fc2ブログ
2021 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 02

【熟女体験談】女社長に逆ナンパされホテルで中出しセックスしたのだが・・・

kage

2022/01/09 (Sun)

その日は、土曜日で代々木校舎での講義を11時には終え、

新宿の街に出掛け歌舞伎町の映画館前をブラブラしていると、

グレーのスーツを着た四十路ぐらいのおばさんから

「映画でも観るの」と声を掛けられたので

「別に」と答えると「お茶でも飲もうか」と逆ナンパされた

喫茶店に入り席に着きましたが、しばらくはお互いに無口でしたが、

彼女の方から「何をしているの」とかいろいろと聞いてきました。

そのうち話は、私の女性経験とかHな方向に進んで行き、

もっと落ち着けるところへ行こうと誘われるまま喫茶店を後にし、

歌舞伎町の裏側のホテルへ入って行きました。

*部屋に入るとすぐに彼女の方から抱きついてきて、

唇を合わせ・舌を絡めてきて、

キスをしながら私の着ているものを脱がせてくれました。

もちろん私も彼女を裸にしようと試みたのですが、

服はすぐに脱がせることができたものの、

下着はスリップの下にロングブラジャーとガードルと脱がせるのにかなり苦労していると、

彼女は自分で脱いでしまいました。

その後は、ベッドでいろいろな体位で合体を繰り返し、

最後はバックから彼女のオマンコの中に精液を注ぎ込みました。

【熟女体験談】骨折で入院中にナースをしている巨乳な叔母さんから性的なお世話をしてもらい生挿入セックス

kage

2022/01/09 (Sun)

先月骨折で入院を2ヶ月したときの話です

俺は36歳になるまあまあ女遊びしてる既婚です。

バイクで通勤中左手と左足を骨折して外科に入院しました。

たまたま入院した病院には、嫁の叔母、尚子さんと言う43歳になるむっちりした看護婦さんがいました。

この叔母に俺は面倒みてもらうことになったのです。

尚子さんは、風呂やトイレもひとりではできない俺に、とてもよくしてくれました。

入院して1ヶ月過ぎた頃嫁とも女ともセックスしてない俺は我慢の限界でした

ナース服を見るとたまらにくそそります。

白い服からブラがすけるだけで勃起してしまう俺はまるで中○生でした。

そんな悶々とした日々の時事件がありました。

いつものように叔母に部屋のトイレへ着いてきてもらった時に、ついさっき悶々な気持ちだった俺は叔母の豊満な胸の膨らみをみてしまい、じわりじわりと大きくなってくるチンポでした。

ヤバイってのと恥ずかしいってのがでてきましたがこうなると止まりません

だんだん大きくなってしまい…

「あらっ………」

まじまじと見る叔母は笑ってました。

【熟女体験談】夫を亡くし、息子に襲われて近親相姦セックスに溺れてしまった人妻

kage

2022/01/09 (Sun)

私は毎晩、息子に抱かれています。

私は44歳、息子・孝は20歳。世間の皆様から見れば、あってはいけない、おぞましい2人に映るかもしれませんが、愛欲に満ちた日々に、私たち母子は溺れてしまっています。

始まりは、主人を交通事故で亡くし、三回忌も過ぎたある日のことでした。

夕食後の洗い物をしていると、息子が後ろから私のお尻を撫で回すように触ってくるのでした

初めは、冗談と思い気にも留めていなかったのですが、次第に、その手がお尻から太股へ移動し、スカートを捲りあげてきたのです。

「ちょっとっ!あんた何やってるの!」

少し怒った口調で言いました。

「お母さん。俺っ。」

息子は完全にスカートを捲り上げ、右手でショーツの上から私の敏感なところを刺激し始めました。

「あっ。」と、思わず声を出してしまいましたが、我に返り、

「孝っ!だめ!こんな事しちゃいや。だめよ!だめ!」

息子に対して躾は厳しくして来たつもりですが、目の前に迫る息子には、道徳観のかけらも無い、オスの野獣にさえ思えました。

息子はますます迫って来ます。女の私が、息子とは言え、大人の男の力にかなうはずがありません。

「本当にやめて。私たち母子なのよ。あなた、自分がやっていること、わかっているの。いやょ。やめて頂戴!」

息子は、私の体を正面に向けると、唇を合わせてきました。