fc2ブログ
2021 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 02

【熟女体験談】物凄く真面目で貞淑な妻が夫の友人とプールで水中セックス

kage

2022/01/19 (Wed)

私は物凄く真面目で貞淑な妻でした

結婚してから一度も

不倫もせず夫を裏切る事なく

生活してきたんです

そんな真面目な私が

主人の同僚のご夫婦と私たち2組で温泉に行った時のことです。

楽しいからといって2組同じ部屋を取りました。

食事の後バーで、飲んだりダンスしたりそれは楽しい時間でした。

部屋に帰り、又飲みながら話してる内に酔っ払っているので雑魚寝状態でいつしか眠っていました。

体に重みを感じ目がさめた時、隣に寝てるご主人の手が私のアソコの上にありました。

驚いてどけようと思いましたが。

何故かそのままにして寝た振りをしていました。

でも神経はその部分に集中しています。

そのうちご主人の手が微妙に動き始めたのです。

神経はますますその部分に集中です。

そのまま寝た振りを続けましたが自分で濡れてきたのが解りました。

主人以外の男性は結婚以来経験のない私は。

どうして寝た振りをしたのか解りません。

【熟女体験談】先輩の奥さんに誘惑されて寝取りエッチしてしまった

kage

2022/01/19 (Wed)

先輩の奥さんに誘惑されて

寝取りエッチしてしまったんです

数回の不倫関係を持ってしまった時の事を

思い出していまだにズリねたにしています

今までの人生で一番エロい体験なので事の流れとその時の興奮は結構明確に覚えていますが、細かな言葉等々は興奮しすぎて定かじゃないところもありますので、臨場感に欠ける部分もあるかと思いますがご了承ください。

先輩夫婦はと私達夫婦は家が近いこともあり、時々一緒に当時はまっていたビリヤードをしたり、一緒に飲んだりする仲で、先輩の奥さんと私達夫婦は当時30代半ばの同じ歳で、先輩の奥さんはスレンダーな身体で里田まいが30過ぎになって色っぽくなった感じの魅力的な女性って感じでした。

数年前の夏が近づいてきた日、先輩が東北地方に長期出張している時に、先輩から電話がかかってきて、

『家の寝室のテレビが壊れて、リビングのテレビと入れ替えたいんだけど、重くて由美(奥さん)独りじゃ出来ないから、明日にでも手伝ってあげてよ?』

と言われ、別に用事もなかったので二つ返事で家に行くことになりました。

翌日、仕事を終わらせて奥さんに電話をすると、由美さんは明るく

『森君(私)ごめんね、力仕事お願いして。待ってるね』

と言ってくれ、私は色っぽい由美さんに会えるのを普通に楽しみにしながら由美さんの待つ家に向かいました。

【熟女体験談】複雑な家庭事情を持ちながら近親相姦レズプレイをする姉妹

kage

2022/01/19 (Wed)

ある日、会社に知らない女性が僕を訪ねてきました。

名前は木下由香里。

歳は39歳で、身長が175ぐらいの細身でセミロングの髪型でした。

僕はパッと見た時に、どこか由美と雰囲気が似てると感じてました。

そして、木下は由美の旧姓。

とりあえず僕は会社ではマズいと思ったので、近くのカフェで待ってて欲しいと伝えました。

昼休みになり、僕は急いでカフェに向かいました。

僕の予感は的中してました。

木下由香里さんは由美の実の妹でした。

由香里「お仕事中に申し訳ありませんでした」

僕「いいえ、構いませんよ。僕はあなたを知りませんが、多分、由美の家系の方ですね?」

由香里「はい。由美さんは私の実の姉です。よく分かりましたね」

僕「木下っていう名前とあなたが由美と似てるから、それで何となく分かりました」

由香里「そうでしたか。私は由美さんも桂子さんの顔も知らないので」

僕「聞いてもいいですか?」

由香里「はい」

僕「さっき由美の事を実の姉と言いましたけど、お父さんが違うのでは?」