fc2ブログ
2021 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 02

【熟女体験談】出会い系でエロ可愛い美熟女おばさんとフェラチオからのバックからセックス

kage

2022/01/23 (Sun)

出会い系で五十路のエロ可愛い美熟女おばさんとパコッた

ドキドキしながら

待ち合わせ場所に来たのはかわいい感じのおばさん

「めっちゃ好み〜」

とりあえず、飲みましょうかということになり、近くの居酒屋に入る事にした。

たまたま個室が空いていたので向かい合わせで座った。

彼女の服装は、上は胸が開いたニットで下はミニスカートだった。

脚が長くキレイで美脚

脚を組み替えるたび、黒のパンティがチラチラ見えた。

豊満な胸(Dカップか?)と脚、交互に見入る。

年齢は聞いては失礼かと思ったが聞いてみた。

彼女は恥ずかしそうに右の手のひらを出した。

「5?」

僕が聞くと、さらに左の手で人差し指。

「51歳です」

恥ずかしそうに言った。

「えー、全然見えないですよぉ〜」

「お世辞でも、嬉しいなぁ」

笑顔がとてもかわいかった。


【熟女体験談】ぽっちゃり体型な雌豚お母さんに夜這いして勝手に中出しセックス

kage

2022/01/22 (Sat)

ぽっちゃり体型な雌豚お母さんに夜這いして勝手に中出ししてしまいました。

夜這いした次の日は僕は休みで昼過ぎまで寝ていたのですが、起きると母は家にいないので、どうなったか心配で、今はちょっと後悔しています。

昨夜は、本当に僕が変に興奮して見境が無くなってしまって、いけないことをやってしまいました。

今になって母が、もしも妊娠したらどうしようとか、などと思ってなんだか心配です。

母は43歳で、色白のぽっちゃり型で、友達にも好かれているくらい、そこそこの美人です。

父は単身赴任で家を空けて、もう3年になります。

昨夜は、叔父が釣った魚と缶チューハイをいっぱい持って飲みに来たのです。

酒があまり強くない母が相手をさせられていました。

叔父は脂ぎった顔を真っ赤にして、いい気分で、大声ではしゃいで、母の体を抱き寄せて触ったりしていました。

10時になっても叔父がなかなか帰ろうとしないので、僕が叔母に電話して迎えに来てもらいました。

叔父がしぶしぶ帰ったあと、相当飲まされていた母は、すごく酔っ払っていて居間の畳に横になって寝息をたて始めました。

ここじゃ風邪を引いてしまうので、無理に母を起こして、僕の肩を貸して寝室まで何とか連れて行きました。

やっとの思いで、ベッドまで運んで寝かせようとしたとき、「おみず…」と母が言いました。

急いでコップに水を入れて戻ってきたら、もう寝息をたてていました。

【熟女体験談】夫と体の相性が悪くてセフレとのセックスがやめられない人妻

kage

2022/01/22 (Sat)

新婚の新妻なのに夫と体の相性が悪くてセフレとのSEXがやめられないんです。

先週の土曜日に久しぶりにセフレとエッチしました。セフレのオチンチンは20センチくらいで最高に気持ちいいです。

ラブホに向かうまでに車でジュポジュポジュポジュポ…

チュッチュパッチュパッてフェラしてごっくん。

ラブホに着いて部屋に入ったら即押し倒されて首にいっぱいキスマークつけられた。

おっぱいモミモミされながら乳首チュッチュされてあっあんあぁって声出ちゃった。

M字でペッティングされていきそうになったら止められて何回も焦らされてもうビチョビチョ。

指入れられてグチュグチュされてグチャグチャピチャピチャ…

「ほらほら!気持ち良いんだろ?ん?」

「あぁっあんあんだめぇ!」って潮吹きしちゃった。

大量でシーツがすごいことに…

そしたらバックで太いバイブ入れられて大きい声で喘ぎまくり。

「どうした?もう限界?まだまだだよ」

って言われていってもいっても抜いてくれなくておかしくなりそうだった。

「もう我慢できないよね?まさかバイブで満足?」

「あん、オチンチンちょうだい!」

「くださいは?」

【熟女体験談】キャリアウーマンなアラサー女上司と中出しセックスで寝取った結果、言いなり女隷となり結婚することになった

kage

2022/01/22 (Sat)

キャリアウーマンな女上司と僕の恋に物語です。

僕は大学卒業後、都内の企業に入社した。

僕が配属されたのは、商品開発部。

いわば企業の心臓部である。

その中でもたくさんのセクションがあり、僕は3課に。

そこの課長はなんとアラサーの女上司

この若さで課長まで昇進することなど、この老舗の会社では異例のことである。

それだけにハキハキしていたし、言うことも物怖じせず言う。

そして何より、鼻筋の整った美貌、細い肢体を持つ美女だった。

日○テレビの、西○アナウンサー似で、僕の完璧にタイプの女だった。

そんなキャリアウーマンな女上司だから

当然社内のマドンナだった。

大阪に赴任中の彼氏がいるらしく、その彼氏は若くして将来の幹部候補だ。

「2時間くらいクンニして~」それが彼女を見た第一印象だった(笑)

去年の6月頃、会社の社運のかかった商品開発を担うことになり、3課は大忙しになった。

緊迫の現場ではビッグプロジェクトを委ねられた課長・小山三咲(仮)の罵声が飛び交った。

【熟女体験談】ウブで奥手だった童貞が友人の母と筆下ろしセックス

kage

2022/01/21 (Fri)

ウブで奥手だった俺は

三十路の人妻熟女に筆下ろししてもらいました

ちなみに、俺は容姿は普通ぐらいで

服とかオシャレにはすごいこだわっていた

当時4人ぐらいと交際経験はあったものの

肝心な所が小心者で勇気がなくSEXどころかキスもする事ができず童貞でした。

大学が突然の休講で暇だった自分は、

服でも見に原宿に行こうと家を出た。

時間は午前10時半ぐらい。

自転車で駅までの道を走っているとある女性が目に入った。

俺がずっと憧れていたTさんだった。

Tさんは、

俺の弟の友人の母親で

うちの母親とも仲が良く、頻繁に家にも遊びに来ていた。

俺と弟は7つ年が離れてるし

20歳ちょいで結婚・出産だったのでとても若々しく

ほんのすこしだけギャルが入っているかわいらしい人。

夫が理不尽な奴で可哀想な話も親から聞いていた。

初めて会ったのは自分が小学校の時で

それから中学、高校とずっとオナニーのオカズにしていた。

【熟女体験談】先輩の嫁さんにエッチな悪戯をし、正常位でヤケクソの様に中出しセックス

kage

2022/01/21 (Fri)

先輩の嫁さんM実にHな悪戯してしまったノルマがヤバい時に友人を紹介して以来、しょっちゅう電話があり、月に何度か飲みに行く様になった。

去年の今頃、客が試乗車で事故って始末書を書かされて、かなりやけ酒を飲んでた。

途中で酔いつぶれたのをいい事に、後輩と一緒に先輩の嫁のM実にイタズラを始めた。

最初は服の上から触るだけだったが、起きる様子が無いので服をずらして直に触ったり舐め始め夜這いしばらくしてからM実が目を覚ましたが、その時におまんこはトロトロになってて指を出し入れするたびに派手に喘いだ。

興奮した後輩がチンコをM実の口に近づけると、すんなりとくわえた。

後輩が射精した後、俺はM実と近くのホテルに入った。

まだ酔いが足に来てるM実は、俺にもたれ掛かりながら大人しくついて来た。

一緒にシャワーを浴びると、M実は慣れた感じでフェラをしてきた。

俺が足の指でアソコをいじりながら派手にイクと、そのまま2回目をした。

M実はしきりに

「気持ちいい、気持ちいいよぉ~」

と喘ぎ、自ら腰を振った。

両手の指で乳首をつまむと、M実は短く悲鳴を上げる様にイッた。

思わず中に出してしまったが、M実は

「大丈夫だから、今日は...」

とベッドに移動した。

【人妻体験談】出会い系サイトで高齢おばさんと会ってお酒を飲み、終電をなくしてホテルに向かう途中で青姦セックス

kage

2022/01/21 (Fri)

出会い系サイトで

高齢の素人五十路おばさんと知り合いました

待ち合わせ場所に来たのは

かわいい感じのオバサマ

「めっちゃ好み〜」

とりあえず、飲みましょうかということになり、近くの居酒屋に入る事にした。

たまたま個室が空いていたので向かい合わせで座った。

彼女の服装は、上は胸が開いたニットで下はミニスカートだった。

脚が長くキレイだった。

脚を組み替えるたび、黒のパンティがチラチラ見えた。

豊満な胸(Dカップか?)と脚、交互に見入る。

年齢は聞いては失礼かと思ったが聞いてみた。

彼女は恥ずかしそうに右の手のひらを出した。

「5?」

僕が聞くと、さらに左の手で人差し指。

「51歳です」

恥ずかしそうに言った。

「えー、全然見えないですよぉ〜」

「お世辞でも、嬉しいなぁ」

笑顔がとてもかわいかった。

【熟女体験談】夫のモノとはとにかく比べ物にならない位のデカチンの快感を知ってセックスが好きになった人妻

kage

2022/01/20 (Thu)

処女喪失したのは16歳の時

3歳年上の彼氏で

実は初体験の彼と結婚して

今の夫なんです

そして結婚して44歳になるまで主人以外の男性を知らなかった私が、まさか今になって不倫をするとは・・・。

人生の中で“絶対ない”と思ってたのに、いざ実際に自分がなってみると、不倫をしても何もいいことはないことはわかりますがやめられません。

何で人様のモノはあんなによく見えてしまうのでしょう・・・。

今までも誘惑はありました。

でも最後の線を踏み越えることができず、精神的な浮気ばかりでした。

そんな気持ちだけの浮気から本気の浮気に変わったきっかけはセックスレスでした。

私達夫婦のセックスレスはすでに6年目を迎えております。

夫とセックスをしていた頃は、夫がたまに体を求めて来ても、おざなりの前戯をして私の上に乗って腰を動かし、自分だけ射精して満足すると高いびきをかいて寝てしまうことがほとんどでした。

最近の女性誌などでもセックスについての記事が多いし、何より主婦同士の会話が結構キワドイのもあって、その人たちの話と比べてしまうと、正直まるで私は射精するための道具でしかないような感じがして惨めで、自分たちの夫婦生活におけるセックスというものがなんとなく無味乾燥であることを感じていました。

【熟女体験談】淫乱だとわかっていたけど、まさか夫の友人と浮気するなんて思ってもいなかった人妻

kage

2022/01/20 (Thu)

私は淫乱だとわかっていたけど

まさか夫の友人と浮気するなんて

思っていませんでした

夫の友人が泊まりにきたとき

夜になり夫が寝ると

夫の友人が夜這いしてきたんです

乳首が性感帯で凄く感じる方だから、

乳首を愛撫されて

息が荒くなっちゃって少し声が漏れたりしてた。

私が声を出すと、乳首を口に含んだままジッとしてて、なんだか焦らされてるみたいで下着は洪水状態。

かなりねちっこく責められた後、やっと解放されたので寝返りを打って仰向けになった。

半身痺れてたせいもあっての仰向けだったけど、前がはだけてたお陰でおっぱい丸出し状態。

しまったと思ったら、案の定友達が覆いかぶさってきた。

布団ごと覆いかぶさってきたので、私からはモゾモゾしている布団しか見えなかったけど。

布団の中でおっぱい揉んだり乳首舐めたり好き放題してて、私も興奮で身をよじったりしてた。

そのうち友達はトランクスを脱いだみたいで、私の太ももに押し付けてくるようになった。

【熟女体験談】サラリーマンの時に慰安旅行で女上司とイメクラプレイでセックスをしまくった

kage

2022/01/20 (Thu)

サラリーマンの時に

慰安旅行で女上司とHしたんです

僕は地元では大きい方の住宅建設会社に勤めていた

その日1泊付の忘年会に出席する為、伊豆の旅館へ

総勢25名程度 飲めや、歌えやの大騒ぎ

宴会も終り、潰れている人、寝る人、

外へヌキに行く人を除いて2次会へ10名程で旅館を出る

その中に足元フラフラで喚いている女性有り

設計担当のNさん33歳

いつもは仕事の出来る大人の女性といった感じだが、今日その面影は無い

「一昨日振られたんだってさ」

「それであんななっちゃったんスか」

隣を歩いていた先輩に聞かされる

「おーいI(僕)!もうこいつ(Nさん)ダメだ!うるせーから旅館連れて帰ってくれ!」

一番下っ端だった僕に営業課長から命令が

もちろん断れる訳も無く任務遂行(やだな〜)

「ほら、ちゃんと歩いて下さいよ〜」

「うるぅさいよ!あ、あんた・・あんたにでぇあたしぃの○△×&%#」