fc2ブログ
2021 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 11

【熟女体験談】カラオケで若い男と逆ナンパセックスするおばさん

kage

2021/10/31 (Sun)

43歳のおばさんです

今日はパートが久しぶりに休みになり、

主人や子どもを送り出して自宅でのんびり過ごしています。

彼にメールしようと思っていますが、

只今喧嘩中でこちらからするのも少ししゃくにさわります。

彼とは職場で出会った大学生で、彼から就活を本気でしないといけないので私たちの関係を終わらせたいと言われたので、私はしかたなく彼と別れていました。

しばらくして、職場に派遣会社から若い素敵な男性が来ましたので、私たちで歓迎会をして最後のカラオケまで一緒に楽しく過ごしました。

その後、私たちおばちゃん3人組みは、彼をカラオケ等に誘っては盛り上げっていました。

ある時、カラオケでお酒を飲みながら歌っていると二人の彼女がそれぞれの理由で急に帰ってしまったので私たち二人だけになりました。

私は、大学生の彼氏と別れたばかりでしたので寂しい時でしたので、思い切って酔ったふりをして、43才の体に鞭打ってアタックし逆ナンパしました。

彼は落ち着いた声で「職場であなたが一番素敵だ」と言ってくれたのでカラオケの部屋の中で歌うことを忘れてキスばかりしていました。

それから、一週間して私たちは結ばれました。

彼は、大学生の彼と違って、射精が終わっても私をずーと抱きしめてくれて優しいキスを重ねてくれて深い愛情を体中で感じることができます。

前の彼は、セックスが終わるとバタバタと衣服を着て、私に彼のアパートから早く帰ってと言わんばかりの態度でしたのでタイプが全く違います。

【熟女体験談】都市伝説のような病院内でエッチなことしてくれる看護婦は実際に存在し、エッチなことをさせてもらった体験談

kage

2021/10/31 (Sun)

地元で、たまーに噂に出る病院内でエッチなことしてくれる看護婦の話。

嘘か本当かもわからない、都市伝説のようなものだと思ってた。

そんな話があったのかも忘れていた時、ちょっとした事故で骨折して噂の病院に入院することになった。

自分は忘れていたので、たぶん普通の入院生活だったが。

どこで聞いたのか、昔の悪友がお見舞いに来て

「どうだった?やっぱいるのか?」と耳元で囁いた。

なんだよ気持ち悪いなと思ったが、

「忘れたのかよ、こっそり抜いてくれる看護婦の話。ここだろ」とまた耳打ち。

「あー、そんな話あったな」

確か、中学の頃から話してる10年以上前からある話だ。

本当にいたとしても、相当な熟女だろう。

冷静に考えたら本当にどうでもよくなってきたが、入院生活が長くなり、リハビリも始まる頃には夜な夜な悶々としてきてしまうが、丁度利き腕が使えない状態では、こっそりオナニーもできない。

別の見舞い客が置いていったエロ本も手伝って、欲求不満はピーク。

頭が冴えて眠れず、タバコでも吸おうと思いながら、なんとなく深夜の病院内を歩いていたら、薄っすらとドアが開いた個室から光が漏れ、変な音がしていた。

時間は2時だったか3時だったか忘れたが、出そうな時間だった。

【熟女体験談】マッサージ器の訪問販売でバイブを挿入され、犯された主婦

kage

2021/10/31 (Sun)

出産後に肩こりと腰痛がひどく通販でマッサージ機を買いました。

その後に健康器具の訪問販売員が何人も来るようになったのです。

通販の利用者名簿が売られていたようです。

販売員の一人が女性だったのでつい安心して健康相談にのってもらい、モニターという甘い言葉に1週間試用する事に。

1週間後に来たのは女性ではなく男性でした。

優しい物言いについ家に入れてしまったのです。

その販売員は私の肩や腰の様子を確認するように触ってきました。

別にいやらしくなかったので変な事も考えず触られるままにしていると

『腰のツボに弱く低周波をするとすごく楽になりますよ。

5分で楽になりますから』

という言葉を真に受けて、うつ伏せになると、お尻の脇を押され

『ここがつぼですよ、ここにかけますからちょっとだけ下着さげますね』

とスカートを捲くられ、パンティを太ももまで下げられました。

『なんか嫌だなぁ』と思いつつも断れずじっとしていました。

お尻と腰の両脇にぺたぺたとテープを貼られ、弱い電気が流れると確かに気持ち良い感じです。

【熟女体験談】同僚の人妻マドンナと仲良くなって不倫セックスをしたバツイチ

kage

2021/10/31 (Sun)

ひょんなことから職場の同僚の女性とメール交換が始まった。

三十路にしてバツイチになってしまった俺は、女性不信に陥っていてやけっぱちな状態で、このメール交換が後々まで続く関係になるとは思ってなかった。

彼女は既婚で子梨の人妻熟女。

数年前から知ってはいたが、職場のマドンナみたいな女性で正直俺なんかには目もくれないだろうって思っていた。

趣味の話や他愛もない話から、だんだんお互いの身の上話になり、勿論自分の離婚の話とかもした。

以前は正直性格がきついのではないかと変に誤解していたが、なかなかとうして素敵な女性だなと思い始めた。

メール交換してるうちにお互いに好意を持ってるということは伝え合った。

でもなかなかそこから進展しなかった。

数ヶ月そういう状態が続いたが、向こうからデートしたいと言ってきた。

さすがに相手は人妻だし どうしようかと思案したが、離婚してしばらく女から遠ざかってた俺に断る理由なんかなかった。

暗くなるのを待って、会社から離れた場所で車で拾い、そこからドライブ。

楽しい時間だった。

食事 をするのも忘れて、缶コーヒーだけで楽しく話した。

何となく体を寄せ合い、初キス。

キスしてしまうともう止まらない。