fc2ブログ
2021 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 01

【熟女体験談】童貞喪失した相手は一緒に掃除の仕事をしているブスな売春おばさんだった

kage

2021/12/31 (Fri)

童貞喪失した相手は、

ブスな素人熟女でした

このおばさんとの出会いは、

年末年始に都内ホテルで客室清掃の

バイトをした時

最初の契約では昼間だけのバイトだったが、

忙しく人手も足りなかったのか、

一週間経って仕事に慣れ始めた時に

夜も通しで働かないかと持ち掛けられた。

年末年始に金が無くて探したバイトだったので、

即決でOKして働いたのだが

朝9時から夜23時まで休日無しで

働くと疲れと面倒臭さから帰りたくなくなり、

一週間でホテル従業員用の仮眠室に

潜り込んで寝泊りするようになっていた。

流石に溜まって朝立ちしても

仮眠室やトイレでは抜けないので我慢していたが、

客室でベッドが血で汚れていたり

パンティが放置されているのを見て我慢できず、

そのシミ付きパンティをオカズにして

客室の風呂場でとうとうオナニーを始めてしまった

【熟女体験談】海外のブロンドの髪と高い鼻が印象的な風俗嬢にハマったエロ話

kage

2021/12/31 (Fri)

俺は今29歳で、ニュージーランドに住んで3年ほどになる。

以前こちらの風俗関係の新聞で見つけた45歳のイギリス人女性(個人営業のエスコート)と定期的に会っていた事がある。

これがなかなかの美人で、知的な雰囲気を持ち、本物のブロンドの髪と高い鼻が印象的だった。

体はスリムだが、胸とヒップは豊かに盛り上がり、女の色気を発散させていた。

訳あって数年前からこの仕事を始めたそうで、会うのはいつも彼女のフラット(アパート)だった。

お互いなぜか気が合い、何回か通っているうちに、だんだんビジネスではなく、本当の熟女と年下の愛人みたいな関係になっていった。

俺とやっている時、彼女は演技ではなく本気で感じていたようで、何度か本当にイッた事さえあった。

1番印象に残っているのは、彼女がセミロングの髪を後ろでアップにし、きっちりしたスーツを着て、キャリアウーマンのような格好をしていた時、その服を着せたままやった事だ。

まるで自分の先生か上司を犯しているような気分だった。

ある日の昼下がり、静かな部屋の中で、俺と彼女は立ったままお互いの腕を腰に回して抱き合い、唇を合わせ、舌を絡ませた。

熱い抱擁の後、彼女はジャケットを脱いでテーブルの上に置いた。

俺が彼女を部屋の壁に押し付けるように立たせ、ブラウスのボタンを外し、ブラジャーをずらして、乳首を優しく舐めてやると、彼女は俺の頭をしっかりと抱きしめて、吐息を漏らした。

立ったまま短かいスカートの中に手を入れ、パンティの上から彼女のあそこを撫でると、すでに熱く、グッショリと濡れていた。

【熟女体験談】出産経験があるバツイチな美魔女の愛人と野外プレイにハマった

kage

2021/12/31 (Fri)

愛人とのSEXを投稿します。

私の愛人は30歳のバツイチで出産経験もあります。

ルックスは子供を産んだとは思えない程良い美魔女な愛人

今はお手当てを渡して月に8~10回程、デートをしています。

アッチの方は、やはり出産経験が有るせいか締りは良いとは言えませんが、セックスには貪欲で、淫乱の部類にはいると思います。

特に中に出されると興奮するらしく、自分から産婦人科で子宮内リングを入れてもらい、毎回生でセックスしています。

さて先日、愛人と二人で某スパリゾートに行って来ました。

この時期になるとさすがに人は少ないのですが、まぁそれなりにいたような気がします。

私が彼女の水着姿になるのは初めてだったので楽しみにしておりました。

いよいよ彼女がやってきました。

派手な色ではありませんが、きわどいビキニのワンピースでした。

不覚にも彼女の水着姿を見て興奮してしまった私は、1時間程遊んだ後人気の無い場所に彼女を連れて行き、

無理矢理モノを咥えさせました。

最初はイヤがっていましたが水着の上から胸やクリトリスを刺激してやるとすんなり舐め始めました。

しばらくフェラを楽しんだ後、彼女の水着をずらしてクリや膣口を愛撫します。

【熟女体験談】生花の先生をしている着物でノーパンノーブラスタイルの母がスカートの中を覗かれていた

kage

2021/12/30 (Thu)

もう30年前のエロバナ

母が32歳の時で、私は5歳です。

まだ犯罪とか知らない歳でした。

母は普段生け花の先生をしていまして、着物を着ていました。

ですので下着はつけていませんでした。

いわゆるノーパンノーブラでした。

ある日、デパートでバーゲンセールがあり、母と私はバスに乗り、デパートに行きました。

出かける時は少し短めのスカートを穿いて出かけます。

バーゲンセール会場に行くと、安いものを買おうと必死で探しており、私は後ろの方で待っていました。

すると、中年の男の人が母の後ろで足を動かして何かをしていました。

何をしているのか見に行くと、母の足と足の間に靴の先に手鏡がついた物でスカートの中の覗いていたのです。

手鏡に写ったのは、下の方のお尻の割れ目やおまんこの毛が微かに写っていました。

母は、ノーパンで出かけていたのです。

中年の男は、ニヤリと笑いながら、一生懸命に足を動かして、母のスカートの中を覗いていたのです。

私は、その時は中年男が何でこんな事しているのか分かりませんでした。

【熟女体験談】大人しいヘルパーのデブおばさんの普段では信じられない卑猥な表情を見ながら中出しセックス

kage

2021/12/30 (Thu)

俺は介護施設で事務長をしています。

多くは中年のヘルパーとお年寄りばかりで、ときめくことはほとんどありません。

その中で50歳前のヘルパーのFさんは、身長も150ちょっと位で肥り気味のデブおばさんですが

日本人特有のお尻が大きなアンバランスな体格で、決して美人の部類ではなく、大人しいおばさんです。

俺は45歳の妻帯者です。

仕事柄話はよくしています。

そんな時、仕事が夜9時頃までかかり、終わる頃は2人だけになりました。

「今日は本当に疲れたね。すぐ帰らないといけないの?」と聞くと

Fさんは「夫が帰るのはいつも12時頃だから帰ってもしばらくはテレビを見ているだけです」と言うので、

途中でコンビニで2人分のサンドイッチとジュースを買って、

夜の河川敷きの公園までそれぞれの車に乗って行きました。

Fさんは軽四輪、俺は8人乗りにワンボックスカーです。

公園の駐車場について、Fさんは俺のワンボックスに来て後ろの座席に2人並んでサンドを食べました。

食べ終わって横を向いてFさんの胸を見ると、着ているセーターの両方の胸の乳首がぽつんと盛り上がっているのを見て、

触ってみたい衝動にかられてしまった。

【熟女体験談】テニススクールで仲良くなった家の息子と隠れて二人で会ってホテルでセックス

kage

2021/12/30 (Thu)

私は42才の専業主婦です。

子供は中学3年生の娘と小学6年生の娘がおります。

子供も手が離れる歳になり、自由な時間がふえたので1年程前から近所のテニススクールに通いだしました。

幸い、主人が会社を経営しているので家計を気にする事無く、今はセレブ生活を満喫しております。

彼と出会ったのは、半年程前でした。

テニススクールで仲良くなったB子さんの家にちょくちょくスクールの終わった後、遊びにいく事が多くなり、B子さんの息子(20才)とたまに顔を合わせるようになりました。

長身で顔も良く「もてるだろうなぁ~」なんて思ってました。

ある日、月に2回程通っている自由が丘のエステに行った時です。

エステが終わり、喫茶店でお茶をしていたら「こんにちわ~」と声をかけられ顔をあげると、彼がニコニコしてがいました。

「あら!○○クン。どうしたの?」

「僕、この近くの美容室で働いてるんですよ」彼はいかにも美容師という身なりで今は休憩時間だからと言って私の前に座りました。

間近で見る彼は本当に美形で、私はドキドキしていました。

とりとめのない会話を交わし、休憩時間が終わる頃、彼が「香さん。パスタとか好きですか?この近くに美味しいお店があるんですけど今度行きませんか」と誘ってきました。

私は時間があったらねと言い、それならと彼が連絡先を教えてほしいと云うのでメールアドレスを交換いたしました。

【熟女体験談】ネットで知り合った人妻はセックスよりもフェラチオが大好きですぐにしゃぶりたがる淫乱人妻

kage

2021/12/29 (Wed)

ネットで知り合った人妻(35歳)とは、メールでいろんな彼女の悩み事(嫁姑のこと)の聞き役で、いつもそれに対して慰めたりするのがやりとりの内容でした。

何週間かメールを続けるうちに彼女が実は浮気したことがある、という告白をしてくれて、その内容は、セックスには至ってないものの、若い学生に対してフェラチオをしてあげたという話でした。 

実は彼女はフェラチオが大好きで、セックスよりもフェラチオが好きだというのです。

こういう話を聞いてるうちに、是非会いたくなって会社の帰りに食事に誘いました。

会って見たらことの他おとなしい女性で、まさかフェラチオ・・という印象でした。

食事をしながらお酒を飲んで、少し酔っ払ってきた頃、下ネタを交えたりしながら彼女の太ももに手を置いたり、それとなくいい雰囲気に導いていったのです。

話しながら気づいたらかなりの巨乳で子供を3人育てただけのボリュームを感じました。

酔いを覚ましがてら風に当たりに公園を散歩しながら、ベンチに座って、

「もう実はこんなになってる。。」

って言いながらズボンの上から大きくなったモノを見せると彼女は、

「・・え・・しゃぶりたい・・」といったのです。

「え?ここで?」

と聞いたらさすがにそれは嫌がって、すぐ近くのホテルに駆け込みました。

【熟女体験談】柔軟なアソコを持つ35過ぎの熟女は最高!

kage

2021/12/29 (Wed)

年増っていいですね。

35過ぎの熟女って最高。何がって?アソコの柔軟性は若い子にはかなわないですね。

大きいモノをお持ちの諸氏なら分ると思うのですが、若い子だと余程の巨根好きでもない限り大きいと入らなかったり、入れるのに一苦労したり、仕舞いには痛がって途中で終わったり、入れてはみたもののキツくて巨根が赤く腫れてしまったり、半分くらいしか入らなかったりホント苦労しますよね。

いや、巨根好きの若い子でも無い物ねだりをしているだけで、実際は極太長大だと痛がって中断しますよね。

そんなこと分りきっているので、前戯だってしっかりと1時間近くして十分に濡れそぼったところでプレイをするように心がけているのですがね・・・。

それで、たまたま出会い系で会った女性が34才と言うことだったのですが、実際は40才でこの人が熟マンの持ち主で最高でした。

最初はキツイのですが、じょじょに緩んで来るんですね。

そりゃ、生まれてくる赤ちゃんよりはどんな巨根も小さいですからね。

グショグショに濡れるし、あそこは絡みつく感じだし、ロングストロークのピストンを決めても余裕シャクシャクで快感に身を委ねてるだけで・・・。

高速ピストンなんかも余裕で受け入れる熟マンは最高です。

こんなに思い切って巨根を使える事なんか滅多に無かったですよ、100人近く食ってますが。

【熟女体験談】仲良し熟女二人とハーレム同棲をしている無職が毎日のように中出しセックスを楽しんでいる

kage

2021/12/29 (Wed)

43歳の無職です。

61歳の森公美子タイプのY子、

64歳のあき竹城タイプのA子の仲良し二人と

1月から同居してハーレム状態を楽しんでます。

もともと、仕事もしていない中、

たまたま知り合ったY子の家に転がり込んで同棲してる所に

A子が転がり込んできました。

Y子もA子も還暦を過ぎているので、

激しいセックスは無しです。

あまり無理させても続きませんし。

二人とも私の事を好きでいてくれるのでありがたいのですが、

Y子とA子も仲良しなので、

どちらかが独り占めすることのないよう約束したらしく、

射精は二人が一緒にいる所でしかできないようになっています。

射精さえしなければいいので、

どちらかが出掛けても、家でどちらかと楽しんでいます。

オッパイを触ったりマンコに指を入れたりしながらイチャイチャしています。

【熟女体験談】メールナンパで捕まえた夫が単身赴任中の欲求不満なデブ人妻を10回ほどガチイキさせセックスを楽しんだ

kage

2021/12/28 (Tue)

近頃メールナンパが好調。一ヶ月メル友としてやりとりしておいてから、「会おう」というと、高確率で会える。

会えばもちろんセックス。

今回は、旦那が単身赴任中の35歳の人妻裕子。

ぽっちゃりということで心配していたが、不安は的中のデブ熟女

しかし、会った以上はハメ倒すのが礼儀だと思っているオレは、「若くみえるねえ」「まだまだイケてるよ」と、さっそく褒め殺しモードに。

まずはレストランに入って夕食を済ます。この女、二人前食いやがった。

店をでて、「これからどこへいく?」と聞いてくるので、「オレ、裕子さんに一目ぼれしちゃった」と言って、肩をだき、ディープキス。

一方的なキスだったが、嫌がる様子もなかったので、ホテルへ直行。

部屋に入っても、チンポは萎え萎え。ソファでキスの続きをしながら、服の上から撫で回す。

そうしている間に括約筋を動かし、チンポを勃たせる。

準備がととのったので、一枚ずつ服を脱がせると、思ったほどたるんでなくて、Fカップの胸も、それほど垂れてはいない。

出産経験がないからだろうか。とにかく、ラッキー。がぜん、やるきになり、ベットに移る。

胸を揉んで、乳首を刺激してやっても反応がない。