fc2ブログ
2021 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 11

【熟女体験談】部室で顧問の女教師と二人っきりになり、パイズリ射精をさせてもらったエッチな体験談

kage

2021/10/20 (Wed)

僕は中◯の時卓球部に所属していました。

そこには、35歳以上なのにおそらくFカップあるんじゃないかってくらいの顧問がいて、僕は当時バカだったのでいつも

「先生!おっぱい触らせて」

とか言ってました。

先生は

「もう!」

と言いながらも照れていました。

しかし、そんなある日の部室で先生と二人っきりになった時、

先生「僕くん、先生のおっぱい触る?」

と突然言ってきました。

僕「え?触りたいけど?」

と言うと、

先生「ブラの上からならいいよ」

と言ったので僕は真っ先に先生に飛びかかり、先生のTシャツを捲りあげると、先生のブラは黒でそれを見るだけで僕はち〇こが立ってしまいました。

そしてブラの上から揉むと先生の胸は年の割には弾力があり、すごい柔らかくて揉む度にち〇こが立ちまくりました。

先生「・・・んぁっ♡」

とたまに感じる声を出していました。

【熟女体験談】関係を持ったエロ熟女によってこの世で一番エロい生き物は熟女だと確信した

kage

2021/10/20 (Wed)

この世で一番エロい生き物は

熟女、中年おばさんだと思うんです

最近から熟女フェチだった訳ではありません

そう4年前に別れる前に1年半ほど

関係を持ったエロ熟女が居ました。

彼女はKといいます。

Kとは職場で知り合いました。

何でも結婚していたのですが、旦那からは

「子供が20歳になったら離婚して、お互いにその後の人生を好きなように楽しもう。」

と冗談みたいに言われていたそうですが、40歳も過ぎて43か44の時に子供が20歳になったら

ホントに離婚届を突きつけられ、仕事と住処が見つかるまでが同居期限と宣言されたそうです。

しかも猶予は1年。

とにかく旦那は頑として撤回せず、仕方なく仕事を探し家を出て行く決心をしたそうです。

職場に入ってきた時のKはオバサンだけど、物凄いセクシーでした。

私はその頃32〜33くらいで、結婚して数年が経ち子供もまだ小さく育児疲れの妻に夜の夫婦生活は

拒否されている最中でした。

【熟女体験談】泥酔・雑魚寝しているおばさんに夜這いをかけて中出し射精

kage

2021/10/20 (Wed)

一月ほど前、母さんが家に友達呼んで飲みまくってた。

親父が出張だからかなりはめをはずしてる。

みんな五十路の年増オバサン連中

その中に俺の気になるひとがいた。

五月みどり似の栄美子さん。

深夜一時をまわった頃、トイレに行くふりをして、リビングを覗いてみると

みんな雑魚ね状態。

栄美子さんも壁際にいた。

俺は他の人を踏まないように近付き

軽く揺すってみたが、全く反応が無い。

俺はこんなチャンス二度とないと思って、スカートをまくり

薄いピンク色のパンツをゆっくり脱がした。

股の間に体をいれ、ちんぽとまんちょに唾をたっぷりぬってゆっくり入れた。

濡れ方がたりず、なかなか入らなかったが、すこしずつ出したり引いたりしてると

みるみる動きがよくなった。

俺はもうとまらなかった。

というより腰が勝手に動いて、止められなかった。