fc2ブログ
2021 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 02

【熟女体験談】ウブで奥手だった童貞が友人の母と筆下ろしセックス

kage

2022/01/21 (Fri)

ウブで奥手だった俺は

三十路の人妻熟女に筆下ろししてもらいました

ちなみに、俺は容姿は普通ぐらいで

服とかオシャレにはすごいこだわっていた

当時4人ぐらいと交際経験はあったものの

肝心な所が小心者で勇気がなくSEXどころかキスもする事ができず童貞でした。

大学が突然の休講で暇だった自分は、

服でも見に原宿に行こうと家を出た。

時間は午前10時半ぐらい。

自転車で駅までの道を走っているとある女性が目に入った。

俺がずっと憧れていたTさんだった。

Tさんは、

俺の弟の友人の母親で

うちの母親とも仲が良く、頻繁に家にも遊びに来ていた。

俺と弟は7つ年が離れてるし

20歳ちょいで結婚・出産だったのでとても若々しく

ほんのすこしだけギャルが入っているかわいらしい人。

夫が理不尽な奴で可哀想な話も親から聞いていた。

初めて会ったのは自分が小学校の時で

それから中学、高校とずっとオナニーのオカズにしていた。

【熟女体験談】先輩の嫁さんにエッチな悪戯をし、正常位でヤケクソの様に中出しセックス

kage

2022/01/21 (Fri)

先輩の嫁さんM実にHな悪戯してしまったノルマがヤバい時に友人を紹介して以来、しょっちゅう電話があり、月に何度か飲みに行く様になった。

去年の今頃、客が試乗車で事故って始末書を書かされて、かなりやけ酒を飲んでた。

途中で酔いつぶれたのをいい事に、後輩と一緒に先輩の嫁のM実にイタズラを始めた。

最初は服の上から触るだけだったが、起きる様子が無いので服をずらして直に触ったり舐め始め夜這いしばらくしてからM実が目を覚ましたが、その時におまんこはトロトロになってて指を出し入れするたびに派手に喘いだ。

興奮した後輩がチンコをM実の口に近づけると、すんなりとくわえた。

後輩が射精した後、俺はM実と近くのホテルに入った。

まだ酔いが足に来てるM実は、俺にもたれ掛かりながら大人しくついて来た。

一緒にシャワーを浴びると、M実は慣れた感じでフェラをしてきた。

俺が足の指でアソコをいじりながら派手にイクと、そのまま2回目をした。

M実はしきりに

「気持ちいい、気持ちいいよぉ~」

と喘ぎ、自ら腰を振った。

両手の指で乳首をつまむと、M実は短く悲鳴を上げる様にイッた。

思わず中に出してしまったが、M実は

「大丈夫だから、今日は...」

とベッドに移動した。

【人妻体験談】出会い系サイトで高齢おばさんと会ってお酒を飲み、終電をなくしてホテルに向かう途中で青姦セックス

kage

2022/01/21 (Fri)

出会い系サイトで

高齢の素人五十路おばさんと知り合いました

待ち合わせ場所に来たのは

かわいい感じのオバサマ

「めっちゃ好み〜」

とりあえず、飲みましょうかということになり、近くの居酒屋に入る事にした。

たまたま個室が空いていたので向かい合わせで座った。

彼女の服装は、上は胸が開いたニットで下はミニスカートだった。

脚が長くキレイだった。

脚を組み替えるたび、黒のパンティがチラチラ見えた。

豊満な胸(Dカップか?)と脚、交互に見入る。

年齢は聞いては失礼かと思ったが聞いてみた。

彼女は恥ずかしそうに右の手のひらを出した。

「5?」

僕が聞くと、さらに左の手で人差し指。

「51歳です」

恥ずかしそうに言った。

「えー、全然見えないですよぉ〜」

「お世辞でも、嬉しいなぁ」

笑顔がとてもかわいかった。