中が跳ねて、そのたびに彼女にコントロールされる体がきゅぅっと芯から引きつってしまう。

からめとられ、ほどきようのない……

聡美さんの指は、しなやかでとてもエッチなのだ。

純和風のほっそりした面立ちにものやわらかな笑みをたたえ、しっかり右手はあたしとつないだまま、自由な方の手が下半身めがけてつぅっと肌を焦らすようにとろかすように這っていく。

「我慢しないで。律子ちゃんの声を聞かせて、ね」

「やあぁ……あっ、あんっ」

必死で腰を浮かすのによつんばいで膝をつく聡美さんからは逃れられず、前後同時に指の腹でふにふになぞられ、柔らかく熱した鋭敏なふちを2本の指で『くぱぁっ』って開かれたまま、ぎゅっと我慢してた後ろのアナルのまわりを揉みほぐされちゃうと、もう頭なんかまっしろに・・・。

恥ずかしさと変な疼きで身も心もいっぱいいっぱいになり、もうろうとした意識がさらに、どろどろのぐちゃぐちゃになってしまう。

横の座布団には聡美さんのサブリナパンツが上品にたたまれていて、目をつぶっていたってあざやかに焼きついた聡美さんの大胆な姿が頭に浮かびあがってしまう。